「eKYC市場に関する調査を実施(2021年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
eKYC市場の実態と展望 ~犯収法改正に伴い銀行で加速するeKYC対応~

価格(税込):165,000円(本体価格 150,000円)
「eKYC市場の実態と展望 ~犯収法改正に伴い銀行で加速するeKYC対応~」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全92ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第Ⅰ章 総論

1.eKYCとは
  1.1 本人確認について
  1.2 本人確認に係る法改正について
    1.2.1 eKYCの追加に係る法改正
    1.2.2 既存手法の厳格化に係る法改正
  1.3 犯罪収益移転防止法にて定める本人確認方法
    1.3.1 本人確認手法「ホ」
    1.3.2 本人確認手法「ヘ」
    1.3.3 本人確認手法「ト」
    1.3.4 本人確認手法「ワ」公的個人認証について
2.市場規模
  2.1 eKYC市場規模(2019~2021年)
3.eKYC活用可能性
  3.1 eKYCによってもたらされる効果
  3.2 今後活用される領域
    3.2.1 金融機関での活用領域
    3.2.2 非金融機関での活用領域
    3.2.3 法規制の波及の影響を受ける分野での活用領域
  3.3 普及における課題
4.将来展望
  4.1 eKYC市場予測(2019~2024年)
  4.2 eKYC市場展望(2019~2024年)
    4.2.1 金融機関での市場展望
    4.2.2 非金融機関での活用領域
    4.2.3 法例適用外での活用領域

第Ⅱ章 ベンダーの実態と取組み内容

1.ベンダーの取組み状況
  1.1 サービス提供企業一覧
  1.2 サービス機能比較
  1.3 各社の特徴、方針

第Ⅲ章 eKYCの導入状況

1.銀行における導入状況
  1.1 銀行におけるeKYC導入状況
  1.2 銀行における本人確認業務の実態
2.銀行以外での導入状況
  2.1 銀行以外の金融業界における導入状況
  2.2 非金融業界における導入状況

第Ⅳ章 個別企業の実態

1.日立製作所
2.日本電気
3.NTTデータ
4.ACSiON(アクシオン)
5.TRUSTDOCK
6.Liquid
7.ポラリファイ
8.三菱UFJフィナンシャル・グループ
9.みずほフィナンシャルグループ
10.福岡銀行
11.北陸銀行
12.九州フィナンシャルグループ

ショートレポート
「eKYC市場の実態と展望 ~犯収法改正に伴い銀行で加速するeKYC対応~」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「eKYC市場の実態と展望 ~犯収法改正に伴い銀行で加速するeKYC対応~(2021年発刊、税込165,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 非金融業界における導入状況
 eKYC提供方法の現状

3.注目トピック
  犯収法改正により、非対面での本人確認までの工程が減少 ※1
  eKYC導入によるセキュリティの向上


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • eKYC市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2019~2020年度、2021~2024年度予測
  • eKYCサービス提供企業 機能比較表
  •  ※データ掲載年:2021年5月

※本レポートは、2021年発刊の「eKYC市場の実態と展望 ~犯収法改正に伴い銀行で加速するeKYC対応~」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です