プレスリリース
No.1996
2018/10/09

2018年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場は4,459億円と予測
​~ユーザー投資が本格化し市場は堅調に拡大、勤怠管理・ビジネスコミュニケーション関連商材が伸長​~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のワークスタイル変革ソリューション市場を調査し、製品カテゴリー別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

ワークスタイル変革ソリューション市場規模推移と予測
ワークスタイル変革ソリューション市場規模推移と予測

1.市場概況

 2017年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場規模(事業者売上高ベース)を前年度比5.0%増の4,170億円と推計した。2017年の動向としては、3月の「働き方改革実行計画」の閣議決定に加え、長時間残業による労災問題が社会的に注目を集め、長時間残業抑止ツールや勤怠・労務管理システムの導入及び入れ替えが広がった。
 また、7月には政府主管で「テレワーク・デイ」第一回目が実施され、企業におけるテレワーク浸透が推進された。テレワークはセキュリティ・マネジメント面での課題があるため、制度およびシステム導入は一部企業に留まってはいるが、テレワーク関連商材(デスクトップ仮想化、在席管理システム、Web会議システム、モバイル端末管理など)の普及が進んだ。しかし、導入はしたものの利用率が高まっていないという課題があり、今後はテレワーク利用における定着化や遠隔コミュニケーション強化、データ・ナレッジ共有を含めた支援サービスの需要が高まると考える。
 加えて、大手企業では、社内で活用していた各種のコミュニケーションや情報共有のためのツールやOffice製品を、統合型情報共有クラウドサービスに集約するといった動きがみられた。フリーアドレス制オフィスの導入を行った企業では、各種ICT設備投資のほか、電話を固定電話からモバイル回線に一部置き換え、内線電話をスマートフォンで受信可能にするなど、物理的なオフィスの変革に合わせたIT投資が始まっている。また、これまではIT投資に様子見であった企業でも、比較的初期投資を抑えることができる、Web会議システム・クラウド型グループウェア・名刺管理システム・タスク管理機能つきビジネスチャットツールなどの導入が進んだ。

2.注目トピック

シェアオフィス・コワーキングスペース

 柔軟な働き方の実現を目的に、テレワーク・モバイルワークが浸透する中で、シェアオフィス・コワーキングスペースへの新たな需要が高まっている。シェアオフィス・コワーキングスペースとは、その企業で働く人だけが使用するような従来のオフィスではなく、様々な企業・業種の従業員や個人利用者が執務スペースを共有する、という新しい形のオフィスを指す。
 シェアオフィス・コワーキングスペースでは、複数の会社の従業員や個人利用者が、多人数で一つの空間を共有し、フリーアドレス制の執務スペースを提供される。シェアオフィス・コワーキングスペースを利用する利点として、①通勤・移動時間の短縮、②移動交通費の削減、③社外リソースとの協働、などが挙げられる。シェアオフィス・コワーキングスペースの間に明確な定義はないが、シェアオフィスは「仕事の作業場」、コワーキングスペースは「利用者同士のコミュニケーションとコミュニティ形成」が活用の主目的とされる。コワーキングスペースでは、利用者同士のコミュニケーションを活性化させるようなイベントや支援サービスが提供されている。
 過去、シェアオフィス・コワーキングスペースの利用者は個人事業者や小規模事業所、スタートアップ企業など、オフィス投資の予算が小額の場合や、限定された期間利用のケースが多かった。しかし近年、働き方の多様化に伴う「サードプレイスオフィス」に対する需要、グローバルでの市場競争に対抗するための協働・協創ニーズへの高まりを背景に、大手・中堅企業の法人契約が進んでいる。こういった企業にとって、シェアオフィス・コワーキングスペースの利用は一時的措置ではなく、経営戦略の一つとして、長期利用を選択している。
 このような背景から、数年前までは、比較的、隙間産業と見られる傾向のあったシェアオフィス・コワーキングスペース市場へ、この1~2年で多数の大手事業者が参入している。今後、東京では今後数年にわたり、不動産市場でグレードが高いオフィスの大量供給を控えており、これとともに空室率の上昇が予見される。不動産事業者によるサードプレイスオフィス創出の取り組みは、ユーザー企業の需要の高まりや、政府による働き方改革の推進といった要因が追い風となり、一層進んでいくだろう。

3.将来展望

 2018年度以降、働き方改革に向けた投資を本格化する企業が増加し、初期投資が膨らみやすいファシリティ関連ソリューション、後回しになりがちであったセキュリティ関連ソリューション、各種システム・機能の統合を目的としたインテグレーション案件が増加する見通しである。このほか、ホワイトカラー職種の定型業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)は、認知度が高まった2017年度は導入には様子見の企業が大半であったものの、2018年度には導入に踏み込む企業が増加する見込みである。
 以上のようなことから、当該市場は今後も堅調に拡大していき、2016年度から2022年度までの年平均成長率(CAGR)は6.0%で推移し、2022年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場規模(事業者売上高ベース)は5,618億4千万円になると予測する。


 

こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

調査要綱

1.調査期間: 2018年1月~8月
2.調査対象: ワークスタイル変革関連ソリューション提供事業者・関連団体
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、文献調査その他併用

<ワークスタイル変革ソリューション市場とは>

 働き方改革においては、法整備や社会インフラの充実のほか、ICTの活用が重要な役割を担う。本調査では、働き方改革を目的として業務効率化・生産性向上を実現するICT製品・サービス・ソリューションをワークスタイル変革ソリューションと定義した。
また、ワークスタイル変革ソリューション市場規模は、1.環境(ファシリティ・設備)、2.テレワーク・モバイルワーク、3.業務サポート、4.コミュニケーション・情報共有、5.文書電子化・ペーパレス化、6.人事・労務・総務・健康経営、7.業種特化型および個別ソリューションの7領域のICT製品・サービス・ソリューションを対象とし、事業者売上高ベースで算出した。

<市場に含まれる商品・サービス>

1.フリーアドレス構築、2.サウンドマスキングシステム・オフィス向けBGMサービス、3.電子掲示板(デジタルサイネージ)、4.シェアオフィス・コワーキングスペース、5.シンクライアント・デスクトップ仮想化・クライアント仮想化(VDI : Virtual Desktop Infrastructure)、6.BYOD(Bring Your Own Device)、7.MDM(Mobile Device Management)、8.CRM / SFA、9.名刺管理システム、10.ワークフロー、11.RPA、12.経費精算システム、13.ビデオ・Web会議システム、14.グループウェア・社内ポータル 、15.社内SNS・ビジネスチャット、16.在席管理システム、17.クラウドPBX、18.文書保管・保存・文書電子化・デジタル化・ファイル共有サービス、19.複合機連携サービス、20.電子認証サービス・電子証明書、21.労務可視化・残業時間抑止、22.EAP、23.タレントマネジメント、24.健康指導・健康支援、25.従業員エンゲージメント強化、26.オフィス向けBtoEサービス、27.現場管理運営、28.来客対応、29.VR/3D見学システム、30.トイレ空き室管理システムなど

出典資料について

資料名
発刊日
2018年9月25日
体裁
A4判 600頁
定価
180,000円(税別)

お問い合わせ先

部署
マーケティング本部 広報チーム
住所
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号
03-5371-6912
メールアドレス
press@yano.co.jp
©2018 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
  本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
  報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
  利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。