プレスリリース
No.2182
2019/07/17

2018年、世界におけるバーチャルキー搭載車輌台数は2,069万台
~緊急通報システム義務化を背景に、米国でのインフォテイメントシステムの新車搭載拡大が普及を後押し~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長 水越 孝)は、バーチャルキー世界市場を調査し、市場動向、自動車メーカー・関連企業の動向、将来展望を明らかにした。

バーチャルキー世界市場規模推移と予測
バーチャルキー世界市場規模推移と予測

1.市場概況

2018年の世界におけるバーチャルキー搭載車輌台数を2,069万台と推計した。

米国におけるエマージェンシーコール(緊急通報システム)の義務化に伴い、バーチャルキーに対応したインフォテイメントシステムが新車の多くに搭載され、2019年現在、米国で市販されている乗用車の殆どがバーチャルキーに対応している状況である。また、ドイツの高級車メーカーを中心に世界で販売する新車にインフォテイメントシステムを標準搭載する動きが活発化しており、米国市場に続き欧州市場でも普及が進みつつある。

2.注目トピック

AIスマートスピーカーとの連携

米国市場や欧州市場を中心に普及が進むAIスマートスピーカーは、インフォテイメントシステムとの連携が始まっている。米国Googleの車載インフォテイメントサービス「AndroidAuto」では、AIアシスタント「GoogleAssistant」が利用可能でAndroidスマートフォンに加え、GoogleのAIスマートスピーカー「GoogleHome」との連携が可能となっている。その結果、自動車を運転しながら自宅のエアコンを操作したり、リビングからリモコン操作によるエンジン始動が可能となり、コネクテッドカーとスマートホームの連携を実現した。同様の取り組みは、米国Apple、米国Amazonも行っており、特にAmazonは、米国Ford、スウェーデンのVOLVOと組んで自動車のトランクを宅配ロッカーとして利用できる「AmazonKey」の運用を開始している。

3.将来展望

バーチャルキー世界市場では、先行した米国市場に続くのはEUを中心とした欧州市場となる見通しである。EUでも緊急通報システム「e-call」の搭載が義務化されており、また、同分野で出遅れている世界最大の自動車メーカーであるドイツのVOLKSWAGENは2019年秋に発表予定の主力モデルの新型車以降、「次世代」インフォテイメントシステムの搭載及びバーチャルキーへの対応を発表しており、同分野への取り組みを強化する見通しである。

また、世界最大の自動車市場である中国市場についても環境整備は進んでおり、インフォテイメントシステムによるコネクテッドサービスの導入は時間の問題と言える。しかし、中国市場の場合は、地場のIT企業を中心とした独自の生態系が構築される可能性が高い。一方、シェアリングサービスでは世界的に先行している市場でもあり、バーチャルキーに加え、車載スマートロックの導入に於いても有望な市場と言える。

​日本市場は、①カーナビゲーションが普及 ②国土が狭く、移動距離が少ない ③ディーラー網、ロードサービスが充実、といった理由でインフォテイメントシステムによるコネクテッドサービスへの需要が低い市場と言える。但し、車輌盗難、煽り運転、高齢者による自動車事故等、自動車に起因する社会問題も多く、解決手段の一つとして「コネクテッド化」が進む可能性が高い。その一環として、バーチャルキーの普及が進むものと予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別情報(市場規模のセグメント別内訳と動向)
  •  車載スマートロック世界市場
     バーチャルキー国内市場
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年2月~6月
    2.調査対象: 自動車メーカー、バーチャルキー・スマートロック・スマートスピーカー関連企業等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用

    <バーチャルキー、車載スマートロックとは>

    バーチャル(ヴァーチャル)キーとは、スマートフォンにインストールした専用アプリケーション、通信回線及び近距離無線通信を使用して、自動車の「開錠」「施錠」「エンジンスタート」「遠隔ロック」「リモコンエンジンスターター」などの機能を持つシステム。本調査におけるバーチャルキーとは、自動車メーカー純正品でインフォティメントシステム※1 に予め組み込まれており、コネクテッドサービス※2 等も利用可能なものを指す。

    車載スマートロックとは、OBDⅡ端子(診断コネクタ)等に後付けユニットを接続することで、スマートフォンを車輌の鍵として使用可能にするシステム。自動車メーカー純正品に加え、サードパーティ製品が存在し、カーシェアリングや運行管理等サービスプロバイダに導入されることが多い。

    ※1.インフォテイメントシステム:4GLTEによるデータ通信モジュールを搭載し、インターネットに接続可能な他、スマートフォンと連携し、地図(経路)案内や音楽再生、ハンズフリー通話、車内Wi-Fi通信を可能にするシステム。
    ​※2.コネクテッドサービス:緊急通報サービスや車輛の故障診断及びカーディーラーの入庫予約、コンシェルジュサービス、(駐車場等での)カーファインダーサービス、オンラインショッピング等、通信を利用したサービス。
    ※3.本調査に関連する資料
    国内MaaS市場に関する調査を実施(2018年)2019年2月22日発表
    https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2092
    ​国内コネクテッドカー関連市場に関する調査を実施(2017年)2018年1月9日発表
    https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1783

    <市場に含まれる商品・サービス>

    車載スマートロック、スマートロック、バーチャルキー、スマートスピーカー

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年06月28日
    体裁
    A4 155ページ
    定価
    250,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。