プレスリリース
No.2213
2019/10/04

リチウムイオン電池リユース・リサイクルの世界動向
~事業化に求められるは、過渡期の先を見据えた利益創出の仕組み作り~

株式会社矢野経済研究所作成(代表取締役社長:水越孝)は、リチウムイオン電池を対象に世界のリユース・リサイクル動向を調査した。

リチウムイオン電池 需要分野別リユース・リサイクル動向
リチウムイオン電池 需要分野別リユース・リサイクル動向

1.調査結果概要

リチウムイオン電池にはレアメタルが使用されており、また、新たな需要が生まれている電動車やESS(定置用蓄電池)は電池搭載容量が大きく、資源リスク対策や資源循環の観点から、今後、使用済みリチウムイオン電池のリユース・リサイクルに向けた取り組みは重要度を増すと考える。

現在、民生小型リチウムイオン電池の一部でリサイクルが実用化されているケースがあるものの、その他のリチウムイオン電池に関してはリユース・リサイクル共に実証実験レベルでの取り組みがメインになっていると見られる。事例としては、リユースでは「リビルド(交換用)バッテリー」、「低速EV」、「ESS」、「UPS」、リサイクルでは「リチウムイオン電池の正極材の原材料」等が挙げられる。

車載用リチウムイオン電池に関して、現状では事業採算性を考慮すると、いきなりリサイクルに進むことは難しく、リユースを前提とした取り組みを検討する必要がある。一方、リユースを前提とすると、リサイクル向けに車載用の使用済みリチウムイオン電池が集まり始めるのは2025~2030年頃になる見通しである。

2.注目トピック

リチウムイオン電池の市場動向

従来、ノートPCやスマートフォン等の民生小型機器向けの需要がメインであったリチウムイオン電池は、HEV、PHEV、EVといった電動車や、ESSといった新たな需要が牽引役となり、市場拡大を続けている。

2017年の車載用リチウムイオン電池世界市場規模はメーカー出荷容量ベースで前年比123.1%の57.4GWhであった。自動車の電動化を促進する世界各国の環境規制の強化と、xEVに対する各種の優遇策などが功を奏し、xEV市場が拡大しており、世界の車載用リチウムイオン電池出荷量は成長を続けている。

※参考資料
「車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2018年)」
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2019

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • 注目トピックの追加情報 ※1
  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2018年8月~2019年6月
    2.調査対象: リチウムイオン電池のリユース・リサイクル事業、技術
    3.調査方法: 当社専門研究員による文献調査ならびにヒアリング調査併用

    <リチウムイオン電池のリユース、リサイクルとは>

    リチウムイオン電池のリユース、リサイクルとは、廃棄や交換等で不要となった使用済みリチウムイオン電池を新たに別の用途で二次利用するリユース、並びに使用済み電池からCo、Ni、その他金属材料を抽出し、リチウムイオン電池の正極材の原材料やその他用途で再利用するリサイクルを対象とする。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    民生用小型リチウムイオン電池、車載用リチウムイオン電池、ESS用リチウムイオン電池

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年06月28日
    体裁
    A4 63ページ
    定価
    85,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。