プレスリリース
No.2383
2020/04/14

2019年度の肥料市場は前年度比97.2%の見込
​〜肥料銘柄の集約や入札方式の導入により、市場規模は減少で推移~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内における肥料市場を調査し、市場規模、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。

国内の肥料市場規模推移
国内の肥料市場規模推移

1.市場概況

2016年に農業の競争力強化のための活力創造プランがとりまとめられ、2017年度以降、全国農業協同組合連合会(JA全農)により肥料など生産資材改革が行われ、多品種少量生産解消に向けて高度化成肥料やNK化成肥料、普通化成肥料などの銘柄が集約された他、入札制度を導入し競争入札などにより最安値を探り、化成肥料を中心に1~3割の値下げとなった。このようなことから、国内の肥料市場は減少傾向にあり、2018年度の肥料市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比94.5%の3,461億3,200万円となった。

2.注目トピック

肥料銘柄の集約や入札方式の導入により、中長期的に肥料価格の低下は続く

2015年度以降、農家(生産者)の所得を増やすための取組みがJA全農を中心に行われており、生産資材価格の見直しの一環として、高度化成肥料を中心に肥料価格も1~3割程度の値下げとなった。
そのため、肥料メーカーやJA全農では、低価格肥料や低成分肥料の供給も進めてきた。省力化については、肥効調節型肥料を用いた育苗箱全量施肥や、側条施肥技術等の導入により、投入量と労働時間を低減する取組みを進めている。さらに、家畜ふん堆肥の活用も行われている。家畜ふん堆肥は、化学肥料に比べて安価に入手できることから、ここ数年化学肥料の代替として利用されている。
また、肥料取締法の改正により、堆肥と化成肥料の混合散布については、施肥労力の軽減につながる他、安い堆肥との置き換えで肥料価格が1〜3割程度下がる見込みで、生産者にとってメリットは大きいと考える。

3.将来展望

JA全農では、今後も2018年春向け高度化成肥料の購入価格引下げと同様の取組みを他の肥料に広げる方針となっており、中長期的に肥料価格の低下は続いていく見通しである。
そのため、肥料メーカーにとっては収益の維持に向けて、合理化や高付加価値品へのシフトが一層迫られることとなる。そうしたことから、2019年度の肥料市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比97.2%の3,364億4,000万円になる見込みである。
但し、肥料原料はほとんど値下がりがしていない状況にあることや、物流費が年々上昇していることから、肥料メーカーは、銘柄集約によるスケールメリットを生かした合理化の推進や、JA全農・経済連や他メーカーと連携した最適な物流網の構築、高付加価値品の販売拡大などによって、肥料事業での売上高減少を補わなければならないと考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  肥料市場 需要分野別市場構成比(2018年度)
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年10月~2020年1月
    2.調査対象: 肥料関連メーカー、培土・土壌改良材関連メーカー、飼料関連メーカー、全国農業協同組合連合会、その他関連機関・業界団体等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング、ならびに文献調査併用

    <肥料市場とは>

    本調査における肥料市場とは、複合化成肥料、配合肥料、有機質肥料、単肥、液体肥料、コーティング肥料、ペースト肥料、その他肥料を対象として、メーカー出荷金額ベースで算出した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    ①培土・土壌改良材(稲作用培土、農業園芸用培土、緑化用土壌改良材、家庭園芸用培土、微生物資材)、②肥料(複合化成肥料[高度化成、普通化成、NK化成、有機化成]、配合肥料、有機質肥料、単肥、液体肥料、コーティング肥料、ペースト肥料他)、③飼料(配合飼料、エコフィード飼料)

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年01月31日
    体裁
    A4 308ページ
    定価
    130,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。