プレスリリース
No.2252
2019/10/11

2018年度のコールセンターサービス市場は前年度比2.9%増の9,419億円、コンタクトセンターソリューション市場は前年度比2.2%増の4,847億円
~コールセンターサービスは顧客企業における人材不足からアウトソース需要が堅調に推移、コンタクトセンターソリューションはマルチチャネル化への対応が進む~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場を調査し、サービス別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。


コールセンターサービス市場規模推移・予測
コールセンターサービス市場規模推移・予測
コンタクトセンターソリューション市場規模推移・予測
コンタクトセンターソリューション市場規模推移・予測

1.市場概況

2018年度の国内コールセンターサービス市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比2.9%増の9,419億円であった。当年度の市場拡大要因としては、人材不足の進行からコールセンター業務をアウトソーシングする企業が増加したこと、ユーザ企業がエンドユーザとのダイレクトチャネル強化を推し進めており、電子メールやソーシャルメディア経由も含めたマルチチャネルの問い合わせへの対応を外部事業者に委託するケースが増加したこと、2016年4月の電力自由化、2017年4月の都市ガス自由化に伴う関連案件の需要が2018年度も継続して堅調に推移したこと等が挙げられる。

2018年度の国内コンタクトセンターソリューション市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比2.2%増の4,847億円であった。当年度は大口の新規導入案件こそ少なかったものの、5年~7年毎に定期的に訪れるシステム更改(リプレース)需要や、コンタクトセンター運営の効率化に向けた機能拡充、マルチチャネル化対応などの需要に支えられ、市場は拡大となった。内訳をみると、ハードウェアは微減傾向にあるが、ソフトウェアおよびSI・サービス・サポート、SaaS型サービスの需要は増加基調にある。また、ユーザ企業の情報システム部門の人手不足に伴うアウトソース化の進展などもあり、ソリューションベンダに対してはコンサルティング、システム運用、管理、メンテナンスまでを含めたトータルでのサービス提供を求められるケースが顕著になって来ている。

2.注目トピック

コールセンター・コンタクトセンターにおけるAI(人工知能)活用の現状

コールセンター・コンタクトセンターにおけるAIを活用したサービスの導入事例は、2016年前後から散見されるようになり、現在ではオペレーター支援やチャットボットなどで活用が進んでいる。
オペレーター支援では、オペレーターの人材不足が深刻化する環境下において、オペレーション品質と効率化の支援といった目的での活用が注目されている。また、チャットボットは、ユーザの自己解決率向上に寄与しており、定型的な業務はAIを活用し、高度かつユーザとのコミュニケーションが必要となる業務についてはオペレーターが対応するといった業務の棲み分けを進めつつある。これによってオペレーターはより高度な業務に集中できるようになることから、コンタクトセンターソリューション事業者の多くは提供するサービスのさらなる高付加価値化を目指す方向性を打ち出している。

3.将来展望

コールセンターサービス市場では、ユーザ企業において深刻化する人材不足を背景として、堅調な需要がみられている。また、コールセンターサービスにおけるエンドユーザとの接点は、固定電話に加えWeb、ソーシャルメディア、モバイルチャネルなどのマルチチャネル化がますます進行する環境にある。今後、2019年から施行された働き方改革関連法による労働時間の短縮、2020年に施行が予定されている「同一労働同一賃金」なども後押しとなって、ユーザ企業におけるコールセンター業務のアウトソース需要はさらに増加していく見込みである。

コンタクトセンターソリューションでは、コールセンターにおけるオペレーターの人材確保難や業務効率化を目的として、AIやテキストチャット、音声認識などに対する関心が高まっている。今後、コンタクトセンターソリューション市場ではスマートフォンからのアクセス数増加と消費者のデジタルシフトを反映して、LINE、チャットなどテキストによるチャネルと音声チャネルを連携したサービスの展開がより増加する見通しである。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  「アウトソーシング」は「派遣」「請負」と比較して高い伸びを継続
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年7月~9月
    2.調査対象: コールセンターサービス提供事業者、コンタクトセンターソリューション提供事業者
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・電子メールによる取材、ならびに文献調査を併用

    <コールセンターサービス市場とは>

    本調査におけるコールセンターサービス市場規模は、インバウンド・アウトバウンドの電話応対やWeb・FAX等の顧客対応業務を請け負うアウトソーシング事業者(コールセンターサービス提供事業者)の売上高ベースで算出した。

    <コンタクトセンターソリューション市場とは>

    本調査におけるコンタクトセンターソリューション市場規模は、コールセンター・コンタクトセンター向けに、コンタクトセンターソリューションを提供する事業者(ソリューションベンダ)の売上高ベースで算出した。
     

    <市場に含まれる商品・サービス>

    コールセンターサービス(インバウンド、BtoBアウトバウンド、BtoCアウトバウンド、スタッフ派遣、請負、アウトソーシング、ヘルプデスク、カスタマーサービス、営業支援、督促、メール対応、FAX対応、ソーシャルメディア対応)、コンタクトセンターソリューション(ハードウェア、ソフトウェア、SI・サービス・サポート、SaaS[Software as a Service])

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年09月25日
    体裁
    A4 942ページ
    定価
    180,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。