プレスリリース
No.2303
2019/12/24

2018年度の国内パワーアシストスーツ(PAS)市場は前年度比13.6%増の14億37百万円
~作業支援型PASへの新規参入と新製品により、市場は第二ステージの普及期を迎える見込~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のパワーアシストスーツ市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

パワーアシストスーツ市場規模推移と予測
パワーアシストスーツ市場規模推移と予測

1.市場概況

 本調査におけるパワーアシストスーツ(Power assist suit:PAS)は、人が装着することで人の動作や姿勢に対して何らかのアシスト(補助)することを目的とするもののうち、動力源を有するもの、もしくは機械的構造を有しているものを対象としている。

 2018年度の国内パワーアシストスーツ(以下 PAS)市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比113.6%の14億37百万円であった。参入企業はベンチャー企業から大企業まで幅広く、その業種も様々であることから、多方面から関心を集めている。
PASのタイプ別にみると、市場は歩行支援型と作業支援型によって支えられる。歩行支援型の市場は微減傾向にあるものの、作業支援型がそれ以上に拡大を続けることで、市場全体の拡大につながっている。2018年度以降、作業支援型のPASが市場全体を牽引する格好となる。

2.注目トピック

主なアシスト(補助)対象によって、顔触れが異なる参入企業

 歩行支援型のPASはアシスト(補助)対象を人とするが、歩行機能回復のリハビリ目的となる病人や障害者等を主対象とするリハビリタイプと、高齢等で弱った歩行機能を補完する目的の健常者を主対象とする補完タイプに分けられる。歩行支援型はリハビリタイプの方が参入企業も多いが、近年新規参入はない。民生品というよりもリハビリ専用機という性格が強いものが多い。一方、補完タイプは参入企業数こそ少ないが、新規参入がある。民生品の性格は強くなるが、その機能や価格は製品により大きく異なる。歩行支援型全体では新規参入企業は少なく、話題も少ないと言わざるを得ない。

 作業支援型のPASは、重作業における動作や姿勢をアシストし身体的負担軽減を目的とするが、その対象によってヒト型とモノ型に分かれる。モノ型にはヒト型として介護向けにも提案する事例も見られるが、積極的に展開する例は少ない。その中で当初モノ型に特化してきたが、介護施設での実証試験を行い効果が確認できたとして、介護向けにも積極的に提案する例もある。一方、ヒト型を軸に展開を進めてきたが、モノ型としても積極的に提案し実績を積み重ねている例もある。

3.将来展望

 歩行支援型のPASは、新製品の投入計画は見当たらず、市場拡大する要素も見当たらない。しかし、一定の需要は継続することから、市場規模は横ばいと見込まれる。一方、作業支援型は、今後も新製品が期待できるのに加え低価格化と汎用性が高まることで、一般家庭まで含んだ需要開拓が期待でき、市場は拡大する見通しである。2022年度の国内パワーアシストスーツ(PAS)市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2018年度対比で約5倍となる71億8千万円になると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  歩行支援型の市場動向
     作業支援型の市場動向
  • 注目トピックの追加情報
  •  電動(モータ)タイプが主流であるが、作業支援型では多様化するPASの動力源
     歩行支援型、作業支援型共に、対象やメーカの思想で異なるアシスト先
     作業支援型で、新製品ほどアシスト力低下と軽量化が進む
     作業支援型で進む低価格化。10万円台の新製品登場とその需要開拓に注目
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年7月~11月
    2.調査対象: 国内のパワーアシストスーツメーカや販売元、その研究開発に取り組む企業、関連団体、関係省庁等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailにひょるヒアリング、ならびに文献調査併用

    <パワーアシストスーツとは>

     本調査におけるパワーアシストスーツ(PAS)とは、人が装着することで人の動作や姿勢に対して何らかのアシスト(補助)することを目的とするもののうち、動力源を有するもの、もしくは機械的構造を有しているものを対象にしている。
    また、PASの中にはサービスロボットとして提案されているものもあるが、必ずしもサービスロボットの機能を持たなくても、何らかのアシスト機能を持つことを優先している。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    パワーアシストスーツ(Power assist suit : PAS)

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年11月07日
    体裁
    A4 129ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。