プレスリリース

20161014
スポーツシューズ市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のスポーツシューズ市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2016年5月~8月
2. 調査対象:スポーツシューズメーカー、輸入商社、卸売業、小売業など
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに郵送アンケートによる調査を併用

<スポーツシューズ市場とは>
 本調査におけるスポーツシューズ市場とは、スポーツ用品メーカー・靴履物メーカーがスポーツシューズとして出荷している商品を対象とし、メーカー出荷足数・金額ベースでそれぞれ算出した。

調査結果サマリー

◆2015年のスポーツシューズ国内市場規模は数量ベースで前年比104.1%、金額ベースで同106.5%と拡大
 2015年のスポーツシューズ国内市場規模(メーカー出荷ベース)は、数量ベースで前年比104.1%の8,914万足、金額ベースで同106.5%の3,524億6,000万円となった。

◆2015年の多目的シューズ(一般カジュアルスニーカー)国内市場規模は数量ベースで前年比109.2%、金額ベースで同115.2%と大幅なプラス成長
 スポーツシューズ市場で約3割を占める多目的シューズ(一般カジュアルスニーカー)の2015年国内市場規模(メーカー出荷ベース)は、数量ベースで前年比109.2%の2,808万足、金額ベースで同115.2%の1,098億9,000万円と大幅なプラス成長となった。スニーカーブームと訪日外国人客による旺盛な需要に加え、2015年から2016年にかけては暖冬であったことから、重厚感のあるブーツスタイルが敬遠されカジュアルスニーカーへ一部の需要が流れたことも、多目的シューズ市場のプラス成長に大きく寄与した。さらに、2015年までの円安の影響で輸入コストが上昇したため、メーカー希望小売価格を上げる動きが目立ったことも、出荷金額が伸長する要因になった。これらの理由によって、多目的シューズ(一般カジュアルスニーカー)の国内出荷金額は1,000億円の大台を突破している。

◆2016年のスポーツシューズ国内市場規模は数量ベースで前年比104.3%、金額ベースで同105.9%と予測
 2016年のスポーツシューズ国内市場規模(メーカー出荷ベース)は、数量ベースで前年比104.3%の9,296万足、金額ベースで同105.9%の3,733億5,000万円と予測する。引き続きスニーカーブームやランニングブームが続いていることもあり、この両カテゴリーがスポーツシューズ市場全体を牽引すると予測する。


この調査結果掲載の資料

無断転載禁止