「コメビジネス・米飯市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2020年版 コメビジネス・米飯市場の実態と将来展望

価格:130,000円(税別)
「2020年版 コメビジネス・米飯市場の実態と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全281ページ
掲載内容
OPEN ▼

第1章 米飯市場の全体動向(総論)

1.米飯の総市場規模推移(2014~2018年度)
2.米飯の商品別市場構成比(2018年度)
3.米飯の末端チャネル別市場構成比(2018年度)
4.米飯の地域別市場構成比(2018年度)
5.米飯市場のウェイト変化の予測
6.米飯の総市場規模予測(2019~2023年度)

第2章 注目業界動向 ~シルバー層における高単価購入者の購買実態~

1.回答者属性
  (1)回答状況
  (2)回答者の男女比
  (3)クロス集計(1回の購入金額が1,700円以上の回答者)
2.惣菜(中食)の購入・利用実態
  (1)惣菜・中食の主な利用目的
  (2)惣菜購入先の主な選択理由
  (3)惣菜・中食の情報源
  (4)惣菜・中食商品についての要望・不満点
  (5)コンビニの「手巻きおにぎり日高昆布」の価格感度(受容価格帯)
    ①高いと感じ始める価格
    ②安いと感じ始める価格
    ③高すぎて買わないと感じ始める価格
    ④安すぎて品質に問題があるのではないかと感じ始める価格
  (6)今後、惣菜・中食の購入時に重視する内容
  (7)今後、惣菜・中食を購入する際に魅力的と感じるサービス

第3章 コメビジネスの現状分析と展望

1.コメビジネスの市場背景と概況
  (1)コメビジネスの市場背景
  (2)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出及び現地生産を含む)ビジネスの概況
  (3)機能米の開発・加工関連ビジネスの概況
2.コメビジネス市場の現状と市場規模予測
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出及び現地生産)ビジネス市場の現状
  (2)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出及び現地生産)ビジネス市場の展望と市場規模予測
  (3)機能米の開発・加工関連ビジネス市場の現状
  (4)機能米の開発・加工関連ビジネス市場の展望と市場規模予測
3.コメビジネスの参入動向
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出・現地生産)
  (2)機能米の開発・加工関連
4.商品概要
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出・現地生産)
  (2)機能米の開発・加工関連
5.需要・販売動向
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出・現地生産)
  (2)機能米の開発・加工関連
6.課題・市場拡大に向けた取組み
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出・現地生産)
  (2)機能米の開発・加工関連

第4章 米飯市場の現状分析と展望

1.日配米飯
  (1)弁当
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (2)おにぎり
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (3)持ち帰り弁当
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (4)持ち帰り寿司
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (5)持ち帰り丼
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (6)給食弁当
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
2.加工米飯
  (1)冷凍米飯
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (2)レトルト米飯
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (3)無菌包装米飯
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
3.末端チャネル別動向
  (1)コンビニエンスストア
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
  (2)小売・量販店
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
  (3)百貨店
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
  (4)ドラッグストア
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
  (5)専門店
    ①総菜専門店
    ②持ち帰り弁当
    ③持ち帰り寿司店
    ④持ち帰り丼店

第5章 有力関連企業の戦略分析

1.日配米飯メーカーの企業戦略
  (1)事業展開動向
  (2)全国・地域展開動向
  (3)新商品開発動向
  (4)生産動向
  (5)物流体制
  (6)販売ルート・チャネル
  (7)事業展開上の課題点・事業戦略
2.加工米飯メーカーの企業戦略
  (1)事業展開動向
  (2)全国・地域展開動向
  (3)新商品開発動向
  (4)生産動向
  (5)物流体制
  (6)販売ルート・チャネル
  (7)事業展開上の課題点・事業戦略

第6章 米飯関連統計データ

1.加工米飯の生産量推移(2009~2018年)
2.すし・弁当・おにぎりの全国出荷金額、事業所推移(2010~2017年)
3.すし・弁当・おにぎりの都道府県別出荷金額ランキング(2017年:上位ベスト10)
4.食料品の消費支出に占める「米飯類」「惣菜・中食」のウェイト推移(2008~2018年)
5.1世帯あたりの「米飯類」「惣菜・中食」の年間支出額推移(2008~2018年)
6.1世帯あたりの年間消費支出伸び率(2006~2018年:2006年比)
7.1世帯あたりの米飯類の年間支出額
  (1)1世帯あたりの米飯類の年間支出額の内訳(2018年)
  (2)米飯類の地区別年間支出額(2018年)

第7章 注目企業の個別実態(20社)

1.加工米飯メーカー
  佐藤食品工業
  テーブルマーク
  東洋水産
2.日配米飯メーカー
  アークランドホールディングス
  岩田食品
  オリジン東秀
  Genky DrugStores
  シノブフーズ
  玉子屋
  デリカスイト
  プレナス
  マルハニチロ
  吉野家ホールディングス
  わらべや日洋ホールディングス
3.コメビジネス関連企業
  アイリスオーヤマ
  ファンケル
  幸南食糧
  神明ホールディングス
  発芽玄米
  木徳神糧

ショートレポート
「2020年版 コメビジネス・米飯市場の実態と将来展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2020年版 コメビジネス・米飯市場の実態と将来展望(2020年発刊、税別130,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 日配米飯の商品別市場構成
 加工米飯の商品別市場構成

3.注目トピック
  パックご飯(無菌包装米飯)が防災用備蓄食・業務用需要を開拓 ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出及び現地生産)ビジネスの市場規模推移 ※1
  •  ※データ掲載年:2014~18年度、2023年度(予測)
  • 米飯市場の市場規模推移 ※1
  •  ※データ掲載年:2014~18年度、2023年度(予測)
  • 日配米飯の商品別市場構成比(小売金額ベース)
  •  ※データ掲載年:2018年度
  • 加工米飯の商品別市場構成比(メーカー出荷金額ベース)
  •  ※データ掲載年:2018年度

※本レポートは、2020年発刊の「2020年版 コメビジネス・米飯市場の実態と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です