「フェムケア&フェムテック(消費財・サービス)市場に関する調査を実施(2021年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2021 フェムケア&フェムテックマーケット(消費財・サービス)

価格(税込):165,000円(本体価格 150,000円)
「2021 フェムケア&フェムテックマーケット(消費財・サービス)」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全256ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 フェムケア&フェムテックマーケットの現状と展望

1.フェムケア&フェムテックの定義
2.フェムケア&フェムテックマーケットが注目される背景
  2.1.ブームの背景
  2.2.海外動向
  2.3.参入ベンチャーの資金調達状況
3.フェムケア&フェムテックマーケットの現状
  3.1.国内最新動向
  3.2.法整備の実態
  3.3.流通系企業の動向
4.フェムケア&フェムテックマーケットの課題と展望

第2章 アイテム・サービス分野別の動向

1.生理系(月経)アイテム・サービス
  1.1.市場動向
  1.2.プレイヤーの動向
   1.2.1.アイテム
    ①吸水ショーツ
    ②月経カップ
    ③ノンポリマーナプキン
    ④布ナプキン
   1.2.2.オンライン相談・セミナー・検索
   1.2.3.アプリ(記録、管理、情報提供)
   1.2.4.遠隔分析・チェックサービス、キット
   1.2.5.その他、海外事例等
  1.3.課題と展望
2.不妊・妊よう性/妊娠・産後ケアアイテム・サービス
  2.1.市場動向
  2.2.プレイヤーの動向
   2.2.1.アイテム
    ①サプリメント(葉酸・ミネラル・ビタミンなど)
    ②妊娠検査薬/排卵検査薬
    ③骨盤ベルト、妊婦帯、体型戻し商品
    ④マタニティウェア(マタニティインナー含む)
    ⑤妊娠時のスキンケアアイテム
   2.2.2.オンライン相談・セミナー・検索
   2.2.3.アプリ(記録、管理、情報提供)
   2.2.4.遠隔分析・チェックサービス、キット
   2.2.5.その他、海外事例等
  2.3.課題と展望
3.更年期ケアアイテム・サービス
  3.1.市場動向
  3.2.プレイヤーの動向
   3.2.1.アイテム
    ①漢方・生薬
    ②サプリメント(栄養補助食品)
    ③化粧品、スキンケア
    ④膣ケアアイテム
   3.2.2.オンライン相談・セミナー・検索
   3.2.3.アプリ(記録、管理、情報提供)
   3.2.4.遠隔分析・チェックサービス、キット
   3.2.5.その他、海外事例等
  3.3.課題と展望
4.ウィメンズヘルスケア系アイテム・サービス
  4.1.市場動向
  4.2.プレイヤーの動向
   4.2.1.アイテム
    ①漢方・サプリメント
    ②ウェアアイテム(インナーアイテム、ナイトブラ、婦人科ガン術後アイテム)
    ③デリケートゾーンケアアイテム
   4.2.2.オンライン相談・セミナー・検索
   4.2.3.アプリ(記録、管理、情報提供)
   4.2.4.遠隔分析・チェックサービス、キット
   4.2.5.その他、海外事例等
  4.3.課題と展望
5.セクシャルウェルネス系アイテム・サービス
  5.1.市場動向
  5.2.プレイヤーの動向
   5.2.1.アイテム
    ①セルフプレジャーアイテム
    ②膣トレーニングアイテム
   5.2.2.オンライン相談・セミナー・検索
   5.2.3.アプリ(記録、管理、情報提供)
   5.2.4.遠隔分析・チェックサービス、キット
   5.2.5.その他、海外事例等
  5.3.課題と展望
6.番外編:メイルテック(MaleTech)
  6.1.市場動向
  6.2.プレイヤーの動向
   6.2.1.アイテム
   6.2.2.オンライン相談・セミナー・検索
   6.2.3.アプリ(記録、管理、情報提供)
   6.2.4.遠隔分析・チェックサービス、キット
  6.3.課題と展望

第3章 参入企業個票

企業概要
業績推移
アイテム・サービスの事業化背景
アイテム・サービスの内容・差別化ポイント
事業戦略
価格戦略
販売戦略
顧客特性
課題について
市場の将来展望
※一部を除き各企業共通
 
≪掲載企業一覧≫
アミー株式会社
株式会社イマリ
インテグロ株式会社
コットン・ラボ株式会社
ソルドジャパン株式会社
株式会社G-Place
株式会社ジーユー
豊島株式会社
株式会社Bé-A Japan
株式会社マーキット
小林製薬株式会社
株式会社ヘルスケアシステムズ
株式会社あしたるんるんラボ
アボワールインターナショナル株式会社
株式会社encyclo
株式会社サンルイ・インターナッショナル
株式会社生活の木
株式会社たかくら新産業
有限会社アジュマ
株式会社典雅(TENGA)
カジナイロン株式会社
株式会社TENGAヘルスケア
株式会社リクルートホールディングス
株式会社大丸松坂屋百貨店(michi kake)
fermata株式会社
株式会社三越伊勢丹(ビューティアポセカリー)

ショートレポート
「2021 フェムケア&フェムテックマーケット(消費財・サービス)」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「2021 フェムケア&フェムテックマーケット(消費財・サービス)(2021年発刊、税込165,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全7ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 不妊・妊よう性ケア/妊娠・産後ケアアイテム・サービス
 更年期ケアアイテム・サービス
 ウィメンズヘルスケアアイテム・サービス
 セクシャルウェルネス系アイテム・サービス

3.注目トピック
  スタートアップ、大手の参入が相次ぐ「吸水ショーツ」 ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • フェムケア&フェムテック(消費財・サービス)市場規模推移 ※1
  •  ※データ掲載年:2019~2020年実績、2021年見込

※本レポートは、2021年発刊の「2021 フェムケア&フェムテックマーケット(消費財・サービス)」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です