プレスリリース

20161019
IPカメラ国内市場に関する調査を実施(2016年)
~映像データの数値化で、新たな市場の登場が期待される~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にてIP(ネットワーク)カメラ及び画像解析・VCA(Video Content Analysis)システムにおける国内・世界市場の調査を実施した。ここでは国内市場を取り上げる。

1.調査期間:2016年4月~9月
2.調査対象:主要国内ネットワークカメラメーカー、代理店、SIer等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<IP(ネットワーク)カメラとは>
本調査におけるIP(ネットワーク)カメラとは、IP 機能を内蔵し、単独でインターネット網に接続して使用可能な業務用カメラをさす。

調査結果サマリー

◆ 2015年のIPカメラ国内市場規模は前年比12.7%増の78万台、今後も拡大を予測
2015年のIP(ネットワーク)カメラ国内市場規模は、メーカー出荷台数ベースで前年比12.7%増の78万台であった。今後も14%以上の成長率を予測する。特に2018年、2019年には、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた需要増もあり、大きく成長するものと考える。


◆ 注目される画像解析・VCA(Video Content Analysis)システムが市場を牽引
従来考えられてきた顔認証、人流計測、異常行動検知に留まらず、POS レジと連動させたマーケティング分析や、入退室管理と連動させたセキュリティコントロール、RF-ID 等の他システムとの連携などが展開されるようになった。多様な分野において画期的なソリューションをもたらしている画像解析・VCA(Video Content Analysis)システムは、いよいよ普及期に向かうものとみられる。


無断転載禁止