プレスリリース
No.2319
2020/01/06

2019年の国内XR(VR/AR/MR)360°動画市場規模は3,951億円の見込
~今後、5Gの普及に合わせ、国内のXR・360°動画市場も拡大する見通し~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内外のXR(VR/AR/MR)及び360°動画市場を調査し、地域別世界市場、HMD製品出荷状況などXR・360°動画市場の将来展望を明らかにした。ここでは、2025年までの国内のXR・360°動画市場をカテゴリー別に予測し、公表する。

国内XR(VR / AR / MR)360°動画市場規模予測
国内XR(VR / AR / MR)360°動画市場規模予測
カテゴリー別 国内XR(VR/AR/MR)360°動画市場規模予測
カテゴリー別 国内XR(VR/AR/MR)360°動画市場規模予測

1.市場概況

 2016年以降、第二次「VR元年」と言われ、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使用したVR(Virtual Reality;仮想現実)市場は急速な盛り上がりを見せた。 中でもスマートフォンを使用する「スマホVR」は手軽さとコンテンツ流通の仕組みが確立されていることに加え、(米)Googleが対応プラットフォームの開発表明をしていたことから、早期の普及が期待された。しかし、Googleの開発計画が凍結されてしまい、「スマホVR」の先行きは不透明な状況となった。
一方、AR(Augmented Reality;拡張現実)についても同時期にスマホゲーム「Pokémon GO」がブレイクした。一度はブームが下火となったARだが、同ゲームの世界的成功により再びARが脚光を集める事となった。更にSNS(ソーシャルメディア)の普及に伴い写真投稿サイト「Instagram」が人気となった。同サービス向けに360°パノラマで撮影した作品を投稿する動きが広まっている。

​ しかし、市場の期待とは裏腹にXR(VR/AR/MR)360°動画市場の拡大は緩やかであり、2019年の国内XR・360°動画市場規模(事業者売上高ベース)は3,951億円を見込む。ハードウェア、ソフトウェアの問題に加え、ビジネスモデルの構築が進んでいない事がその大きな要因となっている。なお、カテゴリー別にみると、ゲーム:475億円、コンテンツ:84億円、報道・広告・宣伝:75億円、位置情報・旅行:110億円、エンタープライズ:204億円、医療・ヘルスケア:85億円、教育・研修・トレーニング:44億円、SNS:8億円、制作・流通:173億円、劇場・テーマパーク:44億円、VR機器:2,569億円の見込みである。

2.注目トピック

スタンドアローン(自己完結)型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の本格普及

 2018年に単独で動作するスタンドアローン(自己完結)型HMDとして、(米)Oculusの「OculusGo(オキュラスゴー) 」がリリースされた。同製品は約200ドルの低価格に加え、一体型製品なのでスマホVRと比較して動作環境が安定していること、一部スマホVR向けコンテンツが利用可能であること、開発環境が充実していることなどの特徴を備える。共同開発元の(中国)Xiaomiの製品と併せ、発売以降世界的ヒットとなった。2019年には6DoF(3次元トラッキング)に対応した上位モデルを導入しており、HMDの出荷台数は前年と比較して大きく増加する見通しである。

3.将来展望

 2020年から5G(第5世代携帯電話サービス)導入が本格化する。2022年以降にはエリアカバレッジをはじめ、5Gの環境整備が進む可能性が高く、5Gの特徴である高速・大容量通信を生かして、XR(VR/AR/MR)360°動画市場も大きく発展する見通しである。5Gの導入によりコンテンツ・サービスのクラウド化が進むとみられ、メンテナンスやコンテンツ管理の効率化がより進む。また、コンテンツ品質が大きく向上することが期待出来、XRは移動体通信事業者にとっても重要なサービスとなる可能性が高い。更に個人による360°動画のリアルタイム配信も可能になるなど、5Gの導入はXR(VR/AR/MR)360°動画市場にとって大きな環境変化となる見込みである。そうしたことから、2025年の国内XR(VR/AR/MR)360°動画市場(事業者売上高ベース)は1兆1,952億円になると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  グローバル XR(VR/AR/MR)・360°動画市場規模
  • 注目トピックの追加情報
  •  教育・研修、医療、防災向けVRコンテンツが台頭
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年7月~9月
    2.調査対象: VR/AR/MR製品開発企業、ならびに関連サービス事業者
    3.調査方法: 当社専門研究員による国内・海外(中国、台湾)直接面接調査、ならびに文献調査、当社DBデータからの考察

    <XR・360°動画市場とは>

     本調査におけるXR・360°動画市場とは、VR(Virtual Reality;仮想現実)やAR(Augmented Reality;拡張現実)、MR(Mixed Reality;複合現実)、360°動画(視聴者が操作すると360°全方位を見渡せる動画)のハードウェア、ソフトウェア、関連サービスを対象として、算出した。

     VR(Virtual Reality)は「人間の感覚器官に働きかけ、現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術の総称」とされ、頭部に装着するヘッドマウントディスプレイ(HDM)に3次元空間内に利用者の身体を投影し、ヴァーチャル空間への没入感を発生させる。VR空間内では視聴者自身は移動や行動が可能で、視聴者同士の対話性・双方向性も備えており、情報伝達はディスプレイ・スピーカー、ヘッドフォンを用いた視聴覚に加え、体や手へ振動・触覚・圧迫感を伝達する仕組みが実用化されている。
    VRは「人工的に生成した空間」で運用されるが、「現実の光景や音声」を組み合わせて運用する「テレイグジステンス」(telexistence)・「テレプレゼンス」(telepresence)技術によって運用するAR(Augmented Reality)、MR(Mixed Reality)が存在する。ARでは透過型デバイス(スマートグラス)を使用し、現実世界に投影するのに対し、MRはHMDを使用し投影する対象物に対し、背景は現実世界の映像を使用する。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    HMD(ヘッドマウントディスプレイ)、スマートグラス、VR、AR、MR、360°動画

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年09月27日
    体裁
    A4 313ページ
    定価
    200,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。