プレスリリース

20150226
全国パチンコ経営企業数及び店舗数に関する調査結果 2014
~企業数、店舗数ともに減少が続く~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のパチンコホール経営企業・店舗の調査を実施した。

1.調査期間:2014年9月~12月
2.調査対象:全国のパチンコホール経営企業および全国のパチンコホール
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談・電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査等を併用

調査結果サマリー

◆2014年12月末のパチンコホール経営企業数は3,702企業、店舗数は11,292店舗
 2014年12月末のパチンコホール経営企業数は3,702企業であった。2013年末から2014年末までの一年間で116企業が減少しており、資本や経営者などで関連する企業グループでは93グループ減少の2,850グループであった。また、パチンコホール経営企業3,702社が営業するパチンコ店舗数は11,292店舗であった。2013年末時点から246店舗が減少し、経営企業数と同様に店舗数も減少が続いている。

◆2014年の新規出店数は222店舗
 パチンコホール経営企業3,702社が、2014年に新規出店した店舗数は222店舗に留まった。新規出店数は年々微減状況にあり、出店地は大都市圏に偏っている。また、この数年は遊技機台数が1,000台を超える大規模店の新規出店が散見されている。

◆2014年12月末の遊技機台数は約458万台、店舗減少に反して微増の推移
 店舗数減少での遊技機台数減少を新規出店・店舗リニューアルでの遊技機台数規模の大型化が上回っており、全国の遊技機台数は微増で推移している。
 パチンコ機、パチスロ機別では、パチスロ機での増加傾向が強いことが分かり、2014年末のパチスロ機の設置台数は2010年比で125.6%に達している。

資料発刊
2015 パチンコ経営企業総覧(東日本版)
2015 パチンコ経営企業総覧(西日本版)

1360_1.gif