プレスリリース
No.2100
2019/03/29

2018年のレーザー照明世界市場を810万9千モジュール、4,469億円と推計
~レーザーポインター、プロジェクターなどの普及が進む、今後は業務用照明器具、LED代替による家庭用照明器具への採用を期待~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、照明用途に使用される半導体レーザーを調査し、世界市場規模、製品アプリケーション別トレンド、関連企業動向、将来展望を明らかにした。

レーザー照明世界市場規模推移と予測
レーザー照明世界市場規模推移と予測

1.市場概況

半導体レーザー(レーザーダイオード:LD)は直進性や単色性、高光密度、可干渉性などに優れ、これまで光ディスクやレーザープリンタ、各種センサなど様々な用途に使われてきた。
照明用途の半導体レーザーについてもそうした特長を生かし、レーザーポインターや建築用途等に使われる墨出し器、プロジェクターなどでの普及が進んでいるものの、その他の機器(アプリケーション)では本格的な採用には至っていない。2018年のレーザー照明世界市場規模(メーカー出荷ベース)を810万9千モジュール、4,469億円と推計した。現状、本格的な採用は半導体レーザーの直進性を活かした機器開発が中心となっており、出力の安定性や精度、制御しやすさ等を生かしたアプリケーションでの採用事例は未だ少ない。

レーザーポインターとしては、自身の存在を周囲に知らせる意味での活用事例もあり、例えば、ロンドンでは自転車に装着することで他の自動車や自転車、歩行者から認識されやすくなることに加え、道路での安全性向上にも寄与している。また、半導体レーザー搭載モデルのプロジェクターは、会議室備え付けなどシステムユースが大半を占めており、光束5,000lm以上の高輝度モデルを中心に好評である。これは半導体レーザーの特長である直進性やフォーカスフリー(ピント合わせ不要)、小型、長寿命、即応性等がシステムユースのプロジェクターのニーズに合致しているからである。

2.注目トピック

HMD光源での半導体レーザー採用が進展

株式会社QDレーザは、2018年に網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA® Display」を発表した。RGB半導体レーザーを3色搭載したヘッドマウントディスプレイ(HMD)の一般発売は世界初の事例である。直近では、網膜走査技術への展開を進めている企業も新たに登場しつつあり、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の製品は、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)や国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の国家プロジェクトを通じて、網膜走査型の技術を培い、メタマテリアルミラーを使用した網膜投影手法を用いて、広視野角かつ広いアイボックスを伴っている。

HMD光源としてLEDを採用しているとハーフミラーが使用されることが多いが、その場合視野角が狭まり、コンパクト化が難しい。一方、光源に半導体レーザーを採用した網膜走査方式はそうした視野角の狭まりは無く、今後の性能向上によって、よりコンパクト化を期待することができる方式となっている。用途に合わせ、部材選定を含めた製品設計をしているため、半導体レーザーとLEDの採用は、そうした要因により決定づけられる。また、半導体レーザーを採用した場合、製品は高価となるため、製品の高機能化・高級化を目的とした差別化のために選択される可能性がある。

3.将来展望

今後、半導体レーザーの特長を生かした開発が進み、車載用ヘッドライトやテレビ、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、HMD、家庭用・業務用照明器具などの機器において、本格的な採用が進展する見込みである。2025年のレーザー照明世界市場規模(メーカー出荷ベース)は6,456万9千モジュール、2兆1,198億円に大幅な成長を遂げると予測する。
アプリケーション(機器)別に市場をみると、半導体レーザーの発光効率が改善されることで、高輝度・高出力用途が多い業務用照明器具へ採用が進むこと、省エネルギー効果も優れた半導体レーザーが、IoTやAIを組み合わせたスマートライティングなどが普及する家庭用照明器具でもLED光源を代替するなど、照明器具の構成比が高まると予測する。次いで、レーザーポインターや墨出し器などのその他機器、低輝度モデルへの普及が進むプロジェクターなどが続く見通しである。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別情報(市場規模のセグメント別内訳と動向)
  •  HMDには半導体レーザーの採用は一機種のみだが、ロービジョンの人々にとっては偉大な一歩
     プロジェクターはシステムユースで市場を牽引
     垣間見える普及の兆し、家庭用照明はマイナススタートを払拭せよ
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2018年8月~2019年2月
    2.調査対象: 半導体レーザーメーカー、材料メーカー、光源・その他部材メーカー、各機器メーカー他
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用

    <レーザー照明とは>

    本調査におけるレーザー照明とは、照明用途に使用される端面発光の可視光半導体レーザー(レーザーダイオード:LD)を指す。レーザーポインターや墨出し器(回転レーザーレベラーを含む視覚的に水平、平行状況を確認する精密測定装置)、車載用ヘッドライト、家庭用・業務用や映画館で利用されるプロジェクター、リアプロジェクションテレビ、液晶テレビ用のバックライト、家庭用・業務用照明器具、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)などの各機器(アプリケーション)に搭載される。
    <レーザー照明世界市場とは>
    本調査におけるレーザー照明世界市場規模は、半導体レーザーモジュールの数量および金額をメーカー出荷ベースで算出した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    可視光半導体レーザーモジュール

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年02月14日
    体裁
    A4 106ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。