プレスリリース
No.2078
2019/07/17

2019年の紙・板紙の製紙メーカー国内出荷量を前年比1.0%減と予測
~印刷情報媒体としての紙は減少、板紙は増加基調の見込~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役:水越 孝)は、国内の紙・板紙市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

国内紙・板紙市場の推移・予測
国内紙・板紙市場の推移・予測

1.市場概況

日本製紙連合会資料によると、2017年の紙・板紙の製紙メーカー国内出荷量は、前年比0.2%減の2,488万7千tとなった。このうち、紙は同1.8%減の1,350万3千tと、11年連続の減少である。新聞やチラシや雑誌の部数減少、ICT化など需要構造の根本的な変化により印刷情報媒体としての紙は減少しており、減少幅は今後拡大していく可能性が高い。
一方、板紙は同1.9%増の1,138万4千tとなった。板紙国内出荷量の約8割を占める段ボール原紙の最大需要分野である飲料向けが堅調であったことに加え、EC拡大による通販事業者向け需要が大きく増加していることなどが成長要因である。段ボール原紙など産業資材については、今後も微増ではあるが増加基調の見込みである。

2.注目トピック

印刷用紙需要の減少で、製紙メーカーは設備のリストラを強化

印刷情報メディアの縮小が進むなか、印刷用紙の需給ギャップが拡大しており、価格低迷が続いている。このため、2018年以降、大半の印刷用紙メーカーが抄紙マシンの停機を決定しており、2018年から2019年の間に停機されるマシンの生産能力(印刷用紙、新聞用紙など)は約130万tになると推定される。

3.将来展望

ICT化の進展、情報媒体の価値変化等を背景として、紙の国内出荷量の多くを占める印刷・情報用紙はイベントや経済変動、天災等による影響はあるものの、当面、年率2%~3%程度の減少が見込まれ、2019年の紙・板紙の製紙メーカー国内出荷量を前年比1.0%減の2,430万tと予測する。

調査要綱

1.調査期間: 2018年10~12月
2.調査対象: 紙パルプメーカー、紙および紙製品等の流通業者、総合商社、新聞社、紙器・紙製品メーカーその他関連業者
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接、電話・eメールによるヒアリング、ならびに郵送アンケートによる調査併用

<紙・板紙市場とは>

紙市場は新聞用紙や印刷・情報用紙、包装用紙、トイレットペーパーなどの衛生用紙、工業用や家庭用雑種紙を、板紙市場は段ボール原紙や紙器用板紙、雑板紙を対象として算出されている。2008年から2017年までの実績値は日本製紙連合会資料からの引用値、2018年見込値および2019年予測値は矢野経済研究所推計値。

<市場に含まれる商品・サービス>

紙、板紙、製紙原材料(チップ、パルプ、古紙)、製紙用薬品

出典資料について

資料名
発刊日
2018年12月27日
体裁
B5 964ページ
定価
120,000円(税別)

お問い合わせ先

部署
マーケティング本部 広報チーム
住所
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号
03-5371-6912
メールアドレス
press@yano.co.jp
©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
  本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
  報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
  利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。