プレスリリース
No.2443
2020/06/23

2020年度の国内5Gサービス契約数は1,185万契約、2020年の5G対応スマートフォンの国内出荷台数を1,333万台と予測
~商用サービス初年度でエリア展開は限定的なものの、データ通信無制限プランの導入と対応スマートフォンの充実でアクティブユーザーの取り込みが進む見込~ 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内の第5世代移動体通信サービス(5G)及び関連する産業の5G採用動向を調査した。ここでは、MNO(移動体通信事業者)4社の5Gサービス契約数、および5G対応スマートフォン出荷台数を予測し、公表する。

国内移動体通信サービス / 5Gサービス契約数予測
国内移動体通信サービス / 5Gサービス契約数予測
国内5Gスマートフォン出荷台数予測
国内5Gスマートフォン出荷台数予測

1.市場概況

一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)によると、2019年12月期における国内携帯電話サービスの契約数は1億8,000万契約を超え、社会インフラとして広く普及している。2010年代には、第4世代移動体通信サービス(4G)が基幹技術としてアップデートを重ねながら足元を支えてきた。特に高速化による恩恵は計り知れず、サービスの質的な向上には目を見張るものがあった。この間、携帯電話サービス全体では、端末のスマートフォンへの移行が進み、スマートフォンを利用したEコマースやSNS(Social networking service)、サブスクリプションサービスの利用拡大など、消費者の利用スタイルは多様化が進んでいる。

国内大手の移動体通信事業者(MNO:Mobile Network Operator)によるサービスに加え、大手事業者のサブブランドや仮想移動体通信事業者(MVNO:Mobile Virtual Network Operator)による「格安スマホ」は導入から数年が経過しており、消費者の選択肢の幅が広がっている。2020年3月には、4Gの後継規格である第5世代移動体通信システム(5G)の商用サービスがMNO3社によって開始された。5G導入に合わせて、2007年以来となる新規参入事業者の登場も話題となっている。

2.注目トピック

国内5G商用サービス契約数の動向

国内移動体通信事業者(MNO)4社の2020年度5Gサービス累計契約数は1,185万契約、また、2020年の5Gスマートフォンの国内出荷台数(メーカー出荷ベース)は1,333万台になると予測※する。
サービスエリアは特定地域での展開に限られ、5Gを体感できる機会は限られるものの、5Gスマートフォンへの買い替えに合わせて5G対応のデータ無制限プランへの加入が見込まれる。但し、2020年度下期以降に需要の回復は期待できるが、新型コロナウイルスの影響による上期の落ち込みをカバーするには至らない見込みで、サービス初年度の契約数は当初の予測を2割強下回る事も考えられる。
※尚、予測には新型コロナウイルスの影響は考慮していない。

2021年度には、サービスエリア拡大が更に進むと同時にMVNO事業者による5G商用サービスの開始も期待が出来る。また、延期となった東京オリンピック・パラリンピック開催も控えており、通信事業者各社のサービス競争による盛り上がりも期待出来ることで、2021年度の5Gサービス契約数は3,210万契約、2021年の5Gスマートフォン国内出荷台数は2,230万台を予測する。

3.将来展望

5Gの特性を有効活用できる主な分野は、①映像配信(4K/8K、XR[VR/AR/MR]等)、②コネクテッド(自動車のネット接続)、③IoT(Internet of Things)、④セキュリティなどの分野となっている。
特に映像配信系はコンシューマ向けサービスに加え、法人向けに於いて教育・研修分野など活用できる領域が広く、需要が大きい。新型コロナウイルスの影響拡大以降、スマートフォンでの動画利用は更に根付いて来ており、5G環境下でのリッチな映像体験は5Gサービス普及に於いて充分な訴求力を持つと考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  5G商用サービスの展開状況
     5Gスマートフォンの導入状況
     COVID-19(新型コロナウイルス)の影響
  • 注目トピックの追加情報
  •  5Gスマートフォン出荷動向
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年1月~4月 
    2.調査対象: 移動体通信サービス事業者(MNO、MVNO他)、携帯電話端末メーカー、ODM・EMS企業、半導体メーカー、海外調査会社・コンサルティング企業
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、eメールやセミナーでの取材、ならびに文献調査併用

    <5G(第5世代移動体通信システム)とは>

    ITU-R(国際電気通信連合 無線通信部門)によって既存の第4世代(4G)後継の世界統一規格として策定された第5世代移動体通信システム(5G)は、①高速・大容量通信、②多数同時接続、③低遅延の特徴を持つ。
    5Gは、IoT時代の社会インフラ構築に不可欠なテクノロジーとして期待されており、あらゆる産業分野(モビリティ、配送・物流、サービス業・観光、エンタテイメント・スポーツ・レジャー、工場・製造・オフィス、教育・研修・文化、金融・決済、スマートホーム・スマートシティ・エネルギー、農林水産業、建設・土木、報道・広告・コンテンツ制作、医療・ヘルスケア、政府・自治体・防災)への展開が期待されている。

    参考資料:
    XR(VR/AR/MR)360°動画市場に関する調査を実施(2019年)2020年1月6日発表

    <市場に含まれる商品・サービス>

    移動体通信サービス、移動体通信端末、通信モジュール、基地局 

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年04月30日
    体裁
    A4 269ページ
    定価
    180,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。