プレスリリース

20151104
太陽電池モジュール世界市場に関する調査結果 2015

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて太陽電池モジュール世界市場に関する調査を実施した。
 
1.調査期間:2015年6月~9月
2.調査対象:太陽電池メーカー、太陽光発電システム販売会社、システムインテグレーターなど
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
 
<太陽電池モジュール市場とは>
 本調査における太陽電池モジュール市場規模とは、太陽電池モジュール供給量(単位:MW)を予測し、次に各年のモジュール供給価格を算出、それぞれを乗じて金額規模を予測した。また、世界市場は暦年(1‐12月)ベースで、日本市場は年度(4‐3月)ベースで、それぞれ算出している。

調査結果サマリー

◆2015年の太陽電池モジュール世界市場を前年比25.4%増の54,500MW、金額ベースでは前年比11.2%増の1,199億ドルになると予測
 2015年の太陽電池モジュール世界市場規模は、地球温暖化ガス排出規制等により導入が進み、モジュール供給量ベースで54,500MW(前年比25.4%増)に拡大すると予測する。供給量ベースでは大きく拡大するものの、モジュール供給価格の急落によって、2015年の市場規模(金額ベース)の伸び率はその半分程の前年比11.2%増、1,199億ドルに留まると予測する。

◆新たなビジネスモデルを模索する太陽電池メーカー
 太陽電池メーカーは、太陽電池の製造・販売事業における赤字体質から脱却するため、太陽電池を用いた新たなビジネスモデルとしてO&M(Operation & Maintenance)事業、電力小売事業など、太陽光発電システムからのビジネスモデル転換に注力している。

◆2025年の太陽電池モジュール世界市場は147,510MW、金額ベースでは782億ドルになると予測
 今後も中国や米国の他、東南アジア、インド、アフリカ、オセアニアなどの地域で太陽光発電システムの設置が増加し、太陽電池モジュール世界市場(モジュール供給量ベース)は、2015年から2025年まで年平均成長率が10.5%で成長し、2025年の同市場規模は147,510MW へ拡大すると予測する。しかし、市場におけるモジュール供給価格は今後も下落し続け、金額ベースでの2015年から2025年までの年平均成長率は-4.2%となり、2025年の同市場規模(金額ベース)は782億ドルに留まるものと予測する。




こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

この調査結果掲載の資料

無断転載禁止