プレスリリース

20150318
情報システム子会社の市場規模に関する調査結果2015
~親会社の海外システム統合案件等により、市場は微増推移~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の情報システム子会社市場の調査を実施した。

1.調査期間:2014年11月~2015年2月
2.調査対象:日本国内の情報システム子会社
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用

<情報システム子会社とは>
 情報システム子会社とは、企業(親会社)の情報システム部門から分社化され、親会社のシステム業務(開発・運用・保守など)を受託している情報サービス会社を指す。情報システム子会社の市場規模は、内販分(親会社やグループ会社からの受託売上高)だけでなく、外販分(親会社やグループ会社以外からの受託売上高)も含めた売上高から算出した。

調査結果サマリー

◆IT投資の増加、マイナンバー対応のシステム改修需要で、2014年度の情報システム子会社の市場規模は前年度比1.2%増の1兆9,400億円の見込
 2013年度~2014年度は、国内経済の景況感改善等の影響によりこれまで民間企業が抑制していたIT投資が増加した他、外販においては地方自治体における社会保障・税番号(マイナンバー)制度対応のシステム改修需要も見られたため、2014年度の情報システム子会社の市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比1.2%増の1兆9,400億円となる見込みである。

◆2017年度の情報システム子会社の市場規模は2兆30億円、東京オリンピックやマイナンバーの官民連携などの需要に期待
 2015年度の情報システム子会社市場は、外販でマイナンバー対応需要の拡大が見込める他、内販においてはグローバル進出に伴うシステム統合・開発案件が増加傾向にあるため、前年度比1.9%増と予測する。2016年度~2017年度は、外販ではグローバル進出に伴うシステム統合・開発案件が引き続き見られるものの、内販ではグローバル案件が一段落していると見込まれることや、クラウド化やオフショア化の進展がITコストを低下させていくと想定し、横ばいの推移に留まると予測する。但し、東京オリンピックやマイナンバーの官民連携等に関連する需要は徐々に見られるようになってくると考える。情報システム子会社市場の2013年度から2017年度までの年平均成長率は1.1%で推移し、2017年度の同市場は2兆30億円(事業者売上高ベース)になると予測する。

1366_1.gif

この調査結果掲載の資料

無断転載禁止