プレスリリース
No.2079
2019/01/24

和洋菓子・デザート類市場は堅調に推移
~ヨーグルト市場の落ち込みをアイス類と洋菓子でカバーし総市場は前年度100%を維持~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の和洋菓子、デザート類市場を調査し、製品セグメント別の動向、チャネル別の動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。

和洋菓子・デザート類市場規模推移
和洋菓子・デザート類市場規模推移
2017年度の和洋菓子・デザート類市場の流通チャネル別構成比
2017年度の和洋菓子・デザート類市場の流通チャネル別構成比

1.市場概況

2017年度の和洋菓子・デザート類市場規模は、前年度並みの2兆2,761億円で推移した。これまで市場を大きく牽引してきたヨーグルト市場が縮小に転じたことで、総市場規模への影響が懸念されたが、アイスクリーム市場の拡大と、市場構成比の高い洋菓子市場の好調がヨーグルトの落ち込みを補い、全体では前年度並みを堅持した。

2.注目トピック

素材特化型のスイーツが引き続き拡大 なかでもチーズはポテンシャルが高い

ここ数年の傾向として、製造小売系企業において、チーズやバター、キャラメルなど、特定の素材に特化したスイーツのブランドが増加しており、2018年もこうしたブランドの増加は継続している。なかでもチーズは、新ブランドが毎年創出されるなど、市場拡大が期待される。こうしたトレンドはスーパーやコンビニエンスストアなどを主要販路とする流通系企業にも広がりを見せているほか、土産菓子でもチーズに特化した商品が増えている。

3.将来展望

2018年度は、2017年度に市場が縮小したヨーグルト市場が回復していることや、アイスクリーム市場が猛暑を追い風に好調であったこと、アイスクリームの主要商品の多くが3月から価格改定を予定していること、さらに、洋菓子市場が堅調に推移していることも下支えとなって、和洋菓子・デザート類市場規模は前年度比1.7%増の2兆3,158億円と、再び拡大に転じると予測する。

こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

調査要綱

1.調査期間: 2018年11月~2019年1月
2.調査対象: 和菓子・洋菓子・デザート類のメーカー、卸売業、小売業、その他関連団体等
3.調査方法: 当社専門研究員における直接面接取材及び、電話取材、アンケート調査、文献調査併用

<和・洋菓子・デザート類市場とは>

本調査における和洋菓子・デザート類市場とは、和菓子(どら焼きや大福などの生菓子や半生菓子、干菓子、焼菓子等)、洋菓子(ケーキやシュークリームなどの生菓子や半生菓子、焼菓子等)、デザート類(ヨーグルトやプリン、ゼリー、その他カップデザート類等)、アイス類(アイスクリームや氷菓等)の4分野を対象とし、メーカー出荷金額ベースで市場規模を算出した。
​なお、2017年度までのアイス類市場規模は一般社団法人日本アイスクリーム協会より引用している。

<市場に含まれる商品・サービス>

和菓子(製造小売系/流通系)、洋菓子(製造小売系/流通系)、ヨーグルト(ソフト/プレーン/ハード/ドリンク)、デザート(プリン/ゼリー/その他チルドデザート)、アイス類(パーソナル/マルチパック/プレミアム/業務用)

出典資料について

資料名
発刊日
2019年1月17日
体裁
A4判 707頁
定価
120,000円(税別)

お問い合わせ先

部署
マーケティング本部 広報チーム
住所
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号
03-5371-6912
メールアドレス
press@yano.co.jp
©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
  本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
  報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
  利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。