プレスリリース

20160426
理美容市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内における理美容市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年1月~3月
2.調査対象:理美容チェーン、理美容商社・卸、理美容化粧品メーカー、理美容機器メーカー等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに郵送アンケート調査併用

調査結果サマリー

◆2015年度の理美容市場は、前年度比99.5%の2兆1,658億円と微減
 2015年度の理美容市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比99.5%の2兆1,658億円になった。消費税増税から一年が経ち、消費マインドの緩やかな回復に伴い、理容市場では客単価下落の改善がみられた。また、美容市場では、ヘアケアカテゴリーを中心としたヘアケア・スカルプ系の施術とホームケア商品の物販の売上げは伸長している。2016年度の理美容市場(同ベース)を前年度比99.5%の2兆1,550億円と予測する。

◆大手サロンチェーンは多方面へのブランド戦略で顧客ターゲット層を拡大
 美的感覚や生活スタイルの合致、費用対効果、スタッフとのコミュニケーションや居心地の重視など、サロンに対する顧客ニーズは多様化している。そのため、大手サロンチェーンでは、今まで以上にブランドと顧客階層を細分化し、施術の質と量の最適化や想定顧客毎のクラス分類によるブランディングを進行させている。また、中・高価格帯で付加価値サービスの提供に重点を置いてきたサロンチェーンでは、成長を続ける低価格サロンチェーンの市場からも顧客を獲得する戦略が求められており、持続的な事業成長のための重要な取り組みとなっている。


この調査結果掲載の資料

無断転載禁止