プレスリリース
No.2426
2020/05/28

2030年のワイヤレス給電世界市場は2,739億円に拡大と予測
〜EV向けは急激な成長が見込まれにくいものの、物流倉庫での需要が拡大するAGV向けは競争激化へ~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、2020年のワイヤレス給電市場を調査し、アプリケーション別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

ワイヤレス給電(受電モジュール+受電機器)世界市場規模推移と予測
ワイヤレス給電(受電モジュール+受電機器)世界市場規模推移と予測

1.市場概況

ワイヤレス給電とは電磁誘導や電界結合、磁界共鳴、マイクロ波などの方式による、接点を設けない形式の給電システムである。ワイヤレス給電は、1990年代から一部の小型家電製品を中心に搭載されてきた。その当時は特定製品間における用途が中心であり、各社の独自規格を基本として限定的な市場が形成されていた。その後、2010年にWPC(Wireless Power Consortium)が標準規格としてQi規格を策定したことで標準化が進んでおり、現在では多くの製品にワイヤレス給電機能が付与されている。

2019年のワイヤレス給電(受電モジュール・受電機器)世界市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年比107.6%の1,610億99百万円であった。アプリケーション(用途)別に市場をみると、小型電子機器用が市場を牽引している他、産業機器用でもワイヤレス給電システムが採用され、毎年堅調な成長を見せている。一方で、EV(Electric Vehicle)向けは現時点ではまだ本格的な成長は見せていないものの、今後一番成長余地の大きな市場として期待されており、注目度が高い。これらの他にも今後、家電、医療機器など様々な分野にまで広まっていく見込みである。

2.注目トピック

スマートフォン向けは標準搭載の動きへ、EV向けの普及にはまだ時間が掛かる

ワイヤレス給電のアプリケーション(用途)は、①小型電子機器用、②EV向け、③産業機器用、④その他用途に分類される。

小型電子機器分野では、ワイヤレス給電の受信モジュールとして最も採用されており、今後は高仕様・高価格のスマートフォンにはワイヤレス給電が標準搭載される傾向になると考えられる。さらに2030年頃には、スマートフォン以外のスマートデバイスやPC関連機器などでも搭載が本格化し、普及が進む見込みである。

EV分野においては、各国の環境規制の厳格化やEV普及政策により、中国を中心としてEV販売台数は増えているものの、内燃機関車よりも短い航続距離と高い車両価格が壁となっている。ワイヤレス給電の採用はEV自体の普及に大きく影響される他、給電システムインフラ整備の問題も残っており、これらを解決するためにはまだ時間がかかりそうである。

産業機器分野においては、AGV(Automatic Guided Vehicle)を中心にワイヤレス給電の採用が増加している。現状、AGV用のワイヤレス給電が主に使用されているのは、自動車の生産工場だが、最近では物流関係の倉庫での自動化が進み、需要が増えている。物流倉庫のスマート化を巡っては、なるべく作業員が歩かずに済む倉庫の仕組み作りが国内外で進んでいる。アマゾンは商品棚を持ち上げて自在に走りまわるAGVを活用し、ユニクロを展開するファーストリテイリングもダイフクと提携し、従来に比べ9割ほど省人化した自動倉庫を開発した。このような背景から、ワイヤレス給電市場に参入した企業の中には、取り合えずAGV市場に参入しようとする考えを持つ企業も増えてきており、今後競争が一層激化する傾向になると考える。

3.将来展望

ワイヤレス給電システムでは、コネクタや接触電極部が不要となるため、給電部のスペースを減らすことができるうえ、外部接触がなくなることで防水・防塵化がしやすくなり、水回りの周辺にも安心して設置できる。また、これまでバッテリーを搭載する多くの機器は、駆動時間を増やすために大容量のバッテリースペースを確保する必要があったが、ワイヤレス給電により頻繁に継ぎ足し充電が可能になれば、バッテリーを小型化しても問題がなくなるというメリットがある。
一方、ワイヤレス給電実用化のために、解決すべき課題もある。送受電の開始や停止、受電装置の認証、高効率な電力伝送の維持などのために制御系システムが必要となり、システム機器全体に小型化、薄型化、軽量化などの実装技術が求められる。

現在、ワイヤレス給電機器メーカーは上述の課題を解決するとともに、機能をさらに向上させた新製品の開発にも注力している。今後、遠距離間や複数機器への一度での給電、移動し続ける機械への給電が可能な新製品が期待されており、これらが実現していくことにより、2030年のワイヤレス給電(受電モジュール・受電機器)世界市場(メーカー出荷金額ベース)は、2,739億6百万円まで成長すると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  小型電子機器用途
     EV用途
     産業機器用途
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年11月~2020年3月
    2.調査対象: ワイヤレス給電部品メーカー、ワイヤレス給電機器メーカー、ワイヤレス給電システムユーザ企業、業界団体など
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用

    <ワイヤレス給電市場とは>

    ワイヤレス給電とは、電磁誘導や電界結合、磁界共鳴、マイクロ波などの方式による、接点を設けない形式の給電システムを指す。

    本調査におけるワイヤレス給電市場とは、各アプリケーションに使用される受電モジュール・受電機器を対象とし、メーカー出荷金額ベースで算出している。
    アプリケーション(用途)としては、スマートフォンやウェアラブル機器などの小型電子機器用、EV(Electric Vehicle)向け、AGV(Automatic Guided Vehicle)や搬送機器、製造ロボットなどの産業機器用、その他(電動歯ブラシやシェーバー等の家電品、家具、食器、医療機器、無人潜水機など)用途の受電モジュール・受電機器が含まれる。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    ワイヤレス給電用の受電モジュール、受電機器

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年03月26日
    体裁
    A4 96ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。