プレスリリース

20160923
パチンコ関連機器市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のパチンコ関連機器市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年4月~7月
2.調査対象品目:パチンコ機・パチスロ機等の遊技機、周辺設備機器
3.調査対象企業:パチンコ機メーカー、パチスロ機メーカー、周辺設備機器メーカーなど
4.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<パチンコ関連機器市場とは>
 パチンコ関連機器市場とは、パチンコ機市場、パチスロ機市場、周辺設備機器市場の総称である。また、周辺設備機器市場とは、ホールコンピューター、玉補給機器などのホール内の設備機器の市場の総称である。

調査結果サマリー

◆2015年度のパチンコ関連機器の市場規模は1兆1,334億円、前年度比で91.9%
 2015年度のパチンコ関連機器の市場規模は1兆1,334億円(メーカー売上金額ベース)となり、前年度比で91.9%、1,001億円のマイナス成長となった。

◆2015年度の遊技機市場は前年度比91.0%の大幅減、遊技機市場は1兆円を割る
 パチンコ関連機器市場の過半を占めるパチンコ機の2015年度市場規模は6,130億円(メーカー売上金額ベース)、前年度比94.0%となり、4期連続のマイナス成長となった。一方の2015年度のパチスロ機市場も前年度比86.5%の3,697億円(同ベース)と大幅に縮小し、数年来好調だったパチスロ機市場も2014年度に引き続いて二ヶ年度連続のマイナス成長となった。例年、パチンコ機とパチスロ機を合わせた遊技機の市場規模は合算で1兆円を超える大型市場であったが、2015年度には前年度比91.0%の9,827億円(同ベース)と大幅減となり、遂に1兆円の大台を割った。

◆新規出店等は伸び悩んだが、2015年度の周辺設備機器市場は前年度微減の1,506億円
 2015年度の周辺設備機器の市場規模は1,506億円(メーカー売上金額ベース)となり、前年度から微減で推移した。周辺設備機器市場の主要な販売契機は新規出店とリニューアル等での設備導入であるが、2015年の新規出店数は221店舗であった。年間の新規出店数の8割程度を大手パチンコホール経営企業が占めているが、パチンコ機の稼働低迷、遊技機規則の問題など、2015年以降からの多くの懸案事項を抱えるなか、パチンコホール経営企業の新規出店計画も保守的にならざるを得ない。


無断転載禁止