プレスリリース

20150901
車載用センサの世界市場に関する調査結果 2015
~環境規制・低燃費、安全を軸に、車載用センサの世界市場は2020年に3兆円突破を予測~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用センサの世界市場について調査を実施した。

1.調査期間:2015年4月~7月
2.調査対象:カーエレクトロニクスメーカ、半導体メーカ、電子部品メーカ等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<車載用センサとは>
 車載用センサとは、自動車の各種システムを制御するために必要な情報(回転、角度、圧力、衝撃、速度、物体)を検知するためのデバイスを指す。本調査では、エンジンを制御するパワートレイン、電動パワーステアリングやブレーキなどのシャーシ/セイフティ、ヘッドライトやエアコンなどのボディ、ADAS(Advanced Driving Assistant System:先進運転支援システム)、HV(Hybrid Vehicle) /EV(Electric Vehicle)向けなどの制御系別に搭載分野を分類した。
 センサデバイスの種類は磁気センサ、半導体によるMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)センサなどがあり、乗用車および車両重量3.5t以下の商用車に搭載されるデバイスを対象とする。

調査結果サマリー

◆2014年における車載用センサの世界市場は、前年比26.8%増となる2兆2,543億円
 パワートレイン向けやADAS(先進運転支援システム)向けセンサの市場が堅調に増加し、2014年の車載用センサの世界市場規模(メーカ出荷金額ベース)は2兆2,543億円(前年比26.8%増)に拡大した。制御系別に内訳をみると、最も構成比の大きいのがパワートレイン向けセンサの9,129億円で市場全体の40.5%を占める。次いで、シャーシ/セイフティ向け6,714億円(29.8%)、ボディ向け3,625億円(16.1%)、ADAS向け2,973億円(13.2%)、HV/EV向け102億円(0.5%)となった。

◆2020年における車載用センサの世界市場は、環境規制や燃費向上、ADASの普及拡大などがプラス要因となり3兆1,487億円に達すると予測
 今後、環境規制や燃費向上のために、ダウンサイジングエンジンの採用、トランスミッションの多段化が進展し、パワートレイン向けセンサの需要は拡大する。さらに、日本、米国、欧州および中国市場におけるADASの普及拡大が期待されるために、車載用センサの世界市場は、2014年から2020年までの年平均成長率(CAGR)が5.7%で成長し、2020年の同市場規模(メーカ出荷金額ベース)は3兆1,487億円に達すると予測する。

◆ADAS向けセンサの伸びが最も大きく、2020年の市場規模は9,094億円、2014年から2020年までの年平均成長率は20.5%に達すると予測
 今後、ADASの検知精度向上、多機能化のために、複数個のセンサを搭載するセンサフュージョンが中心になり、車両1台あたりに搭載されるADAS向けセンサの数量も増加する。また、フロントだけでなく、サイドやリア検知向けセンサの需要も見込める。このため、2014年から2020年までのADAS向けセンサ世界市場の年平均成長率(CAGR)は20.5%で成長し、2020年の同市場規模(メーカ出荷金額ベース)は9,094億円に達すると予測する。


この調査結果掲載の資料

無断転載禁止