プレスリリース
No.2211
2019/08/30

2025年の定置用蓄電池(Energy Storage System)世界出荷容量を69,892MWhと予測
~再生可能エネルギーの導入拡大に伴う電力系統用ESSの需要増加が成長を牽引する見通し~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2019年の定置用蓄電池(ESS)世界市場を調査し、設置先別及び需要分野別、電池種別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。
 

1.市場概況

定置用蓄電池(ESS:Energy Storage System、以下ESS)は、従来の停電など非常時に備えたバックアップ電源向けというイメージから脱却し、電力系統の周波数調整向けや再生可能エネルギーの導入拡大に伴う出力安定化対策向け、大口需要家のピークシフト/ピークカット向け、鉄道車輌のエネルギー回生用途向けなど、幅広いアプリケーションに採用が拡大し、本格的な立ち上がり期を迎えている。

2018年のESS世界市場規模(メーカー出荷容量ベース)は、前年比265.5%の9,909MWhとなった。従来のバックアップ電源向けに加え、再生可能エネルギーの導入拡大に伴う電力系統の安定化対策、電力の安定供給の実現、さらに大口需要家の電気代削減に向けた電力の自家消費の最大化を目的とする需要が市場成長を牽引している。平均すると電力料金は上昇する流れにあり、米国ではESSに貯蔵された余剰電力を電力卸売市場に接続させる動きがあり、また、日本ではこれまで太陽光パネルの普及拡大を支えてきたFITの買取期間が終了となるユーザーが2019年から出始めるなど、ESSの導入を促す方向へ外部環境が変化しつつあることが需要の拡大に繋がっていくと考える。

2.注目トピック

経済合理性が成立する構図は描けず、それでもESSは「行くしかない市場」

再生可能エネルギー(以下 再エネ)の導入拡大に伴い、ESSへの需要は拡大傾向にあるものの、「電気を貯めて使う」ことで経済合理性が成り立つ構図は実際には描けておらず、依然として政策による補助金サポートがESS導入に大きく貢献している状況にある。
但し、低炭素社会への移行に再エネの大量導入は不可欠であり、その再エネの拡大がもたらす様々な問題の解決にはESSは欠かせない存在である。ESS市場の成長性を見込んだ世界有数プレーヤーの市場参入も相次いでおり、今後の電池生産量の増加やESS関連メーカー間の競合激化等による電池のコストダウン等により、これまで採算性の観点からESS導入において足かせとなっていた価格が更に下落すれば、政策優遇による後押しがなくてもESSを導入する動きが活発化すると期待されている。

3.将来展望

2020年以降、FIT買い取り価格の下落による余剰電力の自家消費を目的とする需要や、電力網の老巧化や人口密度の低い電力網インフラの拡充が困難な地域における電力の安定供給のための需要などが拡大することから、2025年のESS世界市場規模(メーカー出荷容量ベース)を69,892MWhになると予測する。そのうち、2025年における住宅用ESS世界市場規模は、メーカー出荷容量ベースで11,943MWhになると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  住宅用ESS:FIT単価の下落、電気料金の上昇等で普及は更に加速化
     企業・業務用ESS:コストダウンによる経済合理性の成立で大幅な市場拡大を期待
     電力系統用ESS:再エネの導入拡大に伴い、2020年以降は爆発的成長が見込まれる
  • 注目トピックの追加情報
  •  今後のESS市場はLiBの独壇場になる可能性高
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年4月~7月
    2.調査対象: 日本及び海外の定置用蓄電池(ESS)関連メーカー
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談取材、ならびに文献調査併用

    <定置用蓄電池(ESS)とは>

    本調査における定置用蓄電池(ESS:Energy Storage System)とは蓄電池を活用した化学的エネルギー貯蔵システムを指し、住宅用(戸建住宅やマンション、集合住宅向け)や、電力系統用には系統安定用途(発電所・変電所設置、再生可能エネルギー電源併設)向け、マイクログリッドシステム向け、企業・業務用はBCP対策(医療・福祉・介護施設等設置)、大口需要家向け(工場、ビル等)、携帯電話基地局用の定置用蓄電地を対象とした。
    但し、定置用蓄電池(ESS)世界市場規模には携帯電話基地局用ESSを含まない。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    ESS、定置用リチウムイオン電池、定置用鉛蓄電池、定置用ニッケル水素電池、レドックスフロー電池、ナトリウム二次電池

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年07月31日
    体裁
    A4 191ページ
    定価
    180,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。