「国内スマートシティ市場、スマートシティにおけるエネルギーマネジメントに関する調査を実施(2020年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
<スマートシティ> 2020年版 スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの現状と将来展望

価格(税込):165,000円(本体価格 150,000円)
「<スマートシティ> 2020年版 スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの現状と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全224ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章:スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの現状

1.エネルギー分野におけるスマートシティ
2.省庁の「スマートシティ」への取り組み
 (1)各省庁のスマートシティ
 (2)省庁を横断する「スマートシティ」
3.都市部・中山間地域における「スマートシティ」
 (1)大都市圏の「スマートシティ」への取り組み
 (2)郊外・地方都市・中山間地域における「スマートシティ」への取り組み
  [表]エネルギー分野に取り組む全国のスマートシティプロジェクト(一部)
4.離島
 (1)「スマートアイランド」への取り組み
  [表]令和2年度スマートアイランド推進実証調査 実施地域
 (2)「スマートアイランド」の可能性
5.スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの市場
 (1)スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの市場とは
 (2)スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの市場規模
  [グラフ・表]スマートシティにおける
   エネルギーマネジメント関連設備・システムの市場規模推移
   (2018年度~2021年度予測)
  [グラフ]スマートシティにおける
   エネルギーマネジメント関連設備・システムの市場規模構成比
   (2019年度)

第2章:スマートシティにおけるエネルギーマネジメント事業

1.スマートシティにおけるエネルギーマネジメント事業
2.CEMS・TEMS
 (1)CEMS・TEMSの概要
 (2)個別EMS(HEMS・BEMS・FEMS)との連携
3.エネルギー供給ネットワーク(自営線、熱導管、水素供給)
 (1)自営線
 (2)熱導管
 (3)水素供給パイプライン
  [表]水素パイプラインの利用が盛り込まれている主な取り組み
4.スマートシティにおけるエネルギーマネジメント事業の展望
 (1)CEMS・TEMS
 (2)自営線
 (3)熱導管
 (4)水素供給パイプライン

第3章:スマートシティにおける創エネの動向

1.再生可能エネルギー
 (1)概要
 (2)スマートシティにおける再生可能エネルギーを活用する試み
 (3)太陽光発電
 (4)バイオマス発電
 (5)風力発電
2.熱供給
 (1)概要
  [表]代表的な熱
 (2)展望
3.水素
 (1)概要
 (2)展望

第4章:スマートシティのエネルギーマネジメント関連技術

1.次世代自動車(EV、FCVなどxEV)
 (1)概要
 (2)インフラ整備(充電ステーション、水素ステーション)
  [表]再生可能エネルギーを活用した充電ステーション・水素ステーション
 (3)V2X
  [表]エネルギーリソースとしてのV2Xの特性
 (4)xEVの活用に向けた展望
  [表]寒冷地におけるEV導入・運用時の課題
  [表]V2Bの主な課題
2.VPP
 (1)概要
 (2)VPPを活用した取り組みの動向
  [表]各自治体の蓄電池を活用したVPP実証
  [表]ブロックチェーン技術を活用したVPP実証
  [表]様々な事業者と自治体のVPP実証例
 (3)VPPを活用した取り組みの展望

第5章:主要プロジェクトの概要と取り組み

1.Fujisawa SST(神奈川県藤沢市)
2.横浜市
3.千葉市
4.神戸市
5.石狩市
6.裾野市
7.会津若松市
8.仙北市
9.荒尾市
10.武蔵野市
11.浜松市
 11-1.エネルギー・スマートシティ浜松
 11-2.デジタル・スマートシティ浜松
12.五島市
13.宮古島市
14.北海道ガススマートエネルギーネットワーク
15.川西地区(三次市)
16.清原工業団地(宇都宮市)
17.隠岐ハイブリッドプロジェクト(隠岐諸島)
18.グリーン発電会津河東発電所
19.鈴与商事株式会社
20.睦沢町
21.東松島市
22.竹中脱炭素モデルタウン
23.相馬市
24.HARUMI FLAG

第6章:スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの将来展望

1.将来展望
 (1)スマートシティにおいてエネルギーマネジメントを行う意義
 (2)スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの特徴
  [表]スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの特徴
2.スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの市場規模の将来予測
 (1)市場規模予測(2020年度~2025年度、2030年度)
  [グラフ・表]スマートシティにおける
   エネルギーマネジメント関連設備・システムの市場規模予測
   (2020年度~2025年度、2030年度)
 (2)市場規模の構成比(2025年度・2030年度)
  [グラフ]スマートシティにおける
   エネルギーマネジメント関連設備・システムの市場規模構成比
   (2025年度予測)
  [グラフ]スマートシティにおける
   エネルギーマネジメント関連設備・システムの市場規模構成比
   (2030年度予測)

第7章:YRIスマートシティPJに向けた考察

1.弊社公表資料「スマートシティ・プロジェクトの概要」の内容に関する考察
 (1)矢野経済研究所のスマートシティへの取り組み
  [表]エネルギー分野におけるスマートシティ像予測
 (2)2025年のスマートシティにおけるエネルギーマネジメント
 (3)2030年のスマートシティにおけるエネルギーマネジメント

ショートレポート
「<スマートシティ> 2020年版 スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの現状と将来展望」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「<スマートシティ> 2020年版 スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの現状と将来展望(2020年発刊、税込165,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 大都市圏
 郊外・地方都市・中山間地域
 離島(スマートアイランド)

3.注目トピック
  スマートシティにおけるエネルギーの地産地消 ※1
  スマートシティにおける再生可能エネルギーの活用
  スマートシティにおける熱供給
  スマートシティにおける水素活用


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 地域エネルギーマネジメント用設備・システムの市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2019年度実績、2020年度見込、2021~2022年度予測、2025年度予測

※本レポートは、2020年発刊の「<スマートシティ> 2020年版 スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの現状と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です