プレスリリース
No.2475
2020/07/09

車載ディスプレイ部材の出荷量は、自動車1台当たりのディスプレイ搭載数増加と大画面化により、自動車生産台数よりも早く需要が回復すると予測
~非接触のセンシング機能による画面操作など、新しいニーズをキャッチアップする提案も~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、車載ディスプレイ部材世界市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。ここでは、今後の自動車生産台数とともに、主要部材であるタッチパネル、前面板、OCRの出荷数量を予測し、公表する。


アフターコロナの自動車生産台数と車載ディスプレイ主要部材の需要回復状況予測
アフターコロナの自動車生産台数と車載ディスプレイ主要部材の需要回復状況予測

1.市場概況

世界の自動車生産台数はここ数年、概ね8,800万~8,900万台の水準をキープしてきたが、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、大幅に縮小する見込みである。これまで順調に搭載数を伸ばしてきた車載ディスプレイであるが、部材関連メーカーの中では2020年の世界自動車生産台数をポジティブに見て前年比80%程度、ネガティブ要因が重なった場合には前年比60~70%まで縮小するとの見方もある。

車載ディスプレイ及び、車載タッチパネル(TP)や前面板、OCA(Optical Clear Adhesive)・OCR(Optical Clear Resin)、光学フィルムなどの材料市場については自動車生産台数の減少に伴う縮小は避けられないものの、CASE(Connected、Autonomous、Shared & Service、Electric)対応などを背景として、メーター類のディスプレイ化やCID(Center Information Display)搭載率の拡大等で、車載ディスプレイの1台当りの搭載数が増加傾向にあること、さらに今後はHUD(Head Up Display)やサイドミラー、リアビューミラーといったミラー系ディスプレイなど新たなディスプレイの採用拡大も期待される。
また、車載ディスプレイは搭載数の増加とともに、画面サイズが大型化しており、CIDでは従来主流であった7″~8″(インチ)に代わり、2019年以降は10″以上のものが主流となっている。加えて、シームレスな内装デザインの流行により、1枚のTP用カバー(前面板)に複数のディスプレイを搭載するマルチディスプレイが登場しており、ディスプレイやTPのカバー(前面板)、それらを貼り合せるOCA・OCRの自動車1台当たりの使用量も増加傾向にある。

2020年の車載ディスプレイの主要部材世界出荷数量はコロナ禍により縮小を余儀なくされるものの、減少幅は自動車生産台数に比べて低い水準にとどまり、2021年の自動車生産台数が2019年対比0.91まで回復する前提ではあるが、2021年の主要部材の世界出荷数量は2019年水準まで回復すると予測する。

2.注目トピック

withコロナの新しい生活様式のニーズに対応した、車載ディスプレイ開発が求められる

日本においては、2020年5月に厚生労働省が新型コロナウイルス感染防止を想定した「新しい生活様式」の実践例を公表し、新しい生活スタイルなどが示された。海外においても、多くの国・都市で新たな生活様式の模索が始まるなど、アフターコロナの世界はコロナ禍以前とは違うものになるとされている。

これが自動車生産や車載ディスプレイの需要にどのように影響するかは、現時点では未知数であるが、感染防止のため人との接触をできるだけ避けるという行動様式が普及すると、カーナビやディスプレイオーディオ(DA)およびこれらを統合したCIDなどの車内電装品において、従来は一般的であったタッチセンサーによる画面操作を避け、非接触のセンシング機能搭載のニーズが高まる可能性もある。車載用TPメーカーの中には、このようなwithコロナ時代の新しい生活様式に対応した製品開発を進めることで、コロナ禍後の需要確保を図る動きも出てきている。

3.将来展望

車載ディスプレイ及びその関連部材に対するニーズは、非接触のセンシング機能搭載のようにwithコロナでクローズアップされたものもあるが、多くは視認性向上、大画面・曲面対応、軽量化、シームレス化など、以前から変らないものである。
TPや前面板、反射防止に代表される機能性フィルム、OCA・OCRなどの車載ディスプレイ関連部材メーカーには、これらのニーズに確実にコミットする製品の開発・提案を通じ、走行安全性確保やCASE対応といったTier1、OEM(自動車メーカー)の開発テーマを下支えしていくことが求められていくと考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  車載用機能性フィルム市場
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年5月~6月
    2.調査対象: 車載ディスプレイ関連部材メーカー
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、ならびに文献調査併用

    <車載ディスプレイ部材とは>

    本調査における車載ディスプレイ部材とは、車載用タッチパネル(抵抗膜方式、静電容量方式)、ディスプレイ及びタッチパネル用カバー(前面板)、ディスプレイカバー用インサートモールド加飾フィルム、OCA(Optical Clear Adhesive)・OCR(Optical Clear Resin)、各種光学フィルム(反射防止フィルム、モスアイフィルム)を指す。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    前面板(ガラス、樹脂板、成形品)、加飾フィルム(インサートモールド用)、車載ディスプレイ用各種光学フィルム、OCA・OCR、タッチパネル

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年06月29日
    体裁
    A4 155ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。