プレスリリース
No.2507
2020/09/28
AGV/搬送ロボット市場に関する調査を実施(2020年)

拡大続くAGV/搬送ロボット市場、新型コロナウイルスの影響はこれから
~細分化するニーズと製品提案、それにつれて機能や価格も多様化へ~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2020年度の国内AGV/搬送ロボット市場を調査し、タイプ別動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

AGV/搬送ロボット市場規模推移・予測
AGV/搬送ロボット市場規模推移・予測

1.市場概況

 2019年度は国内景気も好調でAGV/搬送ロボット市場規模は拡大傾向が続いており、メーカー出荷金額ベースで、前年度比111.9%の188億1,500万円となった。2020年度は新型コロナウイルスの影響が避けられないことから、需要拡大にブレーキがかかる格好となるが、それでも非ガイド誘導式の搬送ロボットが拡大することで、増加率こそ低下するものの2020年度も増加傾向は続く見込みである。

2.注目トピック

AGVでも多様化するユーザニーズとメーカ提案

 AGVに対して既存ユーザ企業から新たなニーズが出てきている。これは既存用途からの発展であったり、これまでAGV未導入の用途であり、ユーザ企業自身のAGVの使い方や求める機能が変わりつつあることを窺わせる。
更にAGVメーカ自身から新たな使い方や新機能を提案する事例も増え、確実にAGVの使い方の間口が広がるものと考える。

3.将来展望

 2023年度のAGV/搬送ロボット市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、216億円と微増で推移するものと予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
Aパターン
  • セグメント別の動向
  •  2-1 AGV
     2-2 搬送ロボット
  • 注目トピックの追加情報
  •  AGV/搬送ロボットから分化し、独自の進化を図る配膳ロボット、配達ロボット等
     磁気誘導式が多いが、メリットを求めて多様化する誘導方式
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年4月~8月
    2.調査対象: 国内のAGV/搬送ロボットメーカや販売会社、それらを応用したシステムの取り扱い企業に加え、AGV/搬送ロボットに関連する技術開発に取り組む企業や関連団体、関係省庁等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談・電話等によるヒアリング調査ならびに文献調査

    <AGV/搬送ロボットとは>

    本調査におけるAGV/搬送ロボットとは、自走して荷物を運搬する車両(機器)で、無軌道でガイド誘導式のものをAGV(AGF:無人フォークリフトを含む)、非ガイド誘導式のものを搬送ロボットとしている。
    ただし、有軌道式AGVは含んでいない。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    AGV、搬送ロボット単体、搬送ロボットシステム

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年08月24日
    体裁
    A4 131ページ
    価格(税込)
    165,000円 (本体価格 150,000円)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。