プレスリリース
No.2427
2020/06/04

2019年度のドライコーティング受託加工市場規模は、前年度比2.9%増の343億円の見込
~ユーザ企業のニーズに応え、受託加工メーカーの膜種開発による用途の拡大が続く~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のドライコーティング受託加工市場を調査し、市場規模推移・予測、膜種別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

ドライコーティング国内受託加工市場規模推移・予測
ドライコーティング国内受託加工市場規模推移・予測

1.市場概況

ドライコーティングとは、主に金属基材の表面に耐摩耗性やそのほかのトライポロジー性といった高機能特性を付与するための薄膜加工である。本調査では、金属基材を対象とした、CVD、PVD、DLCの3つの皮膜による国内の受託加工市場規模を算出した。2018年度のドライコーティングの受託加工実績は333億3,000万円であった。
膜の種類別で比較してみると、CVDコーティングのみほぼ横ばいで、PVDコーティングとDLCコーティングは伸長している。CVDコーティングは金型分野における信頼性が高いものの、ハンドリングの難しさなどから新たな市場参入はない。一方、PVDコーティングとDLCコーティングについては、ユーザ企業のニーズに応え、受託加工メーカーが膜種開発による用途の拡大が続いている。

2.注目トピック

需要分野別では金型分野がトップ

2018年度のドライコーティング国内受託加工市場を需要分野別にみると、金型分野が40.6%でトップであり、次いで切削工具で26.3%、以下自動車部品20.7%、機械部品8.3%、その他4.1%となっている。
なお、DLCコーティングのみでみると自動車部品が需要分野の半数以上を占めるなど、膜の種類によって様相が異なる。

3.将来展望

2022年度のドライコーティング国内受託加工市場規模を434億8,000万円と予測※する。新型コロナウィルスの影響は中国や世界経済へ大きな影響を及ぼしており、日本国内の製造業の業績も下方修正される見通しである。
一方で、中期的に今後のものづくりを考えると、金属基材に高機能特性を付与するドライコーティング加工のニーズは各需要分野ともに高く、コーティング受託加工メーカーの事業経営を成り立たせるためにも、上記の成長性が求められていくと予測する。

※予測値には、新型コロナウイルスの影響を考慮していない。


 

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  DLCコーティング
     PVDコーティング
  • 注目トピックの追加情報
  •  受託加工メーカーシェア上位には大きな変動なし
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年10月~2020年3月
    2.調査対象: ドライコーティング受託加工メーカー、同関連装置メーカー、大学・研究機関等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、ならびに文献調査併用

    <ドライコーティングとは、ドライコーティング受託加工市場とは>

    本調査におけるドライコーティングとは、CVD(化学蒸着)、PVD(物理蒸着)、DLC(ダイヤモンドライクカーボン/イオン化蒸着)の3つの種類の皮膜をさし、また、コーティングの対象基材としてはペットボトル等樹脂材料基材等は除き、金属基材を対象としている。
    本来、CVDとPVDは成膜法、DLCは膜種ということになり、別のカテゴリーではあるが、DLCが次世代皮膜として注目されてきたことで、これまで取り上げてきた経緯がある。従って、ここではPVDはDLCを除くPVD法で成膜されたものを、また、CVDは同じくDLCを除いてCVD法で成膜されたものを対象としている。

    また、本調査におけるドライコーティング受託加工市場とは、受託加工を行う国内メーカーの受託加工金額ベースで算出しており、自動車部品メーカーやエレクトロニクス部品メーカーの内製加工分については含まない。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    ドライコーティング受託加工(金属基材を対象とした、CVD、PVD、DLC薄膜加工)

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年03月19日
    体裁
    A4 222ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。