プレスリリース

20160705
化粧品受託製造市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内における化粧品受託製造市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年4月~6月
2.調査対象:化粧品受託製造企業、化粧品ブランドメーカー等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話等による間接調査、ならびに文献調査併用

<化粧品受託製造市場とは>
 本調査における化粧品受託製造市場とは、化粧品ブランドメーカーや異業種企業、小売事業者等から委託され、スキンケアやメイクアップ、ヘアケア、その他化粧品を製造する市場を指し、化粧品受託製造企業の事業者売上高ベースで市場規模を算出した。

調査結果サマリー

◆2015年度の化粧品受託製造市場は、前年度比105.5%の2,403億円
 2015年度の国内化粧品受託製造の市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比105.5%の2,403億円となった。化粧品受託製造市場が拡大している要因としては、2005年の改正薬事法施行を背景として、化粧品ブランドメーカーの製造のアウトソーシングの進行、訪日外国人客によるインバウンド需要の拡大、アジア諸国を中心とした日本製化粧品の輸出増加の3つが挙げられる。

◆市場は拡大基調で推移し、2020年度の化粧品受託製造市場を2,861億円と予測
 大手化粧品ブランドメーカーは、国内化粧品市場の需要予測を見据え、従来のマルチブランド・マルチチャネル体制におけるブランド・製品ポジションの事業ポートフォリオの明確化と再配置を行っており、国内での化粧品製造はアウトソーシングが更に進展する。加えて、インバウンド需要の恩恵や、メイドインジャパンとして評価が高い日本製化粧品の輸出など、アウトバウンド需要の拡大も期待できると考える。2016年度の国内化粧品受託製造の市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比104.2%の2,504億円、2020年度には2015年度比119.1%の2,861億円になると予測する。


無断転載禁止