「車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2021年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2020-2021年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望

価格(税込):198,000円(本体価格 180,000円)
「2020-2021年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全376ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 車載用リチウムイオン電池市場の展望

高まる電動化比率、拡大する電池生産キャパ
切り取り方で異なる2020年xEV市場の着地点
改めて問われる、サスティナブルな電動車・電池ビジネスの在り方
地球環境が問いかける、我々の「資産」のこの先への繋ぎ方

第2章 xEV市場の現状と将来展望

1. 地域別xEV関連政策動向
  各国で電動化政策加速の動き
  (表)各国の自動車燃費規制
  (表)各国のICE販売禁止の発表・宣言状況
 1-1.欧州
  ①環境規制動向
  (表)欧州グリーンディール(European Green Deal)における7つの政策分野
  (図)EUの代替燃料車と公共充電設備
  (表)EV向け・産業用電池の製品設計における義務化条項
  ②排ガス規制/燃費規制動向
  (表)乗用車における欧州の排出ガス規制の概要(標準試験モード適用時)
  (表)欧州の燃費規制の概要
  ③次世代車に対する優遇政策
  (表)欧州主要国別xEV普及政策概要
 1-2.中国
  ①排ガス規制/燃費規制・NEV規制動向
  (表)ガソリン・ディーゼル車における中国の排出ガス規制の概要
  (表)中国の燃費規制の概要
  (表)中国の乗用車に対する第4段階燃費規制及び企業平均燃費目標値(L/100km)
  (表)中国のNEV制度の概要
  ②次世代車に対する優遇政策
  (表)乗用車の純電動航続距離に対する中央政府の補助金支給額(1台当たり)
 1-3. 日本
  ①排ガス規制/燃費規制動向
  (表)日本の排出ガス規制値(JC08モードとWLTPモードの比較)
  (表)排出ガス規制に基づく車種・運行規制
  (表)日本の燃費規制の概要
  ②次世代車に対する優遇政策
  (表)エコカー減税 (自動車重量税・自動車取得税)、グリーン化特例(自動車税)の概要
  (図)クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(予算額180億円)
 1-4. 米国
  ①排ガス規制/燃費規制動向
  (表)ガソリン・ディーゼル車における米国の排出ガス規制の概要
  (表)標準試験モード(FTP)/非標準モード(STFP)の概要の概要
  (表)米国のCO2排出基準及び同基準に相当する燃費基準
  (表)米国 燃費規制 2025年目標達成に向けた具体的処置
  ②ZEV規制動向:カリフォルニア州
  (表)2018年開始のZEV定義と規制対象の自動車メーカー一覧
  (表)LVMおよびIVMに要求されるZEVクレジット
  ③次世代車に対する優遇政策
  (表)米国におけるxEV優遇政策
 1-5. その他地域(インド、ブラジル、その他ASEAN 諸国)
  ①排ガス規制/燃費規制動向
  (表)インド 自動車排ガス・燃費規制概要
  (表)ブラジル 排ガス規制概要
  ②次世代車に対する優遇政策
  (表)インド FAME-India PHASE2の概要
  (表)ブラジルのxEV優遇政策
  (表)ASEAN諸国の排ガス規制/燃費規制の状況、xEV普及政策(2020年7月調査時)
 1-6. 各国の充電インフラ動向
  (表)エリア別(日本/欧州/米国/中国)公共充電インフラ整備状況比較
  (表)日本 充電インフラ設置数と充電インフラ整備関連政策
  (表)欧州主要国別 充電インフラ設置数と充電インフラ整備関連政策
  (表)米国の充電インフラ設置数と
   充電インフラ整備関連政策・民間事業者の取り組み事例
  (表)中国 充電インフラ設置数と充電インフラ整備関連政策
 1-7. 充電規格動向
  (表)充電規格一覧
2. 地域別xEV関連LiB研究・開発、政策動向
 2-1. 欧州
  欧州グリーンディールの鍵となる持続可能な電池産業の育成にフォーカス
  (表)Horizon2020における主要車載用電池関連研究・革新プロジェクト
  (表)欧州における次世代電池サプライチェーン構築に向けた
  国家補助の対象研究開発分野、並びに参画企業一覧
  (図)Battery 2030+の全体的なアプローチテーマ
  (表)BATTERY 2030+における短期・中期・長期の研究分野
 2-2. 中国
  LiB技術強国に向けた開発プロジェクトを推進
  (表)国家重点研究開発計画における車載用二次電池関連研究開発プログラム一覧
  (表)中国における車載用LiB研究開発ロードマップ
  (表)中国 新エネルギー車産業発展計画(2021~2035)草案
  2035年に全ての新車を環境対応車とする技術ロードマップを新たに発表
  (表)中国「省エネルギー・新エネルギー車技術ロードマップ2.0」における
  6大総体技術目標
  (表)省エネルギー・新エネルギー車技術ロードマップ2.0における環境車比率目標
  (図)中国 EV強制的国家標準制定の原則とコンセプト
 2-3. 日本
  先進LiBと革新型電池の研究を同時推進
  (表)長期ゴールに向けた主なアクション(電池関連)
  (図)NEDO自動車用二次電池ロードマップ
  (表)NEDOの蓄電池関連研究開発事業
 2-4. 米国
  R&Dの確実な市場への移行を目指す
  (図)EV Everywhereの2022年までの電池性能及びコスト目標
  (表)米国における革新型蓄電池の開発状況
  (表)リチウム電極の生産における目標
  (表)リチウム電極基盤セルの目標
3. 世界xEV市場動向
 3-1. 世界自動車市場動向
  自動車市場全体は2年連続で前年割れ推移
  (表)地域別自動車生産台数推移(ICE車含む全体 CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)地域別自動車生産台数推移(CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)地域別自動車生産台数推移 構成比(CY2016~CY2025、CY2030)
  (図表)世界自動車生産台数(ICE車含む)対 xEV生産台数
  (政策ベース予測・市場ベース予測)構成比推移(CY2017~CY2025、CY2030)
 3-2. 世界xEV市場を取り巻く環境
  中国で新たにHEVが目標設定に追加、日本も2030年半ばに純ICE車販売禁止の方針
  (表)世界各国の電動車普及計画
  欧米OEMでは電動化へ更なる追加投資の動き
  (表)主要自動車メーカーの電動化計画
 3-3. 世界xEV市場動向
  (表)xEV市場規模の算出条件
  (表)乗用EVの搭載電池容量区分(電池パック基準)
  コロナ禍でも成長維持、2020年の世界xEV市場は約790万台規模へ
  xEV市場市場ベース予測:補助金頼みの中、経済減退の影響に懸念
  (表)市場ベース予測:世界xEVタイプ別生産台数推移(CY2016~CY2025、CY2030)
  2020年は欧州が構成比で中国を上回る結果に
  (図表)市場ベース予測:地域別xEV生産台数推移(CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)市場ベース予測:地域別xEV生産台数推移 構成比
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)市場ベース予測:欧州地域におけるxEVタイプ別生産台数予測(CY2030)
  (図)市場ベース予測:北米におけるxEVタイプ別生産台数予測(CY2030)
  (図)市場ベース予測:日本におけるxEVタイプ別生産台数予測(CY2030)
  (図)市場ベース予測:中国におけるxEVタイプ別生産台数予測(CY2030)
  (表)市場ベース予測:欧州地域におけるxEVタイプ別生産台数推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  (表)市場ベース予測:北米におけるxEVタイプ別生産台数推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  (表)市場ベース予測:日本におけるxEVタイプ別生産台数推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  (表)市場ベース予測:中国におけるxEVタイプ別生産台数推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  xEV市場政策ベース予測:2030年、生産台数6,000万台超えを予測
  (表)政策ベース予測:世界xEVタイプ別生産台数推移(CY2016~CY2025、CY2030)
  新規ロードマップの目標値が導く、2030年で中国がエリア別構成比4割超え
  (図表)政策ベース予測:地域別xEV生産台数推移(CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)政策ベース予測:地域別xEV生産台数推移 構成比(CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)政策ベース予測:欧州地域におけるxEVタイプ別生産台数予測(CY2030)
  (図)政策ベース予測:北米におけるxEVタイプ別生産台数予測(CY2030)
  (図)政策ベース予測:日本におけるxEVタイプ別生産台数予測(CY2030)
  (図)政策ベース予測:中国におけるxEVタイプ別生産台数予測(CY2030)
  (表)政策ベース予測:欧州地域におけるxEVタイプ別生産台数推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  (表)政策ベース予測:北米におけるxEVタイプ別生産台数推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  (表)政策ベース予測:日本におけるxEVタイプ別生産台数推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  (表)政策ベース予測:中国におけるxEVタイプ別生産台数推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)

第3章 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望

1. 世界車載用電池市場動向
 1-1. 車載用電池(LiB、Ni-MH)市場動向
  2020年の車載用電池市場は前年比120%台で推移
  (図表)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
  (市場予測 容量ベース:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移 構成比
  (市場予測 容量ベース:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図表)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
  (市場予測 金額ベース:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移 構成比
  (市場予測 金額ベース:CY2016~CY2025、CY2030)
 1-2. xEVタイプ別車載用LiB市場動向
  2020年、車載用LiB市場は前年比125.9%で推移
  車載用LiB市場市場ベース予測:CTP+LFPが政策依存脱却のカギとなる可能性も
  (図表)市場べース予測:xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移
  (容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)市場べース予測:xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比
  (容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図表)市場べース予測:xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移
  (金額:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)市場べース予測:xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比
  (金額:CY2016~CY2025、CY2030)
  車載用LiB市場政策ベース予測:2030年で約1.8TWhを予測
  (図表)政策ベース予測:xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移
  (容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)政策ベース予測:xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比
  (容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図表)政策ベース予測:xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移
  (金額:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)政策ベース予測:xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比
  (金額:CY2016~CY2025、CY2030)
 1-3. 地域別車載用電池(LiB・Ni-MH)市場動向(欧・米・日・中、その他)
  車載用電池市場ベース予測:2030年、欧州、中国が構成比3割超え
  (図)市場ベース予測:車載用電池(LiB・Ni-MH)市場の地域別構成比(CY2025、CY2030)
  (図)市場ベース予測:欧州地域におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)市場ベース予測:欧州地域におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (図)市場ベース予測:北米におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)市場ベース予測:北米におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (図)市場ベース予測:中国におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)市場ベース予測:中国におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (図)市場ベース予測:その他地域におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)市場ベース予測:その他地域におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (表)市場ベース予測:地域別xEVタイプ別車載用電池(LiB・Ni-MH)の市場規模推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
  車載用電池政策ベース予測:2030年、中国の構成比は4割程度に
  (図)政策ベース予測:車載用電池(LiB・Ni-MH)市場の地域別構成比(CY2025、CY2030)
  (図)政策ベース予測:欧州地域におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)政策ベース予測:欧州地域におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (図)政策ベース予測:北米におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)政策ベース予測:北米におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (図)政策ベース予測:日本におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)政策ベース予測:日本におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (図)政策ベース予測:中国におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)政策ベース予測:中国におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (図)政策ベース予測:その他地域におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2025)
  (図)政策ベース予測:その他地域におけるxEVタイプ別車載用電池の市場構成比(CY2030)
  (表)政策ベース予測:地域別xEVタイプ別車載用電池(LiB・Ni-MH)の市場規模推移
  (CY2016~CY2025、CY2030)
 1-4. 電池形状別車載用LiB市場動向
  2020年、円筒角ラミ比率は2:5:3、今後はラミ比率上昇の可能性
  (表)主要自動車メーカー別リチウムイオン電池調達状況(電池形状別)
  (表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別(円筒形・角形・ラミネート形)
  市場規模推移(容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
  (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
  (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
  (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移 構成比
  (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
  (図表)市場ベース予測:世界載用LiB形状別市場規模推移
  (円筒形、容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移 構成比
  (円筒形、容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
  (角形、容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移 構成比
  (角形、容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
  (ラミネート形、容量:CY2016~CY2025、CY2030)
  (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移 構成比
  (ラミネート形、容量:CY2016~CY2025、CY2030)
 1-5. 世界車載用LiB市場メーカーシェア動向
  独走を続けるCATLの一方で、前年割れ推移が目立つ中国勢
  韓国3社は2020年大幅成長
  (表)世界車載用LiB市場メーカーシェア推移(CY2017~CY2020)
  (図)世界車載用LiB市場メーカーシェア(CY2020)
2. サプライチェーン動向
  各国でOEMと電池メーカーによる合弁設立の動き
  (表)自動車メーカーのxEVタイプ別リチウムイオン電池調達状況
  (表)自動車メーカーのリチウムイオン電池調達状況(2021年2月時点)
  CATLをはじめ、上位LiBメーカーの生産能力は100GWh超えへ
  エリア別では中国が特出
  中国を追うように、欧州のLiB生産体制構築が加速
  (表)中国における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
  (表)米国における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
  (表)韓国における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
  (表)日本における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
  (表)欧州における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
  (表)欧州における新規参入LiBメーカー一覧、生産拠点計画
3. 電池部材動向
  xEVの容量帯に依存して異なる開発ベクトル
  正極材:中国ではコスト、安全性でLFP復権
  NCMはハイニッケル、高電圧対応、コバルト減の向き
  (表)主要LiBメーカー LiBセルタイプ、正極材・負極材 採用動向
  負極材:黒鉛系負極ではデメリット克服を目指す開発推進の動き
  電解液:負極側をターゲットに2025年以降を見据えた開発を推進
  セパレーター:安全性への寄与に加え、セル形状の変化でも高まるコーティング需要
  xEV市場の今後を見据えた正極材の資源確保を推進
  (表)主要電池メーカー・自動車メーカーの原材料に関する取り組み状況
  (表)材料の倫理的購買のための主要電池メーカー及び自動車メーカーの取り組み状況
4. リユース・リサイクル動向
  リユース:売り切りでは無い新たなバッテリービジネスの在り方を模索
  (表)車載用LiBリユースに関する取り組み事例
  (表)車載用LiBリサイクルに関する取り組み事例
  リサイクル:長期的な視点での技術開発、設備投資を推進

第4章 主要自動車メーカーの動向と戦略

トヨタ自動車株式会社
 環境車の在り方の先を見据えた電動化の枠を徐々に拡大
 1. xEV事業動向
 HVは累積1,500万台を突破、Co2排出抑制量は1億2,000万t以上に
 (表)トヨタ自動車のxEVラインナップ
 LEXUSブランドでのEV展開に続き、超小型EV「C+pod」を発表
 FCVの新型ミライは水素普及の旗振り役
 中国合弁企業でNEV生産能力の増強を推進
 新たにBYDとEV研究開発のための合弁BTETも設立
 欧州は2021年、米国は2022年にEVを上市予定
 2. 車載用電池採用動向
 Panasonicとの新会社「PPES」が始動、電池調達の多角化を推進
 2021年内に全固体電池搭載の試作車を披露予定
 車載用電池のライフサイクル全般の在り方を追求

Volkswagen AG
 2030年までに約2,600万台の電動車両生産を掲げる
 1. xEV事業動向
 投資額は従来比22%増の730億ユーロ(2021~2025年の5年間)に
 (表)Volkswagen AGのxEVラインナップ
 (表)Volkswagen AG 電動化関連の主な発表内容
 「ID.3」、「ID.4」に続くID.シリーズのEVを今後も上市予定
 Audi、Porshe、Skoda等のグループ内で「MEB」、「PPE」プラットフォームを活用
 Porsheより合成燃料(e-Fuel)の生産工場設立が発表
 中国合弁先拠点にてMEBベースEVの生産に着手
 JAC-VWへの出資引上げで経営権獲得
 リユースバッテリーやロボットを活用した新たな充電ソリューションの開発を推進
 2. 車載用電池採用動向
 加速する電動化に対応可能な電池サプライチェーン作りを
 欧州、中国、北米で推進

日産自動車株式会社
 2023年までに電動化率を日本60%、欧州50%、中国23%へ
 1. xEV事業動向
 8車種以上のEVを市場投入、e-Power搭載車も拡大
 2023年までにxEV販売台数100万台以上を目指す
 (表)日産自動車のxEVラインナップ
 2. 車載用電池採用動向
 EV、e-Power共にLiB調達先が拡大
 中国合弁拠点の電池パック生産ラインは2021年より稼働予定

Groupe Renault
 アライアンスシナジーを踏まえた選択と集中の電動化を推進
 1. xEV事業動向
 2021年にアイアンスPF採用のEV、ダチアからは低価格EVの上市を予定
 (表)RenaultのxEVラインナップ
 中国における事業体制は従来4社から3社へ
 物流業の成長を見据えた小型商用車の電動化モデルを投入
 カーシェア向け新ブランド「モビライズ」を発足
 (表)Renaultグループの自動運転BEVロボカーEZシリーズ
 2. 車載用電池採用動向

三菱自動車工業株式会社
 2030年に電動車比率50%を目指す
 1. xEV事業動向
 2020年度以降に最低5車種の電動車を市場投入
 3社アライアンスの下、PHEVの強みを活かす
 (表)三菱自動車のxEVラインナップ
 2020年12月よりタイでPHEVの生産を開始
 2021年度には広汽集団との共同開発の新型EVを中国で発売予定
 2. 車載用電池採用動向

General Motors Company
 JV開発の新型バッテリーを電動化事業のコアに据え、BEVシフトを加速
 1. xEV事業動向
 2025年までに30車種のEVを上市予定、2035年までに全モデルをEV化
 (表)GMのxEVラインナップ
 上海通用五菱汽車「宏光Mini EV」が2020年のビッグヒットに
 2. 車載用電池採用動向
 LGとのJV「Ultium Cells LLC」にて新型バッテリー「Ultium」を独自開発
 エネ密度の向上、更なる低コスト化を目指す

現代自動車グループ(Hyundai Motor Group)
 アップデート版「Strategy2025」を発表
 次世代車への取り組みを更に加速
 1. xEV事業動向
 2025年に56万台のEV販売を目指し
 2040年にEV販売比率78%までの引き上げを掲げる
 (表)現代自動車グループのxEVラインナップ
 EV専用プラットフォーム「E-GMP」適用車を2021年に発売予定
 「E-GMP」ではエネルギー密度を約10%向上、航続距離500km以上を確保
 米国スタートアップ「Canoo」とのプラットフォーム共同開発も発表
 使用済みLiBのリユースPJを推進
 中国に続き、インド・シンガポールでの電動化に向けた取り組みを実施
 2. 車載用電池採用動向
 バッテリー調達は韓国メーカーを主軸に地産地消で最適化を図る

Stellantis (PSA/FCA)
 Group PSAとFCAが合併、世界販売上位に食い込むGrが2021年に誕生
 1. xEV事業動向
 両社が今後発売する全ての新モデルに電動化を設定
 xEV専用プラットフォームの共有でシナジー効果を図る
 (表)StellantisのxEVラインナップ
 xEV向け新アーキテクチャー「eVMP」の開発を発表
 中国・東風汽車とのパートナーシップ期間を2037年まで延長
 JeepブランドのPHV「4xe(フォーバイイー)」が発売
 2. 車載用電池採用動向
 PSA+Saftで「Automotive Cell Company」を設立
 ドイツ、フランスにて計48GWh/年を今後計画

上海汽車集団股份有限公司(Shanghai Automotive Industry Corporation)
 中国国内に続き、海外市場での電動化を推進
 1. xEV事業動向
 アリババと共同でEV高級車ブランド「智己汽車」を新たに発足
 (表)上海汽車のxEVラインナップ
 インドにて「ZS EV」の生産、販売を開始
 欧州ではフランスに凱旋店、ノルウェー向けの商用EV輸出もスタート
 2. 車載用電池採用動向
 次世代E2バッテリーではSi負極採用による高容量化と
 高安全性「L0」の実現を目指す開発を推進
 (表)上海汽車 車載用バッテリーラインナップ

本田技研工業株式会社
 モビリティとエネルギーの融合を見据え、電動化の取り組みを徐々に加速
 1. xEV事業動向
 「ホンダアーキテクチャー」採用のHEVを2021年市場投入予定
 初の量産EV「Honda e」を欧州と日本市場に投入
 (表)本田技研工業のxEVラインナップ
 中国ではホンダブランドEVコンセプトモデルを公開
 欧州では当初計画より3年前倒しの2022年までに欧州の販売車全てを電動化
 欧州で自動車メーカー初となるEV向けエネルギーマネジメントサービスを開始
 2. 車載用電池採用動向
 CATLと包括的戦略アライアンス契約を締結、
 米国ではGMの「Ultium」バッテリー搭載EVを共同開発
 欧州ではバッテリーリサイクルを見据え、フランスSNAM社との提携を拡大

Ford Motor Company
 自社の強みを見極めつつ、電動化を多面的に展開
 1. xEV事業動向
 自社のEV専用プラットフォームに加え、VWのMEBベース車を23年に市場投入
 2030年までに欧州販売の全乗用車をEV化
 (表)FordのxEVラインナップ
 ミニバン、ピックアップトラックのEVモデルも上市予定
 欧州向けでは2024年までに小型商用車の全車種でEV、PHEVを設定
 中国合弁では現地ニーズを踏まえた電動化製品を展開
 2. 車載用電池採用動向
 米国、スペイン工場にてバッテリーシステムの生産を計画

BMW AG
 2030年までに700万台以上の電動モデル販売を目指す
 1. xEV事業動向
 第5世代「BMW eDrive」を「iX3」より搭載
 「iX」ではEV専用設計の新開発プラットフォームを採用
 (表)BMWのxEVラインナップ
 ダイムラーとのモビリティサービス事業は3社体制へ集約
 (表)BMWとDaimlerのモビリティ事業の新会社概要(2020年1月~)
 「華晨宝馬汽車」のバッテリー生産能力は従来比2倍に
 「光束汽車」の新工場は2022年竣工予定
 2. 車載用電池採用動向
 Samsung SDI、CATLに加え、今後はNorthVoltからも調達予定
 Northvolt、Umicoreと共にサスティナビリティを追求

Daimler AG
 2030年までに乗用車販売の50%以上をBEV、PHEVへ
 1. xEV事業動向
 2022年までにEVブランド「EQ」製品を6モデルに増加
 Geelyとsmart EV、HEVパワートレインを共同開発
 (表)Daimler AGのxEVラインナップ
 BYD、BAIC、Geelyとのタッグで中国市場の電動化を推進
 2. 車載用電池採用動向
 欧州、中国、東南アジア、米国にてバッテリー生産の体制構築を推進

吉利汽車/Volvo(Geely Auto Group)
 電動車市場の可能性と現実を見据えた協業をグローバルに強化
 1. xEV事業動向
 EVに特化したプラットフォーム「SEA」を発表
 (表)吉利汽車のxEVラインナップ
 百度との戦略提携、富士康科技との合弁設立で電動化の枠を更に拡大
 HEV ではDaimlerと技術提携
 2. 車載用電池採用動向
 CATLに続き、LGエナジーソリューション、FarasisとのJV設立計画を発表

北京汽車集団有限公司(BAIC Motor Corporation., Ltd.)
 新ブランド投入で電動化戦略をハイエンドへシフト
 1. xEV事業動向
 高級EVブランド「ARCFOX」を新たに展開
 (表)北汽新能源汽車(BAIC BJEV)のxEVラインナップ
 (表)(図)北汽新能源汽車(BAIC BJEV)の生産拠点概要
 商用FCEVでは2030年に累計20万台の販売目標を掲げる
 EV向け電池交換ステーション事業を協業にて推進
 2. 車載用電池採用動向
 BEST生産のNCM811セルを「ARCFOX」に搭載予定
 リユース・リサイクルでは格林美、光華科技と提携

Tesla, Inc.
 生産、販売、サプライチェーンの世界展開を加速
 1. xEV事業動向
 EV市場で圧倒的首位を確立
 「Model 3, Model Y」に続き、電動トラック「Semi」、新型「Roadster」を計画
 (表)TeslaのxEVラインナップ
 2019年末の上海Gigafactory3に続き、2021年にベルリンGigafactory4が稼働予定
 2021年より上海にてスーパーチャージャーの生産を開始予定
 2. 車載用電池採用動向
 電池サプライヤーにはPanasonicに加え、LGエナジーソリューション、CATLが参加

第5章 主要車載用リチウムイオン電池メーカーの動向と戦略

寧徳時代新能源科技股份有限公司(Contemporary Amperex Technology Ltd.)
 xEVの世界的な需要拡大に呼応すべく、各方面の取り組みを更に加速
 1. 出荷動向
 2020年も前年を上回る出荷実績、2021年は大幅な出荷増を計画
 (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB 出荷量推移
 (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2020年生産能力は100GWh超え、2023年には300GWh超え体制を計画
 (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 CTPを中国OEM、上海Tesla向けに供給
 次世代開発テーマにはCTC、コバルト不使用LiB、長寿命LiBを掲げる
 NCMはハイニッケルと高電圧対応、2つのベクトルで開発を推進
 安全性を向上させた新技術も発表
 BaaSサービスを行う合弁会社をNIOと共に設立

株式会社LGエナジーソリューション(LG Energy Solutions, Ltd.)
 LG化学から電池事業独立、引き続き成長拡大路線を推進
 1. 出荷動向
 欧州向け供給の本格化を受け、2020年は大幅成長
 (表)LGES 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 (表)LGES 車載用LiB 出荷量推移
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2023年には年間生産能力を200GWhまで引き上げる計画
 (表)LGES 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 生産性向上に向けセルラインナップの集約を推進
 容量向上を実現する新型モジュールのコンセプトを発表
 NCM721に続き、NCM811、NCMAの採用を加速
 Si系負極は韓国材料メーカーとタッグ

パナソニック株式会社/プラムプラネットエナジー&ソリューション株式会社
 新会社設立により円筒形セル、角形セルはそれぞれ次なるステップへ
 1. 出荷動向
 2020年はTeslaのサプライチェーン拡大の影響により成長率鈍化
 (表)パナソニック 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 (表)PPES 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 (表)パナソニック 車載用LiB 出荷量推移
 2. 生産拠点/生産能力推移
 「Gigafactoty1」は追加投資実施により2021年より38~39GWh/年体制へ
 Panasonicは欧州での電池事業を見据えた調査を実施
 (表)パナソニック 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 PPESは2022年より新規ラインの稼働を計画
 (表)PPES 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 円筒形LiBでは今後、従来比20%程度のエネ密向上を目指す
 「4680セル」の試作ラインが日本国内で2021年に稼働予定

比亜迪股份有限公司(BYD Company Limited)
 新たな成長フェーズに向けた取り組みを推進
 1. 出荷動向
 自動車事業同様、2020年の電池事業は補助金制度変更の影響を受ける
 (表)比亜迪(BYD) 車載用LiB 出荷量推移
 (表)比亜迪のLiB採用xEVラインナップ
 「弗迪」ブランド子会社、トヨタ自動車との合弁「BTET」の設立
 燃費追求の次世代PHEVプラットフォーム「DM-i」を発表
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2020年に重慶工場の能力を前倒し増強、今後、複数拠点が新たに稼働予定
 将来的に年産100GWh以上の体制構築を計画
 (表)比亜迪 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 LFP採用の「ブレードバッテリー(刀片電池)」を発表
 高容量の開発ベクトルも変化
 (図)BYD「ブレードバッテリー(刀片電池)」外観
 (表)NCM(EV向け)開発ロードマップ
 (表)マイルドHEV向け電池パックの開発ロードマップ

サムスンSDI株式会社(Samsung SDI Co., Ltd.)
 今後の事業拡大に向け、LiBポートフォリオの多角化を推進
 1. 出荷動向
 2020年出荷は供給先拡大を背景に大幅増
 (表)サムスンSDI 車載用LiB 出荷量推移
 (表)サムスンSDI 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 欧州市場の成長を見据え、ハンガリー・Goed工場の能力増強を推進
 (表)サムスンSDI 中大型LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 NCA6:2:2単独への切り替えを推進
 次世代角形「Gen5」では積層電極、NCA採用を計画
 Ecoproとの合弁による正極材工場の建設を着工
 Si系負極は韓国材料メーカーとの共同開発を推進

SKイノベーション株式会社(SK Innovation Co., Ltd.)
 グローバルトップ3入りを目指し、サプライチェーン拡大を積極展開
 1. 出荷動向
 2020年の出荷量は前年比4倍以上に
 LiBライフサイクル基盤の「BaaS」P/F構築も推進
 (表)SKイノベーション 車載用LiB 出荷量推移
 (図)SKイノベーション 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2020年より欧州拠点が稼働を開始、2022年の米国拠点稼働で世界4極体制へ
 (表)SKイノベーション 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 次世代セルのコンセプト「Ultra Long Multi-tab Cell」を発表
 NCM811単独セルの量産を経て、21~22年にはNCM9:1/2:1/2採用セルの生産を計画

株式会社エンビジョンAESCグループ(Envision AESC Group Ltd.)
 持続可能な社会の実現に向けたグループシナジーに強み
 1. 出荷動向
 世界の電動化トレンドを見据え、供給先の拡大を推進
 (表)エンビジョンAESC 車載用LiB 出荷量推移
 (表)エンビジョンAESC 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2023年までに計27.5GWh/年体制を計画
 (表)エンビジョンAESC 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 High Energy、High Voltage、LFPの3ベクトルでセル開発を推進
 (表)エンビジョンAESC Gen.4~Gen.6 技術ロードマップ

合肥国軒高科動力能源有限公司(Hefei Guoxuan High-tech Power Energy Co., Ltd.)
 世界を視野に更なる飛躍を目指す
 1. 出荷動向
 2020年5月、VWが筆頭株主に
 (表)国軒高科 車載用LiB 出荷量推移
 (表)国軒高科 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2025年に年間100GWh規模の生産体制構築を目指す
 正極材の新工場も2023年稼働予定
 (表)国軒高科 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 新開発LFPセル、並びにJTM(Jellyroll To Module)を発表

惠州億緯鋰能股份有限公司(EVE Energy Co., Ltd.)
 商用車向け主体から乗用車向けへのシフトが進む
 1. 出荷動向
 Daimler向けNCMラミネートセル供給がスタート
 (表)惠州億緯 車載用LiB 出荷量推移
 (表)惠州億緯 車載用LiB 主要顧客先一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2020年から20GWh/年体制、SKIとの合弁も含め引き続き能力増強を推進
 (表)惠州億緯 LiB生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 NCM811採用は一時トーンダウンの向き

天津力神電池股份有限公司(Tianjin Lishen Battery Co., Ltd.)
 xEVの成長を見据え、ソリューションの拡大を推進
 1. 出荷動向
 2019年より前年割れ推移が続く
 (表)天津力神 車載用LiB 出荷量推移
 (表)天津力神 車載用LiB 主要顧客先一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2025年を目途に30GWh/年までの拡大を目指す
 (表)天津力神 LiB 生産拠点・生産能力推移

株式会社GSユアサ(株式会社リチウムエナジージャパン/株式会社ブルーエナジー)
 HEVや12VLiB等、独自性の強い領域に注力
 1. 出荷動向
 BEではトヨタのHEV向け供給を開始
 (表)GSユアサ 車載用LiB 出荷量推移
 (表)GSユアサ 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 ハンガリーの自動車始動用(12V)LiB工場が稼働開始
 BEは2024年3月期までに5,000万セル/年体制へ増強
 (表)GSユアサ 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 「EHW4S」では従来の出力特性を維持しつつ、小型、軽量化を実現
 (表)GSユアサ 車載用LiB 製品ラインナップ

プライムアースEVエナジー株式会社
 NI-MHとLiBの両輪で、トヨタHEVの中核をサポート
 1. 出荷動向
 搭載車種の拡大により、LiB出荷は2020年も前年を上回る規模に
 (表)PEVE 車載用LiB 出荷量推移
 (表)PEVE 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2021年、LiB年間生産能力は110万台分まで拡大見込み
 Ni-MH生産能力は200万台分まで上昇
 (表)PEVE 車載用電池 生産拠点・生産能力推移
 充放電特性を高めた新開発LiBの供給を開始

ビークルエナジージャパン株式会社
 長年の蓄積を有するHEV向けLiBの拡販を加速
 1. 出荷動向
 Ford HEVへの供給を新たに開始、日産HEV向けは供給を拡大
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB 出荷量推移
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 2. 生産拠点/生産能力推移
 2020年4月に京都新工場が竣工
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 第5世代セルで出力・容量密度共に特性向上を実現
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB 製品ラインナップ
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB 48V電池パック

株式会社東芝
 SCiBTMの強みと合致するターゲットへの訴求と新たな可能性追求を推進
 1. 出荷動向
 日産自動車のマイルドHEVモデルで新たにSCiBTMが採用
 (表)東芝 車載用LiB 出荷量推移
 (表)東芝 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
 (表)東芝 二次電池(SCiB)製品ラインナップ
 新幹線を含む鉄道での採用も拡大
 2. 生産拠点/生産能力推移
 横浜事業所に新工場建設を推進
 インドではスズキとデンソーと合弁工場を設立
 (表)東芝 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 チタンニオブ系酸化物(NTO)を用いた負極材の開発に続き
 水系リチウムイオン電池の開発を発表

ノースボルトAB(Northvolt AB)
 欧州地場のLiB メーカーとして、域内サプライチェーン構築を推進
 1. 生産体制構築動向
 サーキュラーエコノミーを意識したLiB製造に強み
 (表)Northvolt LiB部門 パートナーシップ締結状況
 2. 生産拠点/生産能力推移
 本格量産開始は2022年以降を予定
 (表)Northvolt 中大型LiB 生産拠点・生産能力推移
 3. 研究開発動向/材料動向
 円筒形、角形セルを製造、正極材は内製

ショートレポート
「2020-2021年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「2020-2021年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望(2021年発刊、税込198,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全9ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 車載用LiB市場動向
 xEV市場動向

3.注目トピック
  各国で電動化政策、加速の動き ※1
  中容量EVがマスマーケットの可能性、LFPとCell to Pack技術の組合せに注目
  各国でOEMと電池メーカーによる合弁設立の動き


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 市場ベース予測:xEVタイプ別車載用LiB世界市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2016~2020年実績、2021~2025年予測、2030年予測
  • 政策ベース予測:車載用LiB世界市場規模予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2021~2025年、2030年予測
  • 市場ベース予測:xEVタイプ別世界生産台数推移
  •  ※データ掲載年:2016~2020年実績、2021~2025年予測、2030年予測

※本レポートは、2021年発刊の「2020-2021年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です