「IoT/M2M市場に関する調査を実施(2020年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2020 IoT/M2Mマーケット ~「遠隔/リモート」をキーワードに、withコロナ時代におけるDXを牽引するIoT~

価格(税込):198,000円(本体価格 180,000円)
「2020 IoT/M2Mマーケット ~「遠隔/リモート」をキーワードに、withコロナ時代におけるDXを牽引するIoT~」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全278ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

1.市場動向
 (1)IoT/M2Mマーケットの分類
  (図表1) M2M/ IoTの差異点
  (図表2) 市場分析での基準
 (2)レイヤー別の主要プレイヤー
  (図表3) レイヤー別の主なプレイヤー
2.市場規模予測
 (1)M2M市場規模予測(国内M2M売上ベース)
  (図表4) 国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2016~2024年度予測)
 (2)IoT市場規模推移(IoT売上ベース)
  (図表5) 国内IoT市場規模推移(IoT売上ベース:2017~2024年度予測)
3.カテゴリー別の動向
 (1)カテゴリー別のM2M市場動向(2016~2024年度予測)
  (図表6) カテゴリー別の M2M市場規模推移(国内累計回線数)
 (2)M2M市場でのカテゴリー別の動向
  (図表7)M2M市場でのカテゴリー別の動向

第Ⅰ章 総論編

Ⅰ.IoT/M2Mマーケット概況
1.マーケット概況
 (1)IoTとM2M
  (図表8) M2M/ IoTの差異点
  (図表9)市場分析での基準
 (2)レイヤー別の主要プレイヤー
  (図表10)レイヤー別の主なプレイヤー
 (3)IoTと5G(5G型IoTの可能性)
  ①自動車
  ②物流/倉庫
  ③建設
  ④製造
  ⑤医療(遠隔医療/医療機器)
  ⑥教育/学校
  ⑦社会インフラ
  ⑧防犯・セキュリティ
  ⑨スマートシティ
 (4)IoTネットワークの考察
  ①ローカル5G
  (図表11) ローカル5Gの分野別の適用見通し
  ②LPWA
  (図表12) 分類別のLPWAタイプ
  ③WiFi HaLow(IEEE.802.11ax)
  (図表13) WiFi HaLow(IEEE.802.11ah)の概要
  ④Wi-SUN
  (図表14) 電力会社のスマートメータ導入計画
  ⑤MBS(Metropolitan Beacon System)
2.M2M市場規模
 (1)国内M2M市場規模推移(M2M売上げベース)
  (図表15) 国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2016~2024年度予測)
 (2)国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
  (図表16) 国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2016~2024年度予測)
 (3)世界M2M市場規模推移(M2M売上ベース)
  (図表17) 世界M2M市場規模推移(M2M関連売上ベース2016~2024年度予測)
 (4)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
  (図表18) 世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2016年~2024年度予測)
3.M2M市場の内訳
 (1)国内M2M市場の内訳(2019年度)
  (図表19) 国内M2M市場の内訳(2019年度)
 (2)世界M2M市場の内訳(2019年度)
  (図表20) 海外のM2M/ IoT関連プラットフォーム事業者
  (図表21) 世界M2M市場の内訳(2019年度)
4.分野別の国内M2M市場動向及び市場規模推移(2017~2024年度)
 (1)自動車関連
 (2)エネルギー関連
 (3)社会インフラ関連
  <道路>
  <河川>
  <ダム>
  <水関連(上下水道、浄水場など)>
  <防災関連>
  <インフラマネジメント>
 (4)設備・危機監視/工場関連
 (5)物流関連
 (6)流通関連
 (7)健康・ヘルスケア
 (8)介護
 (9)見守り
  (図表22) カテゴリー別のM2M市場規模推移(国内累計回線数)
  (図表23) カテゴリー別の構成比推移(%)
5.IoT市場動向
 (1)IoT市場規模推移
  (図表24)国内 IoT市場規模推移(IoT売上ベース:2017~2024年度予測)
  (図表25) 国内 IoT市場の内訳(2019年度)
 (2)5G型IoTの市場動向
  (図表26) 5G型IoT市場規模推移予測(2020~2025年度予測)
 (3)期待される5G型IoTソリューション
  (図表27) 今後期待される5G型IoTソリューション
 (4)5G型IoTの実装に向けての考察
6.注目動向 ~IoTとローカル5G~
 (1)ローカル5Gの可能性
  (図表28) 従来型IoTからローカル5G型IoTへの流れ
 (2)ローカル5G市場規模推移(2020~2025年度予測)
  (図表29) ローカル5G市場規模推移(2020~2025年度予測)
 (3)分野別のローカル5G市場規模予測(2020~2025年度予測)
  (図表30) 分野別のローカル5G市場規模推移(2020~2025年度予測)

Ⅱ.IoTビジネスの現況評価と展望
1.IoTビジネスの現況評価と展望
 (1)IoTの現況評価
  (図表31) 見える化によるメリット
  (図表32) IoT&データ活用により実現する社会イメージ
 (2)IoTビジネスの中期展望
  (図表33) IoTビジネスに影響する社会&技術動向
  (図表34) IoTが生み出す価値イメージ
 (3)IoTの利活用状況と普及イメージ
  (図表35) IoT関連技術/分野別のIoT普及イメージ
2.IoT関連での注目動向
 (1)社会インフラITソリューション
  (図表36) 社会インフラ向けITソリューション需要の背景要因
  ①社会インフラ向けITソリューション活用に関する考察
  (図表37) 社会インフラ向けITソリューションの活用効果
  (図表38) 社会インフラ向けITソリューションで生み出す価値
  ②社会インフラ向けITソリューション市場規模の推定
  (図表39) 社会インフラIT市場におけるITソリューション比率予測
  ③社会インフラIT市場規模(参考情報)
  (図表40) 社会インフラIT市場規模推移(2016年~2024年度予測)
 (2)デジタルトランスフォーメーション(DX)
  ①デジタルトランスフォーメーション(DX)の現状
  ②DXの展望と課題
  <展望>
  <課題>
  ③分野別のDXへの取り組み状況
  <製造業>
  <サービス業>
  <流通業>
  <金融業>
 (3)デジタルマーケティング(DMP/MA/CRM/SFA)
  ①市場概要
  ②デジタルマーケティングツールの中におけるDMP/MA/CRM
  (図表41) DMP/MA/CRMの位置づけ
  ③DMP市場概要
  ④MA市場概要
  ⑤CRM/SFA市場概況
  ⑥有力ベンダー動向
  (図表42) 有力ベンダー一覧
  ⑦デジタルマーケティングビジネスの展望
  <DMP市場>
  <MA市場>
  <CRM市場>
  ⑧デジタルマーケティングビジネスでの課題
  <DMP市場>
  <MA市場>
  <CRM市場>
 (4)フィールドワーク支援ソリューション(現場作業支援サービス)
  ①フィールドワーク支援ソリューションとは
  (図表43) フィールドワーク支援ソリューションでの要素技術/ターゲット
  ②提供するソリューションイメージ
  <入力作業のデジタル化>
  <作業手順の提示/マニュアル>
  <遠隔作業支援/遠隔サポート>
  <安心・安全サポート>
  <遠隔健康管理/ヘルスケアモニタリング>
  <ドライバーの健康管理>
  <位置情報を元にした作業効率化>
  <ビジュアルツールを使った業務効率化>
  <ロボットによる作業支援(協働ロボットなど)>
  <コミュニケーションロボット/業務用サービスロボット>
  <ドローンソリューション>
  <研修/トレーニング>
  ③分野別動向
  (図表44) フィールドワーク支援ソリューションの分野別動向
  ④活用するデバイス/ツール
  <タブレット>
  <スマートウォッチ>
  <スマートバンド>
  <HMD/スマートグラス>
  <ストレッチャブルデバイス(衣料型)>
  <産業用ドローン>
  <通信モジュール>
  ⑤デバイス/ツール別の期待度
  (図表45)ターゲット分野別のデバイス/ツール別の期待度
  ⑥フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
  (図表46) フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
3.主要ベンダーのIoT/M2Mビジネス動向
 (1)IoT/M2M事業の位置づけ
  (図表47) IoT/M2M事業の位置づけ
 (2)IoT/M2Mビジネスの展開状況
  (図表48) IoT/M2Mビジネスの展開状況
 (3)IoT/M2Mビジネスでのターゲット
  (図表49) IoT/M2Mビジネスでのターゲット
 (4)IoT/M2Mビジネスでの事業目標
  (図表50) IoT/M2Mビジネスでの事業目標
 (5)海外事業者動向
  (図表51) 主要海外事業者のビジネス動向
4.分野別のM2M /IoT活用事例
 (1)流通/サービス/イベント
  (図表52) 流通/サービス/イベント関連でのM2M /IoT活用事例
 (2)社会インフラ
  (図表53) 社会インフラ関連でのM2M /IoT活用事例
 (3)運輸/物流・倉庫
  (図表54) 運輸/物流・倉庫関連でのM2M /IoT活用事例
 (4)製造
  (図表55) 製造関連でのM2M /IoT活用事例
 (5)建設・不動産・建物
  (図表56) 建設・不動産・建物関連でのM2M /IoT活用事例
 (6)見守り・セキュリティ/安全・安心/防犯
  (図表57) 見守り・セキュリティ/安全・安心/防犯関連でのM2M /IoT活用事例
 (7)農業・畜産
  (図表58) 農業・畜産関連でのM2M /IoT活用事例
 (8)ヘルスケア/医療
  (図表59) ヘルスケア/医療分野でのM2M /IoT活用事例

第Ⅱ章 各論編

~カテゴリー別の動向~
1.エネルギー関連
 (1)市場規模推移(国内累計M2M回線数ベース)
  (図表60) エネルギー関連でのM2M市場規模推移(2016年~2024年度予測)
 (2)市場動向
 (3)今後の見通し、課題
2.流通/運輸・物流関連
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
  (図表61)運輸/物流関連でのM2M市場規模推移(2016年~2024年度予測)
 (2)市場動向
  ・倉庫/物流とIoT
  ・物流でのIoT活用
  ・倉庫でのIoT活用
 (3)今後の見通し、課題
  ・自動発注におけるIoT活用(データを背景とした自動発注)
  ・店舗でのIoT活用
3.設備・機器監視
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
  (図表62) 設備・機器監視分野でのM2M市場規模推移(2016年~2024年度予測)
 (2)市場動向
  ・品質管理でのIT活用
 (3)今後の見通し、課題
4.自動車関連
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
  (図表63) 自動車関連でのM2M市場規模推移(2016~2024年度予測)
 (2)市場動向
  ・コネクテッドカー動向(車両側にセルラー通信モジュールを装備した自動車)
  ・配車管理(自動配車管理システム)
  ・車両運行管理システム
  ・道路情報管理システム
 (3)今後の見通し、課題
  ・自動車関連で見込まれるM2M /IoTアプリケーション
  (図表64) 自動車関連でのM2M/IoTアプリケーション
5.その他分野
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
  (図表65)その他分野でのM2M市場規模推移(2016~2024年度予測)
 (2)分野別の動向
  ①ヘルスケア・健康管理
  (図表66) 厳しい作業環境のある現場
  ・ウェアラブル機器を活用したヘルスケアモニタリング(IoTモニタリング)
  ②農業・畜産・水産
  ・農業におけるIoT/M2M活用
  ・畜産におけるIoT/M2M活用
  ・漁業でのIoT/M2M活用
  ・陸上養殖
  ・植物工場でのIoT/M2M活用
  ・「ドローン×IoT/M2M」の可能性
  ③インフラ監視(維持管理用途)
  ・交通インフラ(道路、鉄道)
  ・防災関連でのIoT
  ・ドローンやロボット等による情報収集/危険個所監視
  ・デジタル社会でのインフラマネジメント
  ④見守り・セキュリティ
  ・高齢者向け見守り
  ・見守りサービスでのIoT活用
  ・産業向けセキュリティ・防犯
  ⑤オフィス機器(MFP・複写機など)
  ⑥プロパティマネジメント/建物ヘルスモニタリング
  ⑦ペット関連
  ⑧環境計測
  ・防災

第Ⅲ章 企業個票編

<国内企業>
(株)インターネットイニシアティブ
(株)NTTドコモ
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)
沖電気工業(株)
京セラコミュニケーションシステム(株)
(株)ソラコム
東芝デジタルソリューションズ(株)
日本システムウエア(株)
日本電気(株)
日本ユニシス(株)/ユニアデックス(株)
パナソニック ソリューションテクノロジー(株)
(株)日立製作所
富士通(株)
三井物産エレクトロニクス(株)

<海外企業>
Cisco(米国)
Digi International(米国)
Ericsson(スウェーデン)
IBM(米国)
Microsoft Corporation(米国)
PTC(Parametric Technology Corporation:米国)
Telefonica,S.A.(スペイン)
Telenorグループ(ノルウェー)

ショートレポート
「2020 IoT/M2Mマーケット ~「遠隔/リモート」をキーワードに、withコロナ時代におけるDXを牽引するIoT~」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「2020 IoT/M2Mマーケット ~「遠隔/リモート」をキーワードに、withコロナ時代におけるDXを牽引するIoT~(2020年発刊、税込198,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 エネルギー関連
 流通/運輸・物流関連
 自動車関連

3.注目トピック
  IoT市場動向~ローカル5GのIoTソリューションへの活用 ※1
  Wi-Fi HaLow (IEEE.802.11ax)の動向
  MBS(Metropolitan Beacon System)の動向


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 国内M2M市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2016~2019年度実績、2020年度見込、2021~2024年度予測
  • 国内IoT市場規模推移・予測
  •  ※データ掲載年:2017~2019年度実績、2020年度見込、2021~2024年度予測

※本レポートは、2020年発刊の「2020 IoT/M2Mマーケット ~「遠隔/リモート」をキーワードに、withコロナ時代におけるDXを牽引するIoT~」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です