プレスリリース
No.2212
2019/09/17

デジタル印刷市場は今後回復基調に、2019年度のデジタル印刷市場は前年度比0.3%増の3,146億円の見込
​~フォトブック、オフィスコンビニは拡大推移、DPS市場も今後増加に転じると予測~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のデジタル印刷市場を調査し、各カテゴリの動向や参入企業動向、将来展望を明らかにした。

デジタル印刷市場規模の推移・予測
デジタル印刷市場規模の推移・予測

1.市場概況

 国内デジタル印刷市場規模(事業者売上高ベース)は、2017年度が前年度比2.5%減の3,152億7,500万円、2018年度は同0.5%減の3,136億4,900万円となり、市場は減少が続いている。2011年度から2012年度にかけての市場拡大の要因となった震災関連の大型BPO案件規模が、2017年度以降の2年間で急速に縮小したことがその背景にある。


 ただ、2018年度はDPS(データプリントサービス)市場の落ち込みも前年度ほどではなく、またPOD(プリントオンデマンド)市場※が前年度よりも成長率が高かったため、デジタル印刷市場の減少は小幅に留まる結果となった。

※PODとは、必要な時に必要な部数を印刷するサービス(=オンデマンド印刷、ショートラン印刷)を指し、DPS/BPO以外の一般印刷分野(出版印刷、商業印刷など)におけるデジタル印刷サービスの総称としている。

2.注目トピック

パーソナライズドDMが夜明けを迎える予感、拡大なるか

 パーソナライズドDM(データ分析に基づき、ユーザー毎にパーソナライズした情報を掲載したDM)の実績は、これまで極僅かに限られていたが、ここ1~2年、一部の印刷企業において、新たな実績が出始めている。

 近年、パーソナルなアプローチを推進するデジタルマーケティングの精度が確実に高まってきている中で、そのアプローチツールとして、DMの開封率の高さが再評価されてきており、ここ数年、DMへの回帰が見られるようになってきていることがその要因の1つである。


 ただ、最大の要因としては、ユーザー行動を起点としたタイムリーなアプローチがDMでも可能となったことにあると考えられる。現在、デジタルマーケティングの活用が進み、コンテンツのパーソナライズ化の他、送付タイミングのパーソナライズ化にも焦点が当てられるようになってきた中で、ユーザー個々の最適なタイミングで送付できるかどうかが、訴求効果を高めるポイントとなっている。それを受けて、DMの生産工程を自動化し、納品までのリードタイムの大幅短縮を実現した印刷企業が出てきており、DMにおいてもデジタルツールに近い即時的なアプローチが可能となってきている。

 以前より、パーソナライズドDMの活用が進まない最大の要因として、費用対効果の不明瞭さがあったが、こうしたデジタルマーケティングの精度向上やDMのデジタルツール化によって、費用対効果がある程度示せるようになってきており、それがパーソナライズドDMの実績拡大に繋がっていると考える。一方で、まだその実績は一部の先進的な顧客に限られており、未だにコストの高さが受注への障壁となっている状況も続いている。今後、パーソナライズドDMの更なる需要開拓が進むか、その動向が注目される。

3.将来展望

 依然として震災関連のBPO案件の規模縮小は続くが、その縮小幅は小幅になる見込みで、DPS市場は増加に転じる見通しである。一方で、POD市場では、フォトブック市場が低価格サービス拡大による端境期を過ぎ、再び成長率は拡大しており、またオフィスコンビニ市場も増加の見通しとなっている。今後、デジタル印刷市場は回復基調に転じると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  2-1.DPS(デジタルプリントサービス)
     2-2.出版印刷
     2-3.フォトブック
     2-4.軟包装印刷
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年5月~7月
    2.調査対象: 印刷企業、印刷関連サービス企業、及びその他関連企業
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、並びに電話によるヒアリング、郵送アンケート調査を併用

    <デジタル印刷市場とは>

     本調査におけるデジタル印刷市場とは、商業用デジタル印刷機で印刷された印刷物、及び付帯サービスで構成された市場を指し、印刷業を主な事業として展開している事業者を対象とする。但し、有版の印刷機による印刷物、及び付帯サービスは含まない。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    デジタル印刷サービス[DPS、BPO、出版印刷、商業印刷、ビジネスフォーム印刷、事務用印刷(名刺など)、軟包装印刷、紙器印刷]

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年07月31日
    体裁
    A4 301ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。