「国内コード決済市場に関する調査を実施(2022年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2022年版 エンベデッド・ファイナンスの実態と展望 ~コード決済編~

価格(税込):198,000円(本体価格 180,000円)
「2022年版 エンベデッド・ファイナンスの実態と展望 ~コード決済編~」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全121ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査のポイント

1.市場概況
  1.1.コード決済市場概況
2.コード決済市場規模推移と予測

第Ⅰ章 総論

1.コード決済市場の動向
  1.1.コード決済市場の概況
    1.1.1.コード決済とは
    1.1.2.QRコードの4つの形
    1.1.3.コード決済と金融機能に関する動向
    1.1.4.コード決済市場の概況
    1.1.5.コード決済市場規模推移(2019~2022年度見込)
  1.2.コード決済市場の将来展望
    1.2.1.コード決済市場規模推移予測(2021~2026年度予測)
    1.2.2.コード決済市場の将来展望

第Ⅱ章 エンベデッド・ファイナンスの動向

1.エンベデッド・ファイナンスの動向
  1.1.コード決済事業者のグループ企業や提携事業者における主な金融サービス
    1.1.1.PayPayのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
    1.1.2.楽天ペイメントのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
    1.1.3.NTTドコモのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
    1.1.4.KDDIのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
    1.1.5.メルペイのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
  1.2.コード決済アプリにおける金融機能の搭載状況
    1.2.1.PayPayアプリに搭載されている主な金融機能
    1.2.2.楽天ペイアプリに搭載されている主な金融機能
    1.2.3.d払いアプリに搭載されている主な金融機能
    1.2.4.au PAYアプリに搭載されている主な金融機能
  1.3.コード決済に関するエンベデッド・ファイナンスの状況
    1.3.1.汎用型コード決済の組込み状況
    1.3.2.ハウス型コード決済・バーコード決済の組込み状況
  1.4.国内における主なエンベデッド・ファイナンスの状況
  1.5.主要BaaS提供事業者の動向
    1.5.1.住信SBIネット銀行
    1.5.2.GMOあおぞらネット銀行
    1.5.3.みんなの銀行
    1.5.4.アプラス
  1.6.主要金融機能提供事業者の動向
    1.6.1.GeNiE
    1.6.2.スマートプラス
    1.6.3.三菱UFJニコス
    1.6.4.ジェーシービー
  1.7.主要金融機能導入事業者の動向
    1.7.1.LINE
    1.7.2.NTTドコモ
  1.8.海外における主要エンベデッド・ファイナンス事業者の動向
    1.8.1.Green Dot Bank
    1.8.2.Walmart
    1.8.3.Uber
    1.8.4.Apple
    1.8.5.Ant Group
    1.8.6.Gojek
    1.8.7.Grab

第Ⅲ章 コード決済市場の実態

1.コード決済市場の動向
  1.1.モバイル決済におけるコード決済
  1.2.主要コード決済サービスの概要
    1.2.1.PayPay
    1.2.2.楽天ペイ
    1.2.3.d払い
    1.2.4.au PAY
    1.2.5.メルペイ
  1.3.決済対応状況
  1.4.主要コード決済の実績動向
  1.5.コード決済市場規模・シェア
    1.5.1.コード決済の取扱高シェア(2021年度)
  1.6.主要コード決済事業者の経緯
  1.7.主要コード決済事業者の戦略
  1.8.主要コード決済事業者のビジネススキーム
  1.9.主要コード決済事業者の利用拡大に関する取組み
  1.10.主要コード決済事業者の加盟店拡大に向けた取組み
  1.11.主要コード決済事業者のアプリの機能拡充に向けた取組み
  1.12.主要コード決済事業者の他事業者との連携に関する取組み
  1.13.主要コード決済事業者のデータ活用に関する取組み・見解
  1.14.主要コード決済事業者の今後の方向性
2.モバイル決済市場規模推移と予測(2020~2026年度予測)
3.コード決済市場の展望

第Ⅳ章 個別企業の実態

PayPay株式会社(PayPay)
楽天ペイメント株式会社(楽天ペイ(アプリ決済))
株式会社NTTドコモ(d払い)
KDDI株式会社(au PAY)
株式会社メルペイ(メルペイ)
LINE株式会社(LINE)

ショートレポート
「2022年版 エンベデッド・ファイナンスの実態と展望 ~コード決済編~」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「2022年版 エンベデッド・ファイナンスの実態と展望 ~コード決済編~(2022年発刊、税込198,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 モバイル決済におけるコード決済の動向

3.注目トピック
  コード決済と金融機能に関する動向 ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • コード決済市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2019~2021年度実績、2022年度見込、2023~2026年度予測
  • モバイル決済市場規模の推移(2020~2026年度予測)
  •  ※データ掲載年:2020~2021年度実績、2022年度見込、2023~2026年度予測

※本レポートは、2022年発刊の「2022年版 エンベデッド・ファイナンスの実態と展望 ~コード決済編~」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です