プレスリリース
No.2633
2021/01/20
照明市場に関する調査を実施(2020年)

2019年の国内一般用途照明市場規模は前年比2.6%減の9,846億円、2020年は同11.0%減の8,758億円の見込
~プラス成長を継続したLED照明市場も2019年についにマイナス成長へ、2020年はコロナ禍を背景に前年比8.7%減の7,752億円の見込~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の照明市場を調査し、一般用途照明市場の概況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。

一般用途照明市場規模推移
一般用途照明市場規模推移
LED照明市場規模推移・予測
LED照明市場規模推移・予測

1.市場概況

2019年の一般用途照明市場(従来光源照明器具+従来光源ランプ+LED照明器具+LEDランプを合算、メーカー出荷金額ベース)は、前年比2.6%減の9,846億円と推計した。
2011年の東日本大震災を契機とした電力需給逼迫に対する懸念の高まりを背景に、これまで省エネ効果の高いLED照明の需要が急速に拡大してきた。従来光源からLED照明へのシフトが進み、LED照明市場は伸びる一方、従来光源市場は急減していることから、両者を合わせた一般用途照明市場は減少傾向で推移している。2020年の一般用途照明市場は前年比11.0%減の8,758億円の見込みである。コロナ禍による経済環境の悪化等を理由に大幅な前年割れを見込む。

2.注目トピック

照明業界再編の動き

LED照明の普及拡大に伴う価格競争の激化により、LED照明メーカーはLED照明が普及を始めた時期と比較して利益の確保が難しい状況であり、事業の選択と集中の観点から、照明事業を営む子会社や関連会社を親会社が整理・売却するなどの動きがみられる。
なお、コロナ禍を契機に、今後は中小独立系照明メーカーの業界再編につながる可能性もある。

3.将来展望

2020年のLED照明市場規模(LED照明器具+LEDランプを合算、メーカー出荷金額ベース)は前年比8.7%減の7,752億円を見込み、2021年は同1.6%減の7,629億円と予測する。また、2025年の同市場規模は2020年比4.7%減の7,387億円と予測する。
LED照明市場はかつてのような伸びはみられず、年々市場成長率は鈍化している。2019年にはマイナス成長となり、2020年は東京オリンピック・パラリンピック開催に伴うインフラ整備需要減少のほか、コロナ禍を背景とした経済環境の悪化も重なり、大きく減少する見込みである。但し、コロナ禍の収束時期が見通せず、先行き不透明ではあるが、フロー(年間出荷)ベースでのLED化率(SSL[半導体照明]器具化率)は既に100%近くあり、フロー市場における数量面での大幅な伸びはもはや期待できない。また、LED照明のコモディティー化による価格競争の激化により、金額ベースでのLED照明市場の伸びはさらに難しい状況である。

一方、プラス要因もある。ストック市場におけるLED化率(SSL器具化率)は5割前後と推計されるため、残りの5割のリニューアル需要が見込まれる。また、東日本大震災以降、急速に普及したLED照明も設置時期から寿命の目安と言われる10年を迎えようとしており、LEDからLEDへの「L to L」需要が順次見込まれる。
さらに、コロナ禍が収束し、通常の経済活動が再び戻ることになれば、打撃を受けている店舗や商業施設、宿泊施設などの新設・リニューアル需要や企業の設備投資意欲の回復などにより、LED照明市場は底堅い需要が続くものと考える。
基本的な市場トレンドについては、かつてのような伸びは期待できないものの、新設/リニューアル需要は、今後も毎年一定規模以上発生するため、照明需要が急減することは考えづらく、中期的に漸減傾向で推移するものと予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
Aパターン
  • セグメント別の動向
  •   LED照明器具市場シェア(2019年):パナソニックと東芝ライテックの大手2社でシェア約35%
     LEDランプ市場シェア(2019年):シェア1位はアイリスオーヤマ 僅差でパナソニックが2位
  • 注目トピックの追加情報
  •  2019年度にフローベースのSSL器具比率100%という政府目標は達成
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年10月~12月
    2.調査対象: 照明関連メーカー等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用

    <照明市場とは>

    本調査における照明市場とは、従来光源(白熱灯、蛍光灯、高圧放電灯など)やLEDを光源とする照明器具・ランプで、建築物に付随する照明や道路照明など一般用途の照明として使用されるものを対象とし、自動車用途や産業用途など機械器具等に使用される照明は含まない。
    市場規模には、従来光源照明器具、従来光源ランプ、LED照明器具、LEDランプの4分野が含まれ、経済産業省「生産動態統計」、財務省「貿易統計」をベースに当社が推計した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    従来光源照明器具、従来光源ランプ、LED照明器具、LEDランプ、有機EL照明

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年12月29日
    体裁
    A4 299ページ
    価格(税込)
    143,000円 (本体価格 130,000円)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2021 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。