プレスリリース
No.2532
2020/12/02
アウトドア市場に関する調査を実施(2020年)

成長する国内アウトドア市場、2019年は前年比3.2%増の5,169億円
~ライトアウトドア、ライフスタイル分野の伸びが2019年の市場を牽引、コロナ禍でもキャンプを中心としたアウトドアへの注目が高まる~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内アウトドア関連市場を調査し、アウトドアのスタイル分野別、業態分野別の動向、参入企業動向を明らかにした。

アウトドア市場スタイル分野別市場規模推移
アウトドア市場スタイル分野別市場規模推移

1.市場概況

2019年の国内アウトドア市場規模は、販売金額ベースで前年比103.2%の5,169億4,000万円と推計した。スタイル分野別ではライトアウトドア分野が市場全体の55.3%を、業種別ではアウトドア用品市場が81.3%を占める。
アウトドア市場ではキャンプ需要が広がりをみせ、若年層からシニア層に至るまで幅広い層でキャンプの人気が続いている。平日や冬季など閑散期にひとりでキャンプに出掛ける「ソロキャンパー」も増加しており、多様な楽しみ方ができる「古くて新しいレジャー」として再認識されている。
アウトドアブランドのウエアやシューズを普段使いするライフスタイル分野では、有力アウトドアブランドが街歩きや旅行、通勤・通学でも一般消費者に受け入れられており、引き続き好調が続いている。
また、2020年3月以降、新型コロナウイルス感染拡大が懸念される中で、比較的安全なレジャーとしてキャンプに注目が集まっている。「野外」「家族」「一人」など、行動する際にリスクが低いとされるキーワードがすべて入っている数少ないレジャーであり、コロナ禍においても堅調な伸びを示している。

2.注目トピック

ブームが続くキャンプ市場

アウトドア市場の中で最も注目されるのはキャンプ場施設市場である。3年ほど前から「キャンプブーム」と言われるほどの人気が高まりつつあり、市場は活況となっている。従来の「何もない環境で、自然を楽しむ」といったイメージとは異なり、周りにはシャワーや水洗トイレが完備され、キャンプサイトでは電源が使用でき、スマートフォンの電波も届く利便性の高いキャンプ場が増えている状況にある。
また、キャンプ用品も、テントでさえ数分で設営が完了するような手軽なものが登場する一方で、屋外でかまど料理や燻製を楽しむための凝った調理器具など、キャンプが不慣れなエントリー層向けの商品からこだわりのあるシリアス層向けの商品まで、多種多様なアイテムがラインナップされるようになっている。

キャンプは基本的にファミリー層を中心に楽しまれるレジャーであるが、最近ではそれに加えて一人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」にも注目が集まっている。持ち運びや設営が容易な小型で軽量の焚き火台がメーカー各社から発売されているほか、YouTubeなどの動画配信サイトやテレビではソロキャンプの楽しみ方を提案する番組が配信・放送されるようになっている。一人であれば誰かと予定を合わせる必要もないため、空いている平日にキャンプを楽しむ人が増加しており、キャンプ場の課題であった「平日稼働率」は改善に向かっている。

3.将来展望

2020年の国内アウトドア市場規模は、販売金額ベースで前年比94.7%の4,895億2,000万円と予測する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時的にマイナス成長へ転じるものの、今後数年は堅調な伸びを示す見通しである。

成長を続けるアウトドア用品市場には他業種から参入する動きも活発化しており、さらに市場が刺激され、拡大することも期待される。建設現場などに向けた作業服専門店であった「ワークマン」が、ライフスタイル向けにデザイン性を高めた高機能ウエアの自社企画商品の展開を強化し、一般消費者から注目を集めている。さらにフランスのスポーツ用品SPA「デカトロン」が2019年、2020年と立て続けに大型店を新規出店するなど、これまで高機能や高付加価値を前面に押し出して展開してきた既存アウトドアブランドとは一線を画す販売戦略で国内市場へ参入を果たしている。
こうした新規参入企業による市場の押し上げが期待されるほか、コロナ禍でもキャンプを中心としたアウトドアへの注目が高まっていることもあり、2020年もキャンプ用品やライフスタイル分野向けのアパレルやシューズなどが引き続きアウトドア市場全体を牽引していく見込みである。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
Aパターン
  • セグメント別の動向
  •  登山:登山者数は減少傾向続く
     ライトアウトドア:キャンプ人口は増加が続き、繁閑の平準化もみられる
     アウトドアスポーツ:スポーツクライミングが踊り場に 調査開始以来初のマイナス成長
     ライフスタイル:用品の各カテゴリーでライフスタイル向け商品が人気
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年6月~8月
    2.調査対象: 国内アウトドア用品メーカー、卸売業、小売業、アウトドア関連施設、サービ ス企業・団体、その他業界団体等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

    <アウトドア市場とは>

    本調査におけるアウトドア市場とは、アウトドア用品市場、アウトドア関連施設市場(山小屋、キャンプ場、クライミングジム、管理釣り場)、アウトドア関連サービス(山岳ガイ ド・自然ガイド、アウトドア用品レンタル)市場の合計を指す。 また、ここではアウトドア市場を登山、ライトアウトドア、アウトドアスポーツ、ライフスタイルの4つのスタイル分野に分類し、その分析結果を公表する。なお、アウトドア市場規模にはすべてのマリンレジャー、ウインタースポーツに関わる用品、施設、サービスは含まない。


    本調査における4分野別市場定義は以下参照
    登山:「山に登ること」を主たる目的としたレジャーに関る用品・施設・サービス
    ライトアウトドア:自然環境との関わりを主たる目的としたレジャーに関る用品・施設・サー ビスで、主にキャンプ、ハイキング、釣り(渓流釣り、鮎釣り、ヘラ釣り、ルアーフィッシ ング(バス、トラウト)、フライフィッシング)、野外フェス(野外フェスティバル)等をさす
    アウトドアスポーツ:競技スポーツとしてのアウトドア・アクティビティに関る用品・施設・ サービスで、主にトレイルランニング、スポーツクライミング等をさす
    ライフスタイル:アウトドアブランドが販売する、上記分野に含まれない用品で、主に日常生 活、ビジネス、トラベル等で用いられるもの全般

    <市場に含まれる商品・サービス>

    登山、ハイキング、キャンプ、野外フェス、トレイルランニング、スポーツクライミング、 ボルダリング、ライフスタイル、トラベル、山小屋、キャンプ場、管理釣り場、クライミングジム、山岳ガイド、自然ガイド、アウトドア用品レンタル

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年09月09日
    体裁
    A4 325ページ
    価格(税込)
    165,000円 (本体価格 150,000円)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。