「インターネット広告市場に関する調査を実施(2021年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2021 インターネット広告市場の実態と展望

価格(税込):198,000円(本体価格 180,000円)
「2021 インターネット広告市場の実態と展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全188ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第Ⅰ章 総論

1.インターネット広告市場概況
  1.2.インターネット広告市場の注目すべきポイント
    1.2.1.クッキーレス時代への対応
    1.2.2.コロナ禍で動画広告市場の急成長
    1.2.3.広告運用においてAIを活用した取り組みの強化
    1.2.4.広告代理店事業者の動向と戦略の変化
  1.3.インターネット広告市場の成長促進要因
  1.4.インターネット広告市場の成長阻害要因
2.インターネット広告市場規模推移
  2.1.インターネット広告総市場規模(2018~2021年度見込)
  2.2.PC/スマートフォン別広告市場規模(2018~2021年度見込)
  2.3.広告種類別市場規模推移(2018~2021年度見込)
    2.3.1.運用型広告/非運用型広告市場規模推移(2018~2021年度見込)
    2.3.2.ディスプレイ/サーチ別運用型広告市場規模推移(2018~2021年度見込)
    2.3.3.広告種類別ディスプレイ市場規模推移(2018~2021年度見込)
    2.3.4.Google/Yahoo別サーチ広告市場規模推移(2018~2021年度見込)
    2.3.5.動画広告市場規模推移(2018~2021年度見込)
3.インターネット広告の概要
  3.1.インターネット広告の歴史
  3.2.インターネット広告の分類
4.ビジネスモデル分類
  4.1.メディア(媒体)/プラットフォームのビジネスモデル
  4.2.インターネット広告代理店/メディアレップのビジネスモデル
  4.3.アドテク(DSP/SSP)事業者のビジネスモデル
  4.4.アドベリフィケーション事業者のビジネスモデル
5.インターネット広告市場の将来展望
  5.1.インターネット広告市場規模予測(2021~2024年度予測)
  5.2.PC/スマートフォン別広告市場規模予測(2021~2024年度予測)
  5.3.広告種類別市場規模予測(2021~2024年度予測)
    5.3.1.運用型広告/非運用型広告市場規模予測(2021~2024年度予測)
    5.3.2.ディスプレイ/サーチ別運用型広告市場規模予測(2021~2024年度予測)
    5.3.3.広告種類別ディスプレイ広告市場規模予測(2021~2024年度予測)
    5.3.4.Google/Yahoo別サーチ広告市場規模予測(2021~2024年度予測)
    5.3.5.動画広告市場規模予測(2021~2024年度予測)

第Ⅱ章 インターネット広告関連企業の動向

1.主要インターネット広告代理店の実態と戦略
  1.1.主要事業者の事業概況
    1.1.1.業界全般の動向
    1.1.2.ADKマーケティング・ソリューションズの事業概況
    1.1.3.オプトの事業概況
    1.1.4.サイバーエージェントの事業概況
    1.1.5.セプテーニの事業概況
    1.1.6.電通の事業概況
    1.1.7.メディックスの事業概況
    1.1.8.博報堂DYメディアパートナーズの事業概況
  1.2.主要事業者の特徴/強み/差別化のポイント
  1.3.主要事業者の業績におけるコロナの影響
  1.4.主要事業者の取扱い広告の状況と見解
  1.5.主要事業者の取り扱いメディアの状況と見解
  1.6.主要事業者の広告主の状況とニーズの変化
  1.7.主要事業者の注力している取組みと今後の事業展開の方向性
  1.8.主要事業者の事業課題と対応
  1.9.主要事業者のインターネット広告市場に対する見解
2.主要メディアの実態と戦略
  2.1.ヤフー
    2.1.1.ヤフーの事業概況
    2.1.2.ヤフーのビジネスモデル
    2.1.3.ヤフーの広告事業の売上推移
    2.1.4.ヤフーのユーザー推移
    2.1.5.ヤフーの今後の事業目標と戦略
  2.2.Google
    2.2.1.Googleの事業概況
    2.2.2.Googleのビジネスモデル
    2.2.3.Googleの広告事業の売上推移
    2.2.4.Googleの広告事業セグメント別動向
  2.3.Facebook
    2.3.1.Facebookの事業概況
    2.3.2.Facebookのビジネスモデル
    2.3.3.Facebookの広告事業の売上推移
    2.3.4.Facebookのユーザー推移
    2.3.5.Facebookの今後の展望
  2.4.主要メディア別の広告売上推移(国内市場)
3.主要DSP/SSPの実態と戦略
  3.1.主要DSP/SSPの事業概況
    3.1.1.CRITEOの事業概況
    3.1.2.Supershipの事業概況
    3.1.3.ジーニーの事業概況
    3.1.4.マイクロアドの事業概況
  3.2.主要DSP/SSPの特徴/強み/差別化のポイント
  3.3.主要DSP/SSPの業績動向およびコロナの影響
  3.4.主要DSPの広告主の状況とニーズの変化
  3.5.主要DSP/SSPの事業戦略と今後の方向性
  3.6.主要DSP/SSPの事業課題と対応
  3.7.主要DSP/SSP事業者のインターネット広告市場に対する見解
  3.8.DSP/SSP市場規模推移と今後の予測
4.アドベリフィケーションベンダーの状況
  4.1.Momentumの事業概況
  4.2.Momentumの強み、差別化のポイント
  4.3.Momentumの事業展開の方向性
  4.4.Momentumの事業課題と対応
5.運用型テレビCMについての取り組み状況と見解
  5.1.運用型テレビCMの市場概況
  5.2.主要事業者の運用型テレビCMへの取り組み状況と見解

第Ⅲ章 個別企業実態

広告代理店
  1.株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
  2.株式会社オプト
  3.株式会社サイバーエージェント
  4.株式会社スカイシーズ
  5.株式会社セプテーニ
  6.株式会社電通
  7.株式会社メディックス
  8.株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
 
アドテク事業者
  9.CRITEO株式会社
  10.Supership株式会社
  11.株式会社ジーニー
  12.株式会社マイクロアド
  13.Momentum株式会社

ショートレポート
「2021 インターネット広告市場の実態と展望」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「2021 インターネット広告市場の実態と展望(2021年発刊、税込198,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 セグメント別市場規模推移
 動画広告市場の拡大

3.注目トピック
  コロナ禍で動画広告市場の急成長 ※1
  広告運用においてAIを活用した取り組みの強化
  EC市場の成長


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • インターネット広告市場規模推移と予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2018~2020年度実績、2021年度見込、2022~2024年度予測
  • 動画広告市場規模推移と予測(億円)
  •  ※データ掲載年:2018~2020年度実績、2021年度見込、2022~2024年度予測

※本レポートは、2021年発刊の「2021 インターネット広告市場の実態と展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です