プレスリリース
No.2455
2020/06/22

2018年の車載モータの世界需要は約32億個規模、2030年には約56億個規模まで拡大予測
~新型コロナウイルスの影響で自動車市場は減速、車載モータの成長も鈍化するものの電動化の進展で需要は続伸の見通し~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、車載モータの世界市場の調査を実施し、モータ搭載システム別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

車載モータのシステム領域別世界市場予測
車載モータのシステム領域別世界市場予測

1.市場概況

環境負荷が少ない自動車として開発が進む次世代自動車(xEV; HEV、PHEV、EV、FCV)はもちろんのこと、快適・利便性や安全・安心を目的として内燃機関車(ICE)のパワートレイン、シャシ、ボディ領域それぞれで電動化が進んでいる。部品の電動化に伴い、急速に搭載数を増加させているのがモータである。2018年の車載モータ世界市場は、新車販売台数ベースで前年比102.7%の約32億3,700万個と推計した。2017年の約31億5,300万個より需要数量では着実に増加しており、世界規模で厳格化している環境規制の影響が窺い知れる。

一方、世界の自動車販売台数※は、米中貿易戦争や英国のEU離脱など貿易環境の悪化を背景に、消費マインドが押し下げられており、2018年、2019年ともにマイナス成長となった。2020年も、新型コロナウイルスの世界的流行から更なる下落が進むとみられ、自動車販売台数の減少が車載モータの需要にも大きな影響を与える見込みである。クルマの電動化は世界的なトレンドとなっていることから、今後もモータの搭載数が増加する傾向にあることは間違いないものの、アフターコロナの世界では従来よりも鈍化した成長となる見通しである。
※各国工業会データ等をもとにした矢野経済研究所推計値

2.注目トピック

Eアクスルの採用動向

エンジンに代わり駆動する主機モータとインバータ、減速機を一体化した電動駆動システムは「Eアクスル」と呼ばれ、一体化による体積削減や組立工数削減による低コスト化と効率向上が期待されている。

Eアクスルはモータ、インバータ等の配置を平行に配置する「平行軸型」と、同一直線上に配置した「同軸型」に分けられる。平行軸型は同軸型よりもコストが安く、幅を短くできるといった利点を持つ。一方、同軸型は中空モータによるダブルシャフトとなるため、その分構造が複雑となりコストが上がってしまうが、ユニット幅の短縮化と背丈が低くでき、FR(フロントエンジン・リアドライブ)にも適応しやすくなる。Eアクスルは黎明期にあるため、まずは競争力のあるコスト性を持たせられること、大部分の自動車メーカ(OEM)はEV(電気自動車)をFF(フロントエンジン・フロントドライブ)で作っているため、平行軸型でも問題が少ないことから現在のマジョリティとなっていると推測される。但し、OEMからは前後長を短くする要望も強いことから、同軸型もいずれ市場投入が増加する見込みである。

また、もう1つのトレンドとして「需要が高い出力帯」がある。現行の第一世代品は出力が150kW級の製品が多い。これは単にOEMからのニーズが高いことが要因であり、馬力換算で約200馬力、ガソリンエンジンでいえば3.0Lあるいは2.0Lターボと同等となる。つまり、搭載されるのはCセグメントやDセグメントの車であり、先進国市場において最もボリュームが狙えるためである。今後は、C・Dセグメント向けの「150kW級」以外に、軽自動車やAセグメント向けに「50kW級」、高級車のEセグメント向けで「200kW級」と3つの出力帯に、Eアクスルのニーズが特に集中していくと言われている。

3.将来展望

2018年時の世界の自動車販売台数で約95%を占める内燃機関車(ICE)は、xEVの台頭によってシェアを漸減させていくものの、xEVが本格的な市場拡大時期を迎えるのは2025年より先になる見込みである。2016年頃から加熱してきたCASE(Connected、Autonomous、Shared & Service、Electric)の波に乗り、自動車メーカ(OEM)各社は電動車戦略を進めてきたものの、EVでの利益確保が難航している現状やバッテリーなど関連部品の調達、充電インフラの整備、電動車開発・生産の人材確保といった課題が山積しているためである。また、主要OEMの量産EVが2020年代前半に出揃い始めることも、市場拡大時期が2025年以降と予測する根拠でもある。

一方で内燃機関車(ICE)は、インドやアフリカなどの著しい経済発展によって自動車の需要が拡大していくであろう国々において、価格の安いコンベンショナルな車としての需要が根強く残ることや、内燃機関自体に希薄燃焼や気筒休止といった燃費向上技術の余地が多く残されており、ICEのニーズが直ちに消失することはないと考える。

さらに、コロナウイルスによる影響が消費マインドを押し下げ、2020年の自動車販売台数は全世界的に減退する見通しである。このような理由から自動車販売台数が回復基調になり、ICEがピークアウトを迎えてxEVが本格的に普及をはじめる時期を2025~2030年と考える。これにより、xEVの世界販売台数を2030年で1,787万台と想定した場合、クルマ1台あたりの車載モータ搭載数の増加も踏まえ、2030年の車載モータ世界市場は約56億個規模(新車販売台数ベース)まで拡大すると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  xEV普及の課題
     注目される電動コンポーネント市場
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年2月~5月
    2.調査対象: 自動車システムメーカ、モータメーカ等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

    <車載モータ市場とは>

    本調査における車載モータとは、スタータやパワーシートモータ、電動ブレーキに用いられるモータなどから次世代自動車(xEV; ストロングハイブリッド[HEV]、プラグインハイブリッド[PHEV]、電気自動車[EV]、燃料電池車[FCV])で用いられる主機モータまで、サイズや出力を問わず搭載されるモータを対象とするが、カーオーディオやナビゲーションシステムに使用されるディスクドライブ・HDD用モータ等の一部は対象外とする。
    対象車両はxEVを含む、すべての乗用車および車両重量3.5t以下の小型商用車に搭載される車載モータとした。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    パワートレイン領域;スタータ、オルタネータ/ISG、電動過給機、電動ウォーターポンプ、電動オイルポンプ  シャシ領域;電動ブレーキ、電動パーキングブレーキ ボディ領域;パワーウィンドウ、パワーシート 次世代自動車システム領域;主機モータ、電動コンプレッサ

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年05月27日
    体裁
    A4 229ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。