「ワーケーション市場に関する調査を実施(2020年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
注目されるワーケーション市場の実態と展望 ~地方創生を促進するニューノーマルな働き方~

価格(税込):165,000円(本体価格 150,000円)
「注目されるワーケーション市場の実態と展望 ~地方創生を促進するニューノーマルな働き方~」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全196ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 ワーケーション市場の実態と展望

1.ワーケーションの定義
 図表1-1:ワーケーションの分類
2.注目される背景
 図表1-2:Google Trends “workation” 検索結果
3.市場の全体像
 図表1-3:ワーケーション市場の全体像
4.市場動向・規模
 (1)欧米型ワーケーション
  図表1-4:欧米型ワーケーションの1人泊あたりの経済インパクトモデル
  図表1-5:欧米型ワーケーションのモデルケース
  図表1-6:欧米型ワーケーション(ブリージャーを含む)の
  国内市場規模算出表(2020年度見込)
  図表1-7:欧米型ワーケーションの国内市場構成(年代)
  図表1-8:欧米型ワーケーションの国内市場規模予測
  (2020年度~2025年度)
 (2)日本型ワーケーション
  図表1-9:研修サービスの形態別市場規模の推計(2019年度)
  図表1-10:日本型ワーケーションの1人泊あたりの経済インパクトモデル
  図表1-11:日本型ワーケーションの国内市場規模算出表(2020年度見込)
  図表1-12:日本型ワーケーション市場規模予測(2020年度~2025年度)
 (3)ワーケーション関連の国家予算
  図表1-13:ワーケーションに関連する令和2年度第3次補正予算(概要)
  図表1-14:ワーケーションに関連する国家予算抜粋
  (2017年度~2021年度)
  図表1-15:ワーケーションに関連する国家予算の推移
 (4)ワーケーション市場全体
  図表1-15:ワーケーション全体の国内市場規模予測
  (2020年度~2025年度)
5.地方活性化への作用
6.市場における課題
7.市場の将来展望

第2章 自治体等の取組み・先進事例

1.自治体等の取組み・動向
 (1)ワーケーションを推進する自治体等の概況
  図表2-1:ワーケーションに関連する国家予算抜粋
  (2017年度~2021年度) ※再掲
  図表2-2:自治体がワーケーションに期待する効果
 (2)欧米型ワーケーションを推進する取組み
 (3)日本型ワーケーションを推進する取組み
 (4)自治体への経済インパクト
  図表2-3:ワーケーションに関連する国家予算の推移 ※再掲
  図表2-4:地域インパクト推移とワーケーション実施者数の推移
 (5)関係人口創出に向けた課題
 (6)今後の市場展望
2.個別実態(先進事例)
 (1)和歌山県
 (2)鳥取県
 (3)北海道
 (4)長野県
 (5)軽井沢町
 (6)神奈川県
 (7)箱根町

第3章 ワーケーション関連サービス事業者の取組み・動向

1.参入企業の取組み・動向
 (1)ワーケーション関連サービス事業の概況
  図表3-1:企業が参入するワーケーション関連サービスの分類
 (2)施設サービス
  図表3-2:企業が参入するワーケーション関連サービス例
  図表3-3:企業がワーケーション関連サービスに新規参入する背景
  図表3-4:企業がワーケーション関連サービスに拡大参入する背景
 (3)コンテンツサービス
  図表3-5:企業が参入するワーケーション関連サービス例
  図表3-6:HR事業を都市部ではなく地方で行うことで想定される
  メリット・デメリット
 (4)市場動向・規模
  図表3-7:ワーケーション市場における各サービスの位置づけ
  ①施設サービス
  図表3-8:欧米型ワーケーションにおける施設サービスの1人泊あたりの
  経済インパクトモデル
  図表3-9:欧米型ワーケーションにおける施設サービス市場規模算出表
  (2020年度見込)
  図表3-10:日本型ワーケーションにおける施設サービスの1人泊あたりの
  経済インパクトモデル
  図表3-11:ワーケーション市場における施設サービスの市場規模予測
  (2020年度~2025年度)
  ②コンテンツサービス
  図表3-12:コンテンツサービス市場規模予測(2020年度~2025年度)
 (5)市場拡大に向けた課題
 (6)今後の市場展望
2.個別実態(先進事例)
 (1)三菱地所株式会社
 (2)株式会社LIFULL
 (3)株式会社アドレス
 (4)株式会社KabuK Style
 (5)箱根小涌園 天悠(藤田観光株式会社)
 (6)ザ・プリンス箱根芦ノ湖(株式会社プリンスホテル)
 (7)白馬岩岳マウンテンリゾート(株式会社岩岳リゾート)
 (8)株式会社パソナJOB HUB
 (9)株式会社日本能率協会マネジメントセンター
 (10)凸版印刷株式会社

第4章 企業のワーケーション実施状況

1.参入企業の取組み・動向
 (1)ワーケーションの実施概況
  図表4-1:ワーケーション実施企業とその目的
 (2)今後の企業動向・見通し
2.個別実態(先進事例)
 (1)日本航空株式会社
 (2)株式会社サーバーワークス
 (3)TIS株式会社
 (4)ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
3.アンケート調査
 (1)アンケート調査要綱
 (2)アンケート調査サマリ
 (3)アンケート調査結果
  ①ワーケーションの認知度
  ②今後のリモートワークの予定
  ③ワーケーションの実態
   a. 実施率
   b. 開始(予定)時期
   c. 場所(地域)の決定方法
   d. 施設の決定方法
   e. 使用している(する予定の)施設
   f. ワーケーションの形態(タイプ)
   g. 実施して良かった点
   h. 実施して良くなかった点
   i. 今後の規模拡縮予定
   j. ワーケーションを通じた今後の地域との関わり
   k. 計画段階における問題点
  ④ワーケーションに対する意識
   a. ワーケーションの導入理由
   b. 実施地域選定の重視ポイント
   c. 地域に期待するサポート
   d. 導入に向けての課題
   e. 導入しない理由

関連セミナー

2021年5月25日 開催セミナー『What is "workation"? 地方創生を促進するニューノーマルな働き方「ワーケーション」の実態』のアーカイブを視聴できます。(有料)

ショートレポート
「注目されるワーケーション市場の実態と展望 ~地方創生を促進するニューノーマルな働き方~」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「注目されるワーケーション市場の実態と展望 ~地方創生を促進するニューノーマルな働き方~(2021年発刊、税込165,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 受け入れ自治体の動向
 ワーケーション関連サービスに参入する企業の動向
 ワーケーションを実施する企業の動向

3.注目トピック
  多種多様な業界から注目されるワーケーション市場 ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 国内ワーケーション市場規模予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2020~2025年度予測

※本レポートは、2021年発刊の「注目されるワーケーション市場の実態と展望 ~地方創生を促進するニューノーマルな働き方~」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です