プレスリリース
No.2465
2020/07/21

2019年度の健康・機能性食品素材(24素材)の市場規模は、前年度比103.8%と好調に推移
~中高年齢層のQOLを維持・向上させる素材の伸長と、一般食品への採用増が市場規模を押し上げ~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の健康・機能性食品素材(原料)市場を調査し、各素材別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。
 

健康・機能性食品素材(24素材)市場規模推移
健康・機能性食品素材(24素材)市場規模推移

1.市場概況

 2019年度の健康・機能性食品素材(本調査対象24素材[原料]の合計)市場規模は、流通金額ベースで前年度比3.8%増の913億8,600万円となった。また、「エクオール」と「大麦若葉」を加えた26素材の2019年度流通量合計は15472.7トン(前年度比1.6%増)であり、流通量、金額ともに伸長した。

これは、健康・機能性食品素材の主力用途である健康食品の市場が成長を続けていることに加え、消費者の健康志向を背景に、一般食品においても健康を付加価値とした製品の開発・展開が活発化しており、健康・機能性食品素材の需要拡大につながっている。また、加齢によるロコモティブシンドローム・サルコペニア対策や認知機能の衰え対策などの素材の流通量も増え、中高年齢層のQOL(Quality of Life)を維持・向上させる健康・機能性食品素材が好調に推移した。なお、2020年度の市場については、新型コロナウイルスの影響により厳しい状況になると予測する。

2.注目トピック

コロナ禍における健康・機能性食品素材の動き

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、免疫の向上が期待できる健康・機能性食品素材が好調に推移している。特に、「プロポリス」は流行後すぐの1か月で、通常の3~4か月分を供給した企業もみられた。プロポリス以外でも、「ツバメの巣」「エキナケアエキス末」「オリザポリアミン」などの免疫向上や抗ウイルス機能が期待できる素材に対して、問合せや引き合いが増えてきている。

一方で、コロナ禍において、需要が減少している素材もある。
若者のアルコール離れに加え、外出先での飲酒機会の減少から、肝臓機能を高めることで知られる「ウコン」や「肝臓加水分解物」、肝臓機能回復用途での「プラセンタ」は販売量が減少する見込みである。
また、生産面や仕入面での問題から、「ルテイン」や「グルコサミン」、「牛由来コラーゲンペプチド」などは供給が厳しい状況になるとみられる。
ルテインは、原料となるマリーゴールドの産地の大部分が中国とインドで占められており、ロックダウン(都市封鎖)の影響により、生産に影響が出るとみられる。来年以降、原料単価の上昇要因の一つとなる見込みである。
グルコサミンは国内外のユーザー企業の食品工場の稼働率低下により、一部で原料供給量を減少させる動きがある。牛由来コラーゲンペプチドは、世界経済の悪化により、レザー産業が打撃を受けており、牛革使用量の減少は牛由来コラーゲンペプチド供給の不安定化につながる可能性がある。

3.将来展望

 国内の健康食品市場は今後も緩やかな成長を維持するとみられる。しかし、健康・機能性食品素材市場では、素材供給企業間の競合は更に激化する見込みで、とくに原料サプライヤーは新素材の開拓、新たな販路の拡大が大きな課題となってくる。
消費者とくに中高年齢層の健康志向を背景に、一般食品用途の拡大が引き続き期待できる。今後、一般食品製造時における健康・機能性食品素材の使いやすさ(価格、加工適正等)、一般食品製品化時のアプリケーション提案能力が鍵となってくると考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  中高年齢層関連の需要が堅調
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年4月~6月
    2.調査対象: 健康・機能性食品素材供給企業(メーカー、商社等)
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・アンケート調査、ならびに文献調査併用

    <健康・機能性食品素材市場とは>

    本調査における健康・機能性食品素材(原料)市場とは、イチョウ葉、ウコン、HMB、L-カルニチン、キチン・キトサン、グルコサミン、桑葉、コラーゲン、セラミド、大豆イソフラボン、DHA・EPA、ノコギリヤシ、ヒアルロン酸、プラセンタ、ブラックジンジャー、ブルーベリー(ビルベリー)、プロポリス、ヘム鉄、マカ、松樹皮、ラクトフェリン、ルテイン、レスベラトロール、ローヤルゼリーの24素材を対象とし、流通金額ベースで算出した。
    また、エクオールと大麦若葉を加えた、26素材の流通量(トン)も算出した。
     

    <市場に含まれる商品・サービス>

    イチョウ葉、ウコン、HMB、エクオール、L-カルニチン、大麦若葉、キチン・キトサン、グルコサミン、桑葉、コラーゲン、セラミド、大豆イソフラボン、DHA・EPA、ノコギリヤシ、ヒアルロン酸、プラセンタ、ブラックジンジャー、ブルーベリー(ビルベリー)、プロポリス、ヘム鉄、マカ、松樹皮、ラクトフェリン、ルテイン、レスベラトロール、ローヤルゼリー

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年06月25日
    体裁
    A4 423ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。