プレスリリース

20160711
先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査を実施(2016年)
~2020年におけるADASキーデバイス/コンポーネントの世界市場は1兆円を突破~

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査を実施した。

1.調査期間:2016年3月~6月
2.調査対象:カーエレクトロニクスメーカ、半導体メーカ、自動車メーカ
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<ADAS用キーデバイス/コンポーネントとは>
先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driving Assistant System、以下ADAS)は、車両のフロントやサイド、リアに装着されたセンサデバイスにより車両の周辺状況を検知し、事故を未然に防ぐシステムである。主な運転支援機能は、LKS(車線維持支援)やACC(前方車両追従)、AEB(緊急自動ブレーキ)、TSR(標識認識)などがある。
本調査におけるADAS用キーデバイス/コンポーネントとは、車両のフロントおよびサイド、リアに搭載された各種センサユニット(76/77GHzミリ波レーダ、24/25GHz準ミリ波レーダ、(ADAS用)カメラ、赤外線レーザ、ナイトビジョン、超音波センサ)などを指す。いずれも、乗用車および車両重量3.5t以下の商用車に搭載されるキーデバイス/コンポーネントを対象とする。

調査結果サマリー

◆ 2015年におけるADAS用キーデバイス/コンポーネントの世界市場は4,327億円
2015年のADAS用キーデバイス/コンポーネント世界市場規模(自動車部品メーカTier1出荷金額ベース)は前年比39.5%増となる4,327億7,900万円となった。2015年から本格的な拡大基調に入っており、ADAS装着車が日米欧で急増している。


◆ ADAS用キーデバイス/コンポーネント世界市場規模の2014年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は29.3%で推移し、2020年には1兆4,475億円に成長と予測
欧州と日本における新車アセスメントプログラム(New Car Assessment Programme:NCAP)において歩行者AEBの評価試験が2016年から始まり、米国でもAEBの標準化についての発表が米国運輸省(USDOT)からされている。このため、2016年~2018年にかけてAEBの標準搭載が日米欧で進み、2020年の市場規模は1兆4,475億5,500万円に達すると予測する。


◆ ADAS用カメラは年平均43.6%で成長し、2020年の世界市場規模は6,800億円に伸張
歩行者AEBに対応するためにフロントに搭載されるADAS用カメラが日米欧で必須となる。また、自動運転機能を実現するためにADAS用カメラの高性能化も進み、車両1台あたりの搭載個数も増える。このため、2014年~2020年における年平均成長率(CAGR)43.6%で市場は拡大し、2020年のADAS用カメラの世界市場規模は6,800億3,000万円に伸張すると予測する。




こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

無断転載禁止