プレスリリース

20150107
エステティックサロン市場に関する調査結果 2014

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内エステティックサロン市場の調査を実施した。

1.調査期間:2014年9月~12月
2.調査対象:エステティックサロン、エステティックサロン関連商材取扱企業
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリングならびに郵送アンケート調査併用

<エステティックサロンとは>
 本調査におけるエステティックサロンとは、エステティシャンが手技、化粧品、機器を使用して施術するサロンを指す。また、エステティックサロン市場規模には、美顔市場や痩身・ボディ市場、脱毛市場、メンズエステ市場、物販・その他の市場が含まれる。なお、セルフエステ、訪問エステ、理美容エステ、メディカルエステなどは対象外としている。

調査結果サマリー

◆ 2014年度のエステティックサロン市場規模は前年度比101.6%の3,611億円の見込み
2014年度のエステティックサロン市場規模(事業者売上高ベース)は3,611億円で、前年度比101.6%の見込みである。美顔、痩身・ボディ、メンズエステ、物販については、消費税増税の影響を受けて横這いもしくは微減傾向で推移した。しかしながら、脱毛に特化した低価格サロンが急速に事業を拡大して脱毛市場が拡大したことから、2014年度のエステティックサロン市場は拡大推移を見込む。


◆ 今後の市場拡大のためには、消費者の信頼獲得を第一に、アンチエイジングを訴求した新たな施術の提案と物販の強化が必要
今後のエステティックサロン市場は、横這いから微増傾向で推移するものと予測する。エステティック認証制度などの業界一丸となった活動の継続による消費者の信頼獲得と、アンチエイジングを訴求した新たな施術の提案、サロンと併せた相乗効果としてのホームケア向けの物販強化、海外展開の強化などの取り組みが市場拡大の鍵となると考える。

1342_1.gif

無断転載禁止