プレスリリース
No.2515
2020/09/23
レーザー照明世界市場に関する調査を実施(2020年)

新たなキラーアプリケーションの兆しあり
~高輝度や省エネ等 価値の最大化を実現~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、照明用途に使用される半導体レーザーを調査し、世界市場規模、製品アプリケーション別トレンド、関連企業動向、将来展望を明らかにした。

レーザー照明の世界市場規模推移・予測
レーザー照明の世界市場規模推移・予測

1.市場概況

2020年のレーザー照明世界市場規模(メーカー出荷ベース)を1,029万ユニット、5,534億円と予測する。半導体レーザー(レーザーダイオード:LD、VCSEL)は直進性や単色性、高光密度、省エネ性などに優れ、これまで光ディスクやレーザープリンター、各種センサーなど様々な用途に使われてきた。照明用途の半導体レーザーについてもそうした特長を生かし、レーザーポインターや建築用途等に使われる墨出し器、プロジェクターなどにおいて普及が進んでおり、2019年には業務用照明である投光器に半導体レーザーが採用され、様々な機器(アプリケーション)への搭載(および開発)が進んでいる。

現状、本格的な採用は半導体レーザーの直進性を活かした機器開発が中心となっており、出力の安定性や精度、制御しやすさ等を生かしたアプリケーションでの採用事例は未だ少ない。
レーザーポインターや墨出し器、プロジェクターは以前より高い半導体レーザー採用率となり、継続して採用され、今後さらにレーザー搭載率が向上していく。投光器は遠方照射する用途であり、観光地や景勝地における夜間のライトアップに使用される。従来ではキセノンランプを搭載した投光器を使用されていたが、レーザー投光器の登場で投光器自体が小さくコンパクトになる。さらに、半導体レーザーの特長を活かし超狭角配光が可能となり、加えて、同じ明るさで消費電力は約1/4となる。

2.注目トピック

先行する端面発光だが、面発光が追い抜く兆しあり

半導体レーザーを使用した車載用ヘッドライトは特に高級車を中心に普及する。とは言え、2014年にBMWやAudiが目立った採用をして以降、6年が経過していることから、各OEM(Original Equipment Manufacturer)メーカーの採用動向において積極的な動きは確認されていない。現在、半導体レーザーをヘッドライトに採用しているBMWやAudi以外でも、高級グレードを中心とした普及しか確認されていない状況である。
一方、既存で採用されたものは端面発光半導体レーザーしかないが、今後は面発光半導体レーザーの採用を視野に入れて半導体レーザーメーカーによる開発が進められている。特に面発光半導体レーザーはその特徴として、端面発光半導体レーザーよりも省エネルギーでコンパクトであることから、端面発光半導体レーザーと比較し後発ではあるものの、その優位性から今後、飛躍していくものとされている。さらに面発光半導体レーザーには急に不点となる現象がないとされていることも、重要保安部品であるヘッドライトが求める項目に合致しており、端面発光に勝るとも劣らない状況になっている。
なお、面発光半導体レーザーの方が製造上のコストを低減するポテンシャルがあるとされていることは車載アプリケーションにとっては重要なポイントである。

3.将来展望

今後、半導体レーザーの特長を生かした開発が進み、車載用ヘッドライトやヘッドアップディスプレイ(HUD)、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、家庭用・業務用照明器具などの機器において、本格的な採用が進展する見込みである。2027年のレーザー照明世界市場規模(メーカー出荷ベース)は2,801万ユニット、1兆1,104億円に大幅な成長を遂げると予測する。
アプリケーション別に市場を見ると、家庭用照明が頭角を現し、省エネ効果とともにIoTやAIを組み合わせたスマートライティングとして半導体レーザーが採用されていく見通しである。特に半導体レーザーの特長である直進性は従来の光源では無い点であることから、単純な従来照明の代替になりにくい。しかしながら、他の特長である高輝度や省エネ、高エネルギー変換効率等の価値を最大化することで必ず活用されていく。

調査要綱

1.調査期間: 2020年5月~8月
2.調査対象: 半導体レーザーメーカー、材料メーカー、光源・その他部材メーカー、大学研究機関他
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談取材(一部オンライン含)、ならびに文献調査併用

<レーザー照明とは>
本調査におけるレーザー照明とは、照明用途に使用される端面発光/面発光の可視光半導体レーザー(レーザーダイオード:LD、VCSEL)を指す。レーザーポインターや墨出し器(回転レーザーレベラーを含む視覚的に水平、平行状況を確認する精密測定装置)、車載用ヘッドライト、家庭用・業務用や映画館で利用されるプロジェクター、家庭用・業務用照明器具、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)などの各機器(アプリケーション)に搭載される。

​<レーザー照明世界市場とは>
本調査におけるレーザー照明世界市場規模は、各機器に搭載される半導体レーザーユニットの数量および金額をメーカー出荷ベースで算出した。

<市場に含まれる商品・サービス>

可視光半導体レーザーユニット

出典資料について

資料名
発刊日
2020年08月31日
体裁
A4 108ページ
定価
150,000円(税別)

お問い合わせ先

部署
マーケティング本部 広報チーム
住所
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号
03-5371-6912
メールアドレス
press@yano.co.jp
©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
  本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
  報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
  利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。