プレスリリース
No.2243
2019/10/07

2018年度のPCO・TCO・燻蒸サービス市場は前年度比101.8%の1,325億8,000万円の見込
~食品への虫などの異物混入事件が多発した影響もあり、異物混入防止のためのハード・ソフト両面での改善諸施策が進められており、PCO業者にとって追い風へ~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の害虫駆除・シロアリ駆除・燻蒸サービスのオペレーション市場を調査し、市場規模、市場トレンド、将来展望を明らかにした。

PCO・TCO・燻蒸サービス市場規模推移
PCO・TCO・燻蒸サービス市場規模推移

1.市場概況

2018年度の害虫駆除(PCO)・シロアリ駆除(TCO)・燻蒸サービス市場規模は、オペレーション事業者の売上高ベースで前年度比101.8%の1,325億8,000万円を見込む。受注単価の減少や業者間の価格競争激化などで、長らく低迷していたPCO・TCO・燻蒸サービス市場は微増で推移している。

PCO市場では食品への虫などの異物混入事件が多発したことで、食品メーカーは異物混入防止のためのハード・ソフト両面での改善諸施策を進めており、TCO市場も住宅等の長寿命化と防災面も含めた保全意識の高まりなどにより、燻蒸サービスの市場は2015年度からの輸出木材関連の燻蒸サービス需要が堅調なことから、小幅ながらも増加基調となっている。

2.注目トピック

~HACCPに沿った衛生管理の制度化(義務化)へ~

2018年6月、15年ぶりとなる食品衛生法の改正が公布された。改正された食品衛生法では、原則としてすべての事業者が、食品衛生上の危害の発生を防止するために特に重要な工程を管理するために「HACCPに基づく衛生管理」について計画を定めなければならないこととされている。但し、飲食業などの一定の事業者については、その取り扱う食品の特性等に応じた「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」でよいとされている。
HACCPによる衛生管理の制度化は、公布から2年以内に施行されることとなっているが、制度の本格導入に向けて施行後、さらに1年間の経過措置期間を設けており、結果として3年程度の準備期間が設けられている。今後、こうした食品関連事業者に対して幅広く「HACCPに基づく衛生管理」、若しくは「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」が義務化されることで、近年、食品関連工場をはじめとした総合な環境衛生管理事業に注力するPCO事業者にとっても大きなビジネスチャンスが生まれる見通しである。

3.将来展望

PCO市場は近年、食品への虫などの異物混入問題が多発した影響で、食品メーカーは異物混入防止の改善諸施策の推進と病害虫駆除施工の徹底がなされており、PCOオペレーション需要は増加基調となっている。しかしながら、2020年の東京オリンピック・パラリンピック後に関しては需要動向は不透明であり、再び市場はシュリンクしていく見通しである。
TCO市場は住宅等の長寿命化と防災面も含めた保全意識の高まりなどにより、シロアリを含めた床下工事需要の下支えもあり、前年度比1%内外増加するなど市場は底打ち感をみせているものの、今後はシロアリ防除工事の必要のないベタ基礎、シート工法などの建築物が増えること、及びシロアリ被害の減少などから、再び縮小傾向に戻っていく見込みである。
燻蒸サービスも年次規制緩和が進んで、燻蒸の必要のない害虫の範囲が年次拡大されてきており、これにより燻蒸の需要はダウンをたどってきていたが、輸出木材関連の燻蒸サービス需要が高まっており、小幅ながらも増加基調で推移していく見込である。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  ~PCO市場は「総合環境衛生管理」による低薬剤化トレンドが続く~
     ~TCO市場ではベタ基礎による新築需要が期待できず、既設物件のサイクル施工需要が中心~
     ~燻蒸サービス市場は、規制対象害虫の範囲が年次縮小し、燻蒸サービスは中期的にダウントレンド~
  • 注目トピックの追加情報
  •  ~スマート化・IT化技術開発が進むPCO・TCO業界~
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2018年12月~2019年3月
    2.調査対象: PCO・TCO・燻蒸サービス企業、PCO・TCO・燻蒸用薬剤・資材卸、メーカー、ユーザー企業(食品小売業、外食業、食品メーカー、ホテル・旅館業等)、業界団体・業界誌・関連官公庁他
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、及び電話・郵送アンケート調査、文献調査併用

    <害虫駆除・シロアリ駆除・燻蒸サービス市場とは>

    PCO(Pest Control Operator)サービスとはゴキブリ、ネズミ、ハエ、カ、ダニなどの公衆衛生害虫予防・防除・駆除をさし、TCO(Termite Control Operator)サービスとはシロアリ予防・防除・駆除をさす。また、燻蒸サービスとは植物防疫法に基づく輸出入農産物燻蒸、文化財燻蒸、穀物倉庫・食糧品倉庫燻蒸を対象とする。いずれも、市場規模はサービスのオペレーション事業者の売上高ベースで算出した。
    なお、TCOサービスには、床下換気扇や調湿剤、耐震補強施工等は含まない。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    害虫駆除・シロアリ防除・燻蒸サービス(オペレーション)市場、駆除剤等の薬剤市場、薬剤散布用機材や防護服等の関連資機材市場

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年03月28日
    体裁
    A4 316ページ
    定価
    120,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。