プレスリリース

20161104
ホームファッション市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内ホームファッション市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年8月~10月
2.調査対象:ホームファッション業界に携わるメーカー、卸、小売業者等
3.調査方法:当社専門研究員による面談ヒアリング、電話取材、文献調査を併用

<本調査におけるホームファッション市場とは>
本調査におけるホームファッション市場とは、「ベッドリネン・寝具」「タオル製品」「ナイトウェア・ホームウェア」「ホームファニチュア」「インテリアファブリックス」「ホームライティング」「キッチン・テーブルウェア」の7分野を対象とする。主に一般家庭用を対象とするが、「ホームファニチュア」「キッチン・テーブルウェア」には一部法人需要が含まれる。

調査結果サマリー

◆ 2015年のホームファッション小売市場規模は前年比102.1%の3兆5,070億円とプラス成長で推移
2015年のホームファッション小売市場規模は前年比102.1%の3兆5,070億円であった。食に対する消費者の関心の高まりや、機能とデザイン性に優れた海外ブランドの増加、テレビ番組の料理プログラムの増加を背景にキッチンツールが牽引し、キッチン・テーブルウェアが市場規模を拡大させた。
また衣食住のカテゴリーを超えてライフスタイルを提案する、ストアブランド人気の高まりによりホームファニチュアが好調に推移した。


◆ 2016年は顧客への付加価値のあるサービス提供から新たな需要を開拓する動きに注目
2016年のホームファッション小売市場規模は前年比101.9%の3兆5,740億円を予測する。量販店(GMS)による商品の体験コーナーを設置するなどの接客サービスの強化や、個々のライフスタイルに訴求するライフスタイル提案型ショップの取り組みなど、商品のみならず顧客への付加価値のあるサービス提供から新たな需要を開拓する動きが注目される。


この調査結果掲載の資料

無断転載禁止