プレスリリース

20160817
流通菓子市場に関する調査を実施(2016年)
~大人消費を取り込み、好調に推移する流通菓子市場~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の流通菓子市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年5月~7月
2.調査対象:流通菓子メーカー、菓子卸売業、関連団体等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<流通菓子市場とは>
流通菓子とは、量販店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ディスカウントストア、駅構内売店などの小売流通チャネルにて販売される菓子類である。本調査ではチョコレート、ビスケット類、米菓、豆菓子、スナック菓子、チューインガム、キャンディ・キャラメル、輸入菓子、その他菓子製品(錠菓、玩具菓子など)の主要9品目を対象とする。

調査結果サマリー

◆2015年度の流通菓子市場規模は、前年度比102.0%の1兆9,841億円の見込
 2014年度の流通菓子市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年度比104.0%の1兆9,452億円であった。2015年度は同102.0%の1兆9,841億円の見込みで、2年連続で拡大する見通しである。2014年4月に消費増税があり、嗜好品である流通菓子の需要減退が懸念されたが、その影響は軽微であり、価格改定の浸透、コンビニエンスストアやドラッグストアの店舗数増加、ドラッグストアの食品取扱い構成比の上昇、訪日外国人客によるインバウンド需要の増加など、様々な要因が作用し、市場は好調に推移している。

◆2015年度はチューインガムと輸入菓子を除く全ての製品カテゴリで市場が拡大の見込
 製品カテゴリ別に流通菓子市場をみると、2015年度の構成比はチョコレート18.6%、スナック菓子15.2%、米菓13.8%、ビスケット類12.6%、キャンディ・キャラメル10.4%の見込みである。特に、構成比の大きいチョコレートとビスケットが高い伸長率を示すなど、チューインガムと輸入菓子を除く全ての製品カテゴリにおいて、市場は拡大基調で推移する見通しである。

◆大人消費の取り込みが、流通菓子市場の成長のカギに
 流通菓子は、子供のおやつに対応した商品が数多く存在するが、少子高齢化が進む中で、大人をターゲットにした商品開発に菓子メーカー各社が注力しており、こうした大人消費がここ数年の流通菓子市場を下支えしている。実際に、ロングセラー商品の素材や製法に対する拘りを強めたプレミアム商品や、健康機能性を切り口にした商品などがここ数年人気を呼んでいる。モノがあふれる中で、‘少々割高でも味や品質が良いものを食べたい’というニーズが顕在化していると考える。


この調査結果掲載の資料

無断転載禁止