プレスリリース
No.2362
2020/02/07
アフィリエイト市場に関する調査を実施(2019年)

2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増の3,133億円の見込
~アフィリエイト出稿数、アフィリエイトサイトの増加が続くも伸長率は鈍化傾向~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のアフィリエイト市場を調査し、市場概況、アフィリエイトサービス事業者の動向を明らかにした。


国内アフィリエイト市場規模推移と予測
国内アフィリエイト市場規模推移と予測

1.市場概況

主要アフィリエイトサービス事業者は、引き続き売上が拡大している事業者が多く、伸長率は鈍化しつつあるものの、アフィリエイト市場は拡大傾向にある。広告主によるアフィリエイト出稿数の増加とともに、アフィリエイトサイト数も増加が続いている。その結果、2018年度の国内アフィリエイト市場規模は、前年度比110.2%の2,881億8,000万円まで拡大した。2019年度も同様な傾向が続いており、同市場規模を同108.7%の3,133億2,000万円と見込む。

業種別に市場をみると、金融分野、特に仮想通貨やロボアドバイザーなどの投資や資産運用に関する商材で市場が拡大した。また、EC分野も大きく伸長しており、その他、2019年のゴールデンウィークが通常より長期間であったことによる旅行分野、10月の消費税増税前の駆け込み需要により、家電分野が拡大した。販売手法をみると、単品商材を中心とした定期購入(サブスクリプションモデル)が増加するなど、単価の高い案件が増えており、アフィリエイト市場の拡大に寄与している。

アフィリエイトサービス事業者各社は、アフィリエイトパートナー(サイトオーナー)であるメディアの強化や獲得に注力するとともに、既存の広告主に対してアフィリエイト出稿数の増加を図った取り組みが成果に繋がっている。優良顧客を送客して欲しいという広告主のニーズを満たしたメディアネットワークを構築し、広告主の出稿効果に結び付ける取り組みを実現した事業者は、広告主やメディアへの信頼を得ることで、更にクライアント数が増加し、売上拡大に繋がっている。

2.注目トピック

プラットフォーマーのレギュレーションの変更への対応

外部環境に関しては、ITP(Intelligent Tracking Prevention:サイトトラッキングの抑止機能)によるクッキーの制限や、Googleアルゴリズムのアップデートによる検索順位変動のほか、ヤフーのレギュレーションの強化によるアフィリエイトサイトの広告出稿の厳格化など、アフィリエイトサイトにとってネガティブと考えられるレギュレーションの変更が行われた。また、広告出稿の厳格化に関しては、Facebookなどのソーシャルメディアにおいても、広告出稿専用アカウントの閉鎖といったレギュレーションの厳格化が図られるなど、アフィリエイトメディアに対してもネガティブなインパクトを与えている。

しかしながら、現状のプラットフォーマーによるレギュレーションの厳格化に関しては、景品表示法や薬機法などの法規制を遵守しない一部のアフィリエイトパートナーや広告代理店に対して大きな影響を与えているものの、優良なアフィリエイトメディアや広告代理店においてはほとんど影響を受けていない。違法サイトが追放されるという観点においては、アフィリエイト業界にとってはプラスになるため、長い目で見ると決してネガティブ要因ではないと考える。

3.将来展望

アフィリエイト市場は今後も拡大を続け、2023年度の国内アフィリエイト市場規模は4,654億1,400万円まで拡大すると予測する。

市場の拡大要因として、以下のような事柄が挙げられる。
まず、広告主として、自社ブランドの製品を持つ大手企業であるナショナルクライアントのインターネット広告への出稿が増えていることである。この流れは、ダイレクトレスポンス系の広告やECサイトなどでの広告出稿増加に繋がる可能性が高く、アフィリエイト市場においてもプラスに影響するとみる。アフィリエイトの提案による広告出稿効果がこれまで確実に出てきており、アフィリエイトへの評価が高まっていることも市場拡大の背景にある。
次に、EC化率の拡大も主たる要因となり、商品購入時のEC化率の拡大やEC決済サービスの導入障壁が低くなっていくことが挙げられる。分野としては、女性向けのダイエット商材やコスメ商材等が期待され、加えてサブスクリプションモデルの浸透も市場を牽引する要因となると期待されている。
​それ以外では、キャッシュレス化の進展による金融分野のアフィリエイト拡大のほか、アフィリエイトパートナーを登録制とするクローズドアフィリエイトサービスを提供するアフィリエイトサービス事業者やアフィリエイトメディアが増えていることも挙げられる。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  サブスクリプションモデルの台頭
     キャッシュレス化の浸透
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年9月~12月
    2.調査対象: アフィリエイトサービス事業者(ASP:アフィリエイトサービスプロバイダ)
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、および一部アンケート調査を併用

    <アフィリエイトとは>

    アフィリエイトとは、Webサイトやブログ、SNSなどに、ある企業サイトへの広告(リンク)を張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入すると、Webサイトやブログ、SNSなどのサイトオーナー(アフィリエイトパートナー)に成果(コンバージョン)が発生した時に、一定額の報酬が支払われるという広告手法を指す。

    本調査におけるアフィリエイトとは、①各種広告主とサイトオーナーを仲介し、広告主から広告料・手数料を得て、サイトオーナーに報酬を支払うASP(代理店)型、②仮想ショッピングモール出店事業者から取扱い商品の販促目的で広告料・手数料を得て、サイトオーナーに報酬を支払うモール型、③自社のショッピングサイトにある商品・コンテンツの販促目的で自社が広告主となり、サイトオーナーに報酬を支払う独自型、④アフィリエイトに必要なトラッキングシステムや分析ツールを提供し、報酬を得るプラットフォーム型を対象とした。

    <アフィリエイト市場とは>
    本調査におけるアフィリエイト市場は、アフィリエイト広告の成果報酬額、手数料、諸費用(初期費用、月額費用、オプション費用等)などを合算し、算出した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    各種のアフィリエイトサービス

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年12月26日
    体裁
    A4 190ページ
    定価
    180,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。