プレスリリース
No.2486
2020/08/21
住宅リフォーム市場に関する調査を実施(2020年)

2019年の住宅リフォーム市場規模は6.5兆円、2020年は5.9兆円を予測
~ 2020年はコロナ禍の影響により大幅減の見込み ~

​​株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内住宅リフォーム市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。

住宅リフォーム市場規模推移と予測
住宅リフォーム市場規模推移と予測
住宅リフォーム市場規模の2030年までの長期予測
住宅リフォーム市場規模の2030年までの長期予測

1.市場概況

2019年の住宅リフォーム市場規模は前年比5.1%増の6兆5,351億円と推計した。分野別にみると、「増改築に関わる費用」(10㎡超+10㎡以下増改築工事)が前年比4.6%減、「設備修繕・維持管理費」が同6.6%増、「家具・インテリア」が同3.5%増となった。

近年の市場動向は、前回の消費税増税(2014年)前の駆け込み需要によって2013年に市場規模が6.9兆円に達して以降、2018年まで総じて減少トレンドで推移していた。2019年は10月施行の消費税率引上げを見据えた駆け込み需要が影響し、市場拡大に寄与する結果となった。

2.注目トピック

競争環境の激化や新型コロナウイルス感染拡大の影響により、将来的に事業者の淘汰が進行・加速

住宅リフォーム市場は参入障壁の低さから、異業種からの参入を含め、新規参入事業者が後を絶たず、事業者間における競争環境は厳しさを増している。

こうしたなか、自社の独自性や専門性のある得意分野を生かし、一般消費者(ユーザー層)に適切に訴求するなど、他社との差別化を図れる事業者とそうでない事業者において明暗が分かれるものと考える。加えて、今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済活動が停滞するなか、概してリフォーム需要も減退傾向が見込まれることから、事業者の淘汰は加速するものとみる。

3.将来展望

2020年の住宅リフォーム市場規模は5.9兆円(前年比9.0%減)、2021年は6.2兆円(同4.8%増)を予測する。

本調査における市場規模予測は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を背景に4~5月にかけての緊急事態宣言の発令による営業活動の制限や自粛、消費者心理の冷え込みや所得環境の悪化といったマイナスの影響を加味して算出している。一方、コロナ禍における市場への影響はマイナスだけではないものとみる。テレワークが推奨されるなか、職住融合型リフォームや郊外の中古住宅需要の増加といった、新しい生活様式(ニューノーマル)に対する需要が見込まれるなど、プラスの影響も期待される。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •   「10㎡超の増改築工事」の市場規模
     「10㎡以下の増改築」の市場規模
     「設備修繕・維持関連」の市場規模
     「家具・インテリア等」の市場規模
     リフォーム市場規模_セグメント別構成比
  • 注目トピックの追加情報
  •  売上高上位10社のシェアは13%超 今後もシェア拡大の見込み
     新型コロナウイルスの影響によるニューノーマルがもたらす新たなビジネスチャンスや効率化対策
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年5月~7月
    2.調査対象: 住宅リフォーム関連事業者等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談取材、一部書面および電話による補足調査 及び文献調査併用

    <住宅リフォーム市場とは>

    本調査における住宅リフォーム市場とは、住宅に対する居住者の費用負担で行うリフォーム(増改築、設備修繕・維持など)市場と定義する。したがって、オーナー(所有者)の費用によってリフォームが行われる賃貸住宅や社宅及びオフィス等の非住宅分野、修繕積立金によってリフォームが行われるマンション大規模修繕工事等は住宅リフォーム市場に含まない。

    また、本調査における住宅リフォーム市場とは、「10㎡超の増改築工事」・「10㎡以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    「10㎡超の増改築工事」・「10㎡以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年07月28日
    体裁
    A4 433ページ
    定価
    130,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。