プレスリリース
No.2424
2020/05/11

2019年のスポーツ用品国内出荷金額は前年比102.1%の1兆5,691億円の見込
~市場規模の大きいスポーツシューズやアウトドア用品などが引き続き好調に推移の見通し~

株式会社 矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内のスポーツ用品市場を調査し、製品セグメント別の市場動向や参入企業の動向、将来展望を明らかにした。

スポーツ用品分野別国内出荷市場規模推移
スポーツ用品分野別国内出荷市場規模推移

1.市場概況

2019年のスポーツ用品国内市場規模(国内出荷額ベース)は、前年比102.1%の1兆5,691億1,000万円を見込む。アスレジャー(アスレチック[競技]とレジャー[余暇]を組み合わせた造語)スタイルの需要(スポーツウエアの日常着用需要)が下支えすることで、スポーツシューズやアウトドア用品などのカテゴリーが牽引し、市場は4年連続のプラス成長を果たす見込みである。ただ、少子化による影響から中学、高校の部活動での利用層が競技人口の多くを占めるチームスポーツ関連用品のカテゴリーは、苦戦を余儀なくされている。

2.注目トピック

新型コロナウイルス感染拡大によって、新学期商戦は大きな痛手に

新型コロナウイルスの感染拡大によって、各種のスポーツイベントが中止、または延期に追い込まれている。各種イベントの自粛など、新型コロナウイルスによって生じたスポーツ界への影響は枚挙にいとまがない。
スポーツ用品国内出荷市場では、中国をはじめとする海外工場の操業停止によってサプライチェーンは寸断され、リテーラーへ各アイテムがデリバリーされず、新学期商戦には大きな痛手となった。例年であれば、新学期商戦や各競技のシーズン開幕を迎え、賑わうはずの店頭からも消費者が消える事態となっている。

3.将来展望

2020年のスポーツ用品国内市場規模(国内出荷額ベース)を前年比101.8%の1兆5,969億8,000万円※と予測する。引き続きスポーツシューズ、アウトドア用品、アスレチックウエアなどのカテゴリーがけん引する見通しである。

現在、新型コロナウイルス感染拡大によってスポーツイベントの活動に影響が生じており、被災地が東日本の一部に限られていた東日本大震災に比べても、今回の新型コロナウイルスは全国でヒト、モノ、カネの動きが停滞するという異常事態で、スポーツ用品業界への大きな影響も避けられない状況にあり、可能な限り早期の事態収束が望まれる。
※2020年3月現在予測値。東京オリンピック・パラリンピック開催延期を加味していない。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  ゴルフ用品
     スキー・スノーボード用品
     釣用品
     アスレチックウエア
     アウトドア用品
     スポーツシューズ
     テニス用品
     スイム用品
     野球・ソフトボール用品
     サイクルスポーツ用品
     バドミントン用品
     武道用品
     卓球用品
     サッカー・フットサル用品
     バスケットボール用品
     バレーボール用品
     ラグビー用品
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年1月~3月
    2.調査対象: スポーツ関連企業・メーカー・卸売業・輸入商社・小売業等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、ならびに郵送アンケート調査を併用

    <スポーツ用品市場とは>

    本調査におけるスポーツ用品市場とは、ゴルフ、スキー・スノーボード、釣り、アスレチックウエア、アウトドア、スポーツシューズ、テニス、スイム、野球・ソフトボール、サイクルスポーツ、バドミントン、武道、卓球、サッカー・フットサル、バスケットボール、バレーボール、ラグビーの主要17分野※の関連用品を対象とし、メーカー出荷金額(国内出荷額)ベースで市場規模を算出した。
    そのうち、アスレチックウエアは「トレーニングウエア」「ライフスタイルウエア(カジュアルウエア)」「フィットネスウエア」「陸上競技・ランニングウエア」を、スポーツシューズは「ランニングシューズ」「ウォーキングシューズ」「多目的シューズ(カジュアルスニーカーを含む)」「キッズシューズ」「トレーニングシューズ(フィットネスシューズを含む)」「スポーツサンダル」を対象とした。
    ※フィットネス用品をアスレチックウエア、スポーツシューズに分類し、本調査より17分野に変更した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    ゴルフ用品、スキー・スノーボード用品、釣用品、アスレチックウエア、アウトドア用品、スポーツシューズ、テニス用品、スイム用品、野球・ソフトボール用品、サイクルスポーツ用品、バドミントン用品、武道用品、卓球用品、サッカー・フットサル用品、バスケットボール用品、バレーボール用品、ラグビー用品

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年03月31日
    体裁
    A4 531ページ
    定価
    155,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。