プレスリリース
No.2042
2018/11/30

2017年の国内ギフト市場規模は前年比102.3%とプラス成長!!
~カジュアルギフト需要が市場を牽引~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ギフト市場の調査を実施し、オケージョン別の動向、チャネル別の動向、アイテム別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

図1. ギフト市場規模推移と予測
図1. ギフト市場規模推移と予測
図2. 中元・歳暮市場規模推移と予測
図2. 中元・歳暮市場規模推移と予測

1.市場概況

2017年の国内ギフト市場規模は、小売金額ベースで前年比102.3%の10兆4,430億円であった。

近年は母の日、父の日、敬老の日といった、自分より目上の人に贈るカジュアルギフトが大きく拡大している。高齢化社会の進展で贈られる対象人口が増加したこと、贈る側の年齢層も高まり購入単価の上昇がみられたことなどが大きな要因であるが、身近にいる大切な人に対するギフトが重要視され、日頃の感謝の気持ちを表す機会となっている。

また、緩やかな景気回復を背景に、法人ギフト需要が好調である。キャンペーンなどの販売促進(セールスプロモーション)需要、企業の周年記念品や従業員に対するインセンティブなどのギフト需要が増加しており、なかでも販売促進では、ソーシャルギフトという新たなギフトサービスの開発、浸透によって、ノベルティ需要を後押ししている。

2.注目トピック

強まる「贈り先ファースト」

儀礼的な意味合いの強いフォーマルギフトにおいて、以前は贈るモノ(物品)よりも贈るコト(行為)自体が重要視され、洗剤やタオル、食用油などの常備品や日持ちの良いものなど、一般的で無難な商品を贈る傾向が強かったが、昨今は、「相手の喜ぶようなモノ」を贈りたいという需要が増えており、いわゆる“贈り先ファースト”が商品選びのポイントとなっている。贈る側のこだわりだけでなく、贈られる側を意識したギフト選びの傾向が高まっている。

3.将来展望

2018年の国内ギフト市場規模は小売金額ベースで、前年比101.1%の10兆5,610億円を見込み、2019年は前年比100.9%の10兆6,580億円を予測する。

儀礼的な要素の強いフォーマルギフトは時代の流れと共に縮小傾向にあるものの、「ギフト」を贈るというコミュニケーション手段は、親、子供、友人等といったよりパーソナルな、そしてより親密な間柄において重要度を増していることから、今後もカジュアルギフト需要を中心に市場は拡大基調にあるものと考える。

こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

調査要綱

1.調査期間: 2018年8月~9月
2.調査対象: ギフト卸・メーカー、小売(百貨店・量販店・専門店・通販)等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、郵送アンケート、文献調査併用

<ギフト市場とは>

本調査におけるギフト市場とは、個人、法人における贈り物や進物などを対象とし、中元・歳暮需要を含む。
なお、2015年の調査時よりギフトの流通構造を見直し、小売と卸、あるいはメーカーの販売額が重複していたものを極力小売金額ベースに統一換算し、再算出を行なっている。そのため、かつての公表値とは乖離がある。

<市場に含まれる商品・サービス>

ギフトには、お祝いやお礼、感謝、挨拶、お詫び等の意味を込めて贈るものがすべて含まれる。ギフトを贈る主体は個人だけでなく法人も存在しており、企業がノベルティやキャンペーン等の景品として配る商品、周年記念や福利厚生、インセンティブとして従業員に贈る商品もギフトに含まれる。

出典資料について

資料名
発刊日
2018年9月28日
体裁
A4判 489頁
定価
150,000円(税別)

お問い合わせ先

部署
マーケティング本部 広報チーム
住所
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号
03-5371-6912
メールアドレス
press@yano.co.jp
©2018 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
  本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
  報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
  利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。