プレスリリース
No.2054
2019/07/12

2017年の貸し会議室市場規模は前年比115.0%の312億円と拡大
~貸し会議室をはじめ、スペースマッチングサービスは活況~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、空間活用ビジネス市場の調査を実施し、各空間・不動産別ビジネスの事業者動向を明らかにした。ここでは貸し会議室を取り上げる。

貸し会議室市場規模推移
貸し会議室市場規模推移

1.調査結果概要

2017年の貸し会議室市場規模は、前年比115.0%の312億円であった。近年の貸し会議室市場では、大手企業を中心に寡占化が進んでいることに加え、東京は徐々に飽和状態に近づきつつも、名古屋・大阪地域などへ拡がりを見せており、市場は伸長している。一方、物件確保の難しさから成長率は若干鈍化傾向にある。

2.注目トピック

スペースマッチングサービス

近年、今まで使われていなかった空間に新たな価値を⾒出すベンチャー企業が多く起業しているが、その多くはマッチングによるビジネスモデルを構築している。空きスペースを借りたい需要サイドと空きスペースを貸し出すことで収⼊を得たい供給サイドをウェブサイト上でマッチングさせ、マッチングが成⽴した際にスペースの借り手が貸し手に対して⽀払う額のうち一定額を手数料として受け取るビジネスモデルが多い。

例えば、スペース利用者の多様な目的に対応し、貸し会議室やキッチンなど様々な空きスペースを掲載しマッチングするサービス、飲食店などが店舗の一区画を一定時間の荷物置き場として提供し、利用者から一定の利益を得るプラットフォームを提供するサービス、自宅の駐車できるスペースを短時間駐車場として貸し出すサービスなどが生まれている。

こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

調査要綱

1.調査期間: 2018 年7 ⽉〜10 ⽉
2.調査対象: 空間活用ビジネスモデル構築事業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文献調査併用

<空間活用ビジネス市場とは>

本調査における空間活用ビジネス市場とは、土地や建物のような不動産において、その空間の活用を行う事業者で構成される市場をさす。

<貸し会議室市場とは>

貸し会議室とは会議・打合せをする場所を設備とともに一定時間で貸し出す会議スペース、もしくはサービスそのものをさし、採用試験や就職説明会、社内研修、セミナー、株主総会、債権者集会などに使用される。本調査における貸し会議室市場規模は事業者売上高ベースにて算出している。

<市場に含まれる商品・サービス>

コワーキングスペース、マッチングサービス、空き家・民泊、駐車場、農地、廃校、貸し会議室

出典資料について

資料名
発刊日
2018年10月31日
体裁
A4 177ページ
定価
130,000円(税別)

お問い合わせ先

部署
マーケティング本部 広報チーム
住所
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号
03-5371-6912
メールアドレス
press@yano.co.jp
©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
  本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
  報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
  利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。